タグ:20歳前傷病による障害基礎年金 ( 14 ) タグの人気記事

 

障害年金の手続・仕組みなど第154回(障害年金の受給者に係る変更点①)


◆ 障害年金の受給者に係る変更点①


令和元年7月から、障害年金の受給者に関する手続き等に変更点があります。

・20歳前傷病による障害基礎年金の受給者の所得状況届の提出が不要に
 …毎年7月に提出が必要だった所得状況届(ハガキ)の提出は原則として不要になっています。(ただし、日本年金機構が市区町村より前年分の所得情報の提供を受けられないときは、これまでどおり所得状況届の提出が必要となります。)

・20歳前傷病による障害基礎年金の診断書(障害状態確認届)の提出時期が誕生月へと変更
 …毎年7月に提出が必要だった診断書(障害状態確認届)については、誕生月の末日までの提出へと変更になっています。診断書の送付については、誕生月の3か月前の月末に送られてきます。(症状が固定の場合や、提出が不要な年を除く)

by nenkin-matsuura | 2019-07-19 00:20 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その96(所得状況届の提出が不要に)


゛所得状況届の提出が不要に”


これまでは、20歳前傷病による障害基礎年金の受給者は7月に「所得状況届」の提出が必要でしたが、これから(令和元年7月)は、所得状況届の提出が不要となっています。

20歳前傷病による障害基礎年金については、保険料の納付要件はありませんが、本人の所得制限により、年金が半分又は全額停止となることがあります。

なお、日本年金機構が市区町村から前年分の所得情報の提供を受けられないときは、これまでどおり所得状況届の提出が必要となり、受給者に対し届出に関する案内が送られてきます。

by nenkin-matsuura | 2019-07-12 00:08 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback | Comments(0)  

ねんきんnews 2019年6月号(所得状況届の提出が不要に(20歳前傷病による障害基礎年金))


● 所得状況届の提出が不要に(20歳前傷病による障害基礎年金)


令和元年より、20歳前傷病による障害基礎年金に係る「所得状況届(ハガキ)」の提出が原則不要となる予定です。

日本年金機構が市区町村から所得情報の提供を受けることとなるため、これまで提出が必要だった所得状況届(ハガキ)の原則提出が不要となります。

20歳前傷病による障害基礎年金の受給者に対して、所得状況届の提出が不要な旨と診断書の提出時期や作成期間が変わる旨が記載された周知のためのハガキが送付されています。

by nenkin-matsuura | 2019-06-28 00:09 | ねんきんnews | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 551(停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金を選択するとき)


◇ 停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金を選択するとき


65歳以降は障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能ですが、選択による停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金(年金コード6350や2650)を選択するときは、所得証明書が必要となります。(固定ではない場合は診断書が必要となることもあり。)

例えば、
60歳までは障害基礎年金を選択、60歳からは障害者特例として特別支給の老齢厚生年金を選択し、65歳以降に障害基礎年金+老齢厚生年金を選択する場合は‥
年金受給選択申出書+年金請求書(ハガキ)+所得証明書などの添付が必要です。
(・ェ・人)

by nenkin-matsuura | 2019-04-25 02:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

受給権者所得状況届


「受給権者所得状況届」


20歳前傷病による障害基礎年金など、一定の額以上の所得がある場合には、受給してる年金の全部または一部が支給停止となります。

所得の状況の確認のため、毎年7月に、受給権者所得状況届を提出する必要があります。

基礎年金番号、年金コード(6350、2650など)、生年月日、住所、氏名、電話番号、代理人の場合はその氏名などを記入の上、住所地の市区町村へ提出します。

by nenkin-matsuura | 2019-01-29 00:25 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第526問(障害年金の用語)

Q 以下のカッコ内に入る語句を①~③のうちから選んでください。


「障害の原因となった病気やケガについて、はじめて医師又は歯科医師の診療を受けた日のことを(   )という。」

① 障害認定日
② 傷病が治った日
③ 初診日


d0132289_20062011.jpg


                                           A ③ 初診日
point
「障害の原因となった病気やケガについて、はじめて医師又は歯科医師の診療を受けた日のことを(初診日)という。」
なお、初診日の前日においては、一定の保険料納付要件が必要です。(20歳前傷病による障害基礎年金を除く)

by nenkin-matsuura | 2018-10-25 00:03 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その65(20歳到達時の診断書は、前後3か月以内)

゛20歳到達時の診断書は、前後3か月以内”


障害認定日により障害年金を請求する場合は、通常、障害認定日以降3月以内の現症を記した診断書が必要となります。

一方、20歳前傷病による障害基礎年金を、障害認定日による請求とする場合には、20歳に達した日の前後3か月以内の現症を記した診断書が必要です。

なお、さかのぼって請求する場合で、年金請求日と障害認定日が1年以上離れている場合は、年金請求日(裁定請求日)前3か月以内の状態を記した診断書も必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-09-28 00:07 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第510問(所得制限)

Q 以下のうち、本人の所得額により停止となることがある年金を選んでください ? ☆☆

① 老齢基礎年金(振替加算あり)
② 障害基礎年金(20歳前傷病による)
③ 障害厚生年金(3級)

d0132289_20404199.jpg


                        A ② 障害基礎年金(20歳前傷病による)
point 20歳前傷病による障害基礎年金については、保険料納付要件が無い代わりに、本人の所得額によって、年金額の2分の1の停止または全額支給停止があります。(毎年7月に市区町村へ所得状況届を提出する。)

by nenkin-matsuura | 2018-07-05 00:30 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 488(本人の所得証明書or配偶者の所得証明書)

◇ 本人の所得証明書or配偶者の所得証明書


年金に関する手続きの際に、所得証明書を添付する必要がある場合があります。φ(-ω-。`)

申請の内容によっては、「本人の所得証明書」が必要なケースと「配偶者の所得証明書」が必要なケースがあります。

「本人の所得証明書」が必要なケース
 ・振替加算が加算される場合(年金請求書提出時など)
 ・20歳前傷病による障害基礎年金を請求する場合
 ・遺族厚生年金や遺族基礎年金の請求時(請求者本人の所得証明書が必要)

「配偶者の所得証明書」が必要なケース
 ・老齢厚生年金の請求時(配偶者加給年金額が加算される場合)
 ・障害厚生年金の請求時(配偶者加給年金額が加算される場合)

by nenkin-matsuura | 2018-02-07 00:07 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

障害年金の手続・仕組みなど第130回(所得状況届の提出について)

◆ 所得状況届の提出について


20歳前傷病による障害基礎年金については、所得の額によって、2分の1または全額が停止となる場合があります。

該当者には「国民年金 受給権者所得状況届」が送付され、必要事項を記入し、市区町村へ提出します
当該所得状況届の提出により市区町村が受給者に代わって、所得情報に関する書類の提出を行います。

なお、障害の状態によっては障害状態確認届として診断書も送付され、医師等から記入してもらう必要がある場合もあります

by nenkin-matsuura | 2017-07-14 04:03 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)