タグ:47万円 ( 3 ) タグの人気記事

 

ちょっとお得な年金情報 受給者編その94(在職老齢年金の停止基準の変更(46万→47万))


゛在職老齢年金の停止基準の変更(46万→47万)”


平成31年4月分の年金額からは、60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額について、46万円だったのが47万円に改定されています。

在職老齢年金の停止の基準が少し緩和されたことにより、停止の額が減り受給する年金額が増える場合があります。

なお、60歳台前半の支給停止調整開始額(28万円)については、変更ありません。

by nenkin-matsuura | 2019-05-17 00:10 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんnews 2019年3月号(平成31年度の在職老齢年金について)


● 平成31年度の在職老齢年金について


平成31年度の在職老齢年金について、60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額が、30年度と比べそれぞれ変更となっています。
(60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額は前年度と同じ28万円のままです。)

・60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額
 30年度 = 28万円 、 31年度 = 28万円

・60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額
 30年度 = 46万円 、 31年度 = 47万円

・60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額
 30年度 = 46万円 、 31年度 = 47万円

by nenkin-matsuura | 2019-03-29 00:15 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 340(停止基準が46万から47万へ(65歳以降))

◇ 65歳以降の在職老齢年金の支給停止基準額が46万から47万へ変更

平成27年4月より、65歳以降の在職老齢年金の支給停止基準額が46万から47万へと変更になりました

停止の計算式は、
基本月額 ー (基本月額 + 総報酬月額相当額 ー 47万円) ÷ 2
です
年金のうち、報酬比例部分のひと月分(基金の代行部分を含む)と「標準報酬月額+前1年の賞与を12で割った額」を足して47万未満の場合は停止はなく、47万を超えると、超えた額の2分の1が年金から停止となりますヾ(゚∀゚ゞ)

by nenkin-matsuura | 2015-04-02 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback