タグ:高年齢雇用継続給付 ( 18 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第538問(高年齢雇用継続給付金)

Q 高年齢雇用継続給付との調整について、以下のうちから正しいものを選んでください。(特別支給の老齢厚生年金の受給権があるものとする。)
☆☆

① 厚生年金保険の被保険者ではない場合は、調整の対象とならない
② 最大で標準報酬月額の8%が調整となる
③ 雇用保険の被保険者期間が6か月以上あれば高年齢雇用継続給付の対象となる



d0132289_21552434.jpg



        A ① 厚生年金保険の被保険者ではない場合は、調整の対象とならない
point 厚生年金保険の被保険者ではない場合は、特別支給の老齢厚生年金と高年齢雇用継続給付との調整はありません。
なお、②については、最大で標準報酬月額の6%に当たる額が支給停止となります。
また、③については、雇用保険の被保険者期間が5年以上あることが高年齢雇用継続給付受給の要件の一つです。

by nenkin-matsuura | 2019-01-17 00:11 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方編31


<Q1> 3月末で退職しましたが、支給額変更通知書には停止が入っています。。

 <A1> 今回の通知は、さかのぼって、高年齢雇用継続給付との調整があった旨の通知です。退職改定後の額はまた支給額変更通知にて送付されます。

<Q2> 個人番号通知書のどの番号を書けばいいですか?

 <A2> 通知カードの上部にある12桁の個人番号をお書きください。

<Q3> 障害者特例を申し込みたいのですが年金コードのところは?

 <A1> 年金コードは1150とお書きください。

by nenkin-matsuura | 2018-05-28 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金編22

<Q1> 在職中でもあとから手続きをしたらまとめてもらえるんでしょ?

 <A1> 在職中により、報酬(標準報酬月額・標準賞与額)が一定額以上あり全額支給停止の場合はもらえません・・

<Q2> 民間の個人年金は含まれますか?

 <A2> 個人年金は在職老齢年金の計算には入りません。

<Q3> 年金額が月により変動するのは?高年齢雇用継続給付をもらっているから?

 <A3> はい、あと・・タイムラグにより過払いとなったり逆に還付となったりすることがあります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-28 01:58 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第437問(高年齢雇用継続給付との調整)

Q 以下のうち、高年齢雇用継続給付との調整がある人を選んでください ? ☆☆
※すべて、高年齢雇用継続給付を受給しており、厚生年金保険の被保険者であるものとする

① Aさん、60歳、男性、年金はまだ受けていない
② Bさん、62歳、女性、特別支給の老齢厚生年金を受けている
③ Cさん、60歳、女性、遺族厚生年金を受けている

d0132289_03074505.jpg


              A ② Bさん、62歳、女性、特別支給の老齢厚生年金を受けている
point 厚生年金保険の被保険者で、かつ、特別支給の老齢厚生年金の受給者が雇用保険の高年齢雇用継続給付を受けているときは、年金の一部が支給停止となります。
支給停止となる額は、最大で標準報酬月額の6%にあたる額です。

by nenkin-matsuura | 2017-02-01 03:29 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金編20

<Q1> 10月から厚生年金保険に加入しますが、いくらくらいまでなら停止はありませんか?

 <A1> 報酬比例部分と合わせて47万まで停止はありませんが、標準報酬月額が13万4千の場合は報酬比例部分の8万と合せても47万未満のため今までどおり受給できます…逆算すれば標準報酬月額で38万までは大丈夫です

<Q2> 夫の年金が減ってるんですけどなぜでしょう?

 <A2> 高年齢雇用継続給付を受給されることになって停止が入っています…本来6月に調整される分が間に合わずに8月にその分も差し引かれているようです…

<Q3> 65歳になりましたけど、仕事は続けて給料も同じくらいです…(3級の障害厚生年金と老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給権あり)

 <A3> 標準報酬月額が62万だと在職老齢年金の仕組みにより報酬比例部分が全額停止のため、引き続き3級の障害厚生年金(約100万円)を受給した方が多くなるようです

by nenkin-matsuura | 2016-08-29 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第390問(雇用保険との調整)

Q 雇用保険との調整がある年金を受給してる人を以下のうちから選んでください ? 

