タグ:60歳 ( 6 ) タグの人気記事

 

ちょっとお得な年金情報 受給者編その56

“年金請求書の提出は、郵送でもOK”

年金請求書の提出ですが、必要事項を記入し…、必要な書類を添付して…、提出は郵送でも可能です

その際は、年金請求書とともに同封されている「全国年金事務所所在地一覧」(水色の用紙)により、お近くの年金事務所宛てまで郵送します

なお、提出は60歳(厚生年金保険が12月未満などの場合は65歳)の誕生日の前日を迎えてからとなり、戸籍なども同日を過ぎてから取得する必要があります

by nenkin-matsuura | 2013-09-20 01:12 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第46問

Q 次の文章の空欄に共通して入る語句は?                           ☆
 
 60歳を過ぎて働く場合は[     ]保険に加入していなければ、特別支給の老齢[     ]は減額されない。
ねんきんQuiz-第46問_d0132289_0105926.jpg

                                                A 厚生年金
point 問題文は、在職老齢年金の仕組みのことです
国民年金と違って厚生年金は語尾に保険が付きます(セット) 
60歳から65歳まで支給される厚生年金を特別支給の老齢厚生年金と呼びます この場合は語尾に保険は付きません

by nenkin-matsuura | 2009-01-09 00:19 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金加入記録について その⑭

年金加入記録についてよくある質問をQアンドA方式でまとめると…年金加入記録について その⑭_d0132289_13305354.jpg
Qいま55歳で年金を25年以上かけていますので、もう掛けなくてもよいですか?
 A60歳までは厚生年金保険や共済年金または国民年金に加入します
Q国民年金手帳には、加入が昭和35年10月1日となっていますが保険料は昭和36年4月からしか納めていないようになっているのはなぜですか?
 A国民年金の加入手続きは昭和35年10月から始まりましたが、保険料を納付できるようになったのは昭和36年4月からです
Q公務員だったころの記録が載っていないのはなぜですか?
 A平成9年1月以前に退職された共済組合員期間については、記載されません 共済の期間は各共済組合で確認ができます
Q1年ほど空白の期間がありますがこのままだとどうなりますか?
 A老齢基礎年金が少なくなります 2年以上前の期間は納付することはできませんが、60歳以降に任意加入をして埋めることは可能です

by nenkin-matsuura | 2008-02-09 13:54 | 年金加入記録 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 1

裁定請求書(ターンアラウンド)が60歳の3か月前に送付されてきた方の場合 60歳になったらとりあえず手続きはしておいた方がよいでしょう 60歳で手続きをしたからと言って損になるわけではありません 1カ月でも遅い方がよいのは繰り上げの場合です 60歳以降も在職で年金が停止になる人も手続きをしておけば退職時(失業保険受給する場合を除く)や65歳時には窓口で手続きをする必要がありません もちろんあとから手続きをしてもかまいませんが、のちに送付されてくる証書や通知書の記載量が多くなり(‥?)複雑で混乱の種となりかねません また、配偶者加給金の過払いが発生することもあります(°O°) 手続きには添付書類が必要で個人個人違いますので 事前に確認をされていた方が良いかもしれません。


配偶者加給金 厚生年金を20年以上かけている場合等に加算されます

by nenkin-matsuura | 2007-12-03 01:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その③

“企業年金の申請し忘れについて”

勤続10年未満(15年未満の場合もあり)で退職した会社に厚生年金基金制度があった場合、1か月でも厚生年金基金の年金を掛けていれば60歳より申請をすることによって、企業年金連合会の年金を受給することができます 厚生年金基金に加入していたかどうかは、社会保険事務所でも確認することができますが申請先は、東京にある企業年金連合会になります



厚生年金基金 厚生年金の一部を国に代わって支給する(代行部分)とともに、企業の実情に合わせて上乗せ給付を行う(プラスアルファ部分)があります

by nenkin-matsuura | 2007-11-26 00:18 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第2問

                                                     ☆☆
Q 昭和22年11月25日生まれの人が60歳からもらえる年金の名称はどれ?(40年間厚生年金をかけているものとします)                                     
①老齢基礎年金 
②(特別支給の老齢厚生年金)報酬比例部分 
③(特別支給の老齢厚生年金)定額部分
ねんきんQuiz-第2問_d0132289_1258161.jpg

                           A ②(特別支給の老齢厚生年金)報酬比例部分
    point 掛け金によって個人差が出る部分です 基礎年金と間違えられることが多いです

by nenkin-matsuura | 2007-11-25 13:13 | ねんきんQuiz | Trackback