タグ:10年以上 ( 3 ) タグの人気記事

 

ねんきんnews 2017年12月号(資格期間が10年未満の方への案内の送付)

● 資格期間が10年未満の方への案内の送付


資格期間が10年未満の方に対して、年金加入期間の確認のお知らせ(ハガキ)が生年月日順に送付されています。

10年(120月)以上となると老齢基礎年金や老齢厚生年金を受給可能ですが、基礎年金番号以外の番号があったり、カラ期間等も合わせて10年以上あるかどうかを確認します。

複数の名前の呼び方があったり、違う生年月日にて仕事をしたりした場合などは、別の番号にて記録があることもあります。

また、大学生などの期間や海外在住の期間や配偶者(元配偶者を含む)が厚生年金保険や共済組合に加入していた場合などは、カラ期間として資格期間にプラスすることもできます。

by nenkin-matsuura | 2017-12-30 16:18 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 465(期間短縮と寡婦年金)

◇ 期間短縮と寡婦年金


平成29年8月1日より、老齢年金の受給資格期間が10年へと短縮となっています。(゚v`d)

また、寡婦年金についても、それまでの25年(300月)以上という要件から、10年(120月以上)という要件に短縮となっています。

寡婦年金の要件は、
① 夫が亡くなったとき
② 夫が第1号被保険者として国民年金保険料(一部免除期間を含む)を10年以上納付している(老齢基礎年金や障害基礎年金の受給前)
③ 10年以上継続して婚姻関係にある
④ 生計を維持されていた妻がいる
場合などを満たす必要があります。

なお、寡婦年金は、夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金の額の4分の3の額で、妻が60歳から65歳の間に受けることができます。(妻が繰上げをしている場合を除く)

by nenkin-matsuura | 2017-08-31 04:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第184問

Q 次のうち、「婚姻関係が10年以上継続していること」がその受給要件のひとつとなっている年金を選んでください ? ☆☆ 

① 通算遺族年金 
② 寡婦年金 
③ 遺族基礎年金
ねんきんQuiz-第184問_d0132289_118568.jpg

                                         A ② 寡婦年金
 point 寡婦年金は、夫との婚姻関係が10年以上継続している妻であることがその要件の一つです
ほかの要件としては、「第1号被保険者としての保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせて25年以上ある夫が死亡した場合」であること、「夫の死亡当時、夫によって生計を維持していたこと」などがあります  

by nenkin-matsuura | 2012-03-15 01:34 | ねんきんQuiz | Trackback