タグ:高年齢雇用継続基本給付金 ( 5 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第138問

Q 次のうち、受給することによって、年金が一部支給停止となる場合があるものを選んでください ?                                             

① 埋葬料
② 高年齢雇用継続基本給付金 
③ 子ども手当

ねんきんQuiz-第138問_d0132289_2112777.jpg

                               A ② 高年齢雇用継続基本給付金 
point 特別支給の老齢厚生年金を受給していて、かつ、厚生年金保険の被保険者である場合に、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受給すると年金が一部支給停止(最大で標準報酬月額の6%)となります
手続としては、高年齢雇用継続基本給付金の支給決定がなされた後に、年金事務所等に、「老齢厚生・退職共済年金受給権者支給停止事由該当届」(様式第583号)を支給決定通知書等を添えて提出します

by nenkin-matsuura | 2011-02-01 02:37 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第104問

Q 次のうち、受給した場合に年金との調整が行われるのは ?           ☆☆

① 高年齢雇用継続基本給付金
② 出産育児一時金
③ 未支給年金
ねんきんQuiz-第104問_d0132289_22845100.jpg

                                A ① 高年齢雇用継続基本給付金
 point 高年齢雇用継続基本給付金を受給している月は、その支給率に応じて、特別支給の老齢厚生年金が、減額となります
出産育児一時金や未支給年金を受給したことによる年金(老齢・障害・遺族等)の減額はありません

by nenkin-matsuura | 2010-04-22 02:50 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 99

◇ 特別支給の老齢厚生年金と高年齢雇用継続給付

雇用保険には、給料が下がった場合に新賃金の数パーセントを給付金として受けることができる制度があります(^u^)
高年齢雇用継続基本給付金といって…雇用保険の被保険者期間が5年以上の60歳以上65歳未満の人が、60歳に達した時点の賃金とそれ以降の賃金を比べて75パーセント未満となった場合に、新賃金の最高で15パーセント相当を高年齢雇用継続基本給付金として受けることができます

しかし、特別支給の老齢厚生年金を受給できる人が高年齢雇用継続基本給付金も受給できる場合には、最大で「標準報酬月額」の6パーセントが年金の支給停止とされる場合があります これは、厚生年金保険の加入による「在職老齢年金」の仕組みにプラスして行われ、在職老齢年金の停止が「ない」場合でも高年齢雇用継続基本給付金の受給による停止は行われます(ただ、受給できる場合は受給した方が得となる場合が多いです ちょっとお得な年金情報 受給者編その⑪

by nenkin-matsuura | 2010-03-23 01:00 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編の番外編Ⅱ

前回に引き続き、ちょっとお得な年金情報(受給者編)のまとめです

選択・併給に関してのちょっとお得な年金情報

 “どっちがいい?”                 受給者編その①
 “繰上げのタイミング”               受給者編その②
 “障害基礎年金との併給”            受給者編その⑦
 “失業保険のお得な点”              受給者編その⑭
 “遺族年金と失業保険は併給できる”     受給者編その⑯

年金額に関してのちょっとお得な年金情報

 “在職老齢年金を回避する方法”        受給者編その④
 “繰下げて年金を増やす 上”          受給者編その⑧
 “繰下げて年金を増やす 中”          受給者編その⑨
 “繰下げて年金を増やす 下”          受給者編その⑩
 “ちょっとお得な高年齢雇用継続基本給付金” 受給者編その⑪
 “障害者の特例”                  受給者編その⑬
 “在職中の停止でも、得な場合”         受給者編その⑱
 “旧法の配偶者加給年金のお得な点”     受給者編その22
 “配偶者加給年金のお得な点”          受給者編その26

by nenkin-matsuura | 2009-03-17 21:12 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金 編3

<問1> 来年60歳で定年退職となります 今後は、年金を受給しながら働きたいのですが、再就職か、自営業をやりたいと思います 年金受給に関して何かアドバイスをお願いします

 <答1> 再就職し、厚生年金保険に加入する場合は、在職老齢年金の仕組みが適用され、年金の減額の可能性があります 再就職し、厚生年金保険がない場合や、自営業をされる場合は年金の減額はありません 前者は、将来の年金額が増える点と扶養配偶者などがいる場合などでメリットがあります 後者は、年金の減額がないという点がメリットです

<問2> 職安から、高年齢…給付金?をもらうとどうなりますか(60歳、会社員)

 <答2> 職安からの高年齢雇用継続基本給付金をもらいながら厚生年金保険に加入(在職)していると、在職老齢年金の停止とは別に、年金が減額されます ただ、減額される額は高年齢雇用継続基本給付金の額より少ないので、もらえるものは積極的にもらったほうがよいでしょう

<問3> 私は62歳で在職中ですが、年金の停止額がコロコロと変わっているようです どうしてですか?

 <答3> 年金の基本額が変わらないとしたら、報酬月額の変動と賞与が出た場合が考えられます 賞与は支給されてから1年間は在職老齢年金の停止の計算の基となります

by nenkin-matsuura | 2008-10-24 00:29 | ねんきんFAQ  | Trackback