① Aさん、62歳、老齢基礎年金を繰上げして受給している
② Bさん、65歳、老齢厚生年金を受給している(老齢基礎年金は繰下げ待機中)
③ Cさん、60歳、障害厚生年金を受給している
④ Dさん、64歳、特別支給の老齢厚生年金を受給している


d0132289_01172713.jpg


             A ④ Dさん、64歳、特別支給の老齢厚生年金を受給している
point 特別支給の老齢厚生年金を受給してるAさんは、雇用保険の基本手当や高年齢雇用継続給付(厚生年金保険に加入中の場合)を受給するとその全額(高年齢雇用継続給付の場合は最大で標準報酬月額の6%相当額)が停止となります
なお、繰上受給の老齢基礎年金や65歳以降の老齢基礎・老齢厚生年金、障害厚生年金などは雇用保険との調整はありません

by nenkin-matsuura | 2016-03-17 01:33 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第367問(高年齢雇用継続給付との調整)

Q 特別支給の老齢厚生年金の受給における雇用保険の高年齢雇用継続給付との調整について、「○」or「×」で答えてください ? ☆☆☆

① 最高で標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となる ○ or ×
② 受給の際には「支給停止事由該当届(様式第583号)」の提出が必要である(平成27年4月より受給開始の者とする) ○ or ×
③ 障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合は、高年齢雇用継続給付との調整はない ○ or ×

d0132289_22451042.jpg

                                  A ① ○ ② × ③ ○
point
① 高年齢雇用継続給付の支給の割合に応じて調整されますが、最大だと標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となります
② 平成27年4月より受給開始の場合は、「支給停止事由該当届」の提出は不要です もし、25年10月1日より前の受給があった時は当該届の提出が必要です
③ 調整の対象となるのは特別支給の老齢厚生年金で、障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合、調整はありません


by nenkin-matsuura | 2015-10-08 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金編19

<Q1> 停止となっていた年金は後で戻ってきますか?(在職老齢年金による支給停止)

 <A1> 停止となっていた年金はそのままです…退職時(資格喪失時)の改定か65歳時の改定のどちらか早い方にて少し年金額が増えることにはなりますが…

<Q2> 28万未満なのですが…高年齢雇用継続給付との調整があるんですね…

 <A2> はい…高年齢雇用継続給付を受けるとその額(率)に応じた支給停止があります…最大だと標準報酬月額の6%相当額が停止です

<Q3> 44年の特例になりますが、給料はいくらくらいまでなら大丈夫ですか?

 <A3> …特例の場合は報酬の額というより厚生年金保険に加入していないことが条件です…厚生年金保険に加入がない場合はその報酬の額は停止には関係ありません

by nenkin-matsuura | 2015-08-24 00:40 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第345問

Q 雇用保険の高年齢雇用継続給付との調整となる際の停止額を求める式を以下のうちから選んでください ? ☆☆
※ 最大の率の場合とする

① 基本給 × 0.06
② 標準報酬月額 × 0.06
③ 基本月額 × 0.06

d0132289_00372648.jpg

                           A ② 標準報酬月額 × 0.06
point 年金から支給停止となる額は、最高で標準報酬月額の6%(0.06)に当たる額になります
雇用保険の高年齢雇用継続給付は、雇用保険の被保険者期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の雇用保険の被保険者に対して、賃金額が60歳時到達時の75%未満となった者を対象に、最高で賃金額の15%に相当する額が受けられるものです

by nenkin-matsuura | 2015-04-30 00:47 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第307問

Q 特別支給の老齢厚生年金の受給者が高年齢雇用継続給付を受ける場合において、標準報酬月額がみなし賃金月額の59%であるときの年金の支給停止率を、次のうちから選んでください ? ☆☆☆

① 5.74%
② 6%
③ 15%

d0132289_23414431.jpg

                                           A ② 6%
point 標準報酬月額がみなし賃金月額の61%未満であるときは、6%が年金の支給停止率で、「調整額=(標準報酬月額)×6/100」で計算されます
なお、みなし賃金月額(60歳到達時の賃金額)は、60歳に到達するまでの6か月間に支払われた賃金の総額を180で除した額(賃金日額)に30を乗じて得た額のことです(ただし、60歳到達時にすでに退職している人の場合は、離職前の直前6か月間に支払われた賃金の総額を180で除して30を乗じて得た額になります)

by nenkin-matsuura | 2014-08-07 00:01 | ねんきんQuiz | Trackback