タグ:雇用保険 ( 20 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 540(雇用保険との調整がない年金)


◇ 雇用保険との調整がない年金


特別支給の老齢厚生年金については、雇用保険の基本手当を受給すると、その間は支給停止となります。

しかし、遺族厚生年金や障害基礎年金などは、雇用保険の基本手当を受給していても停止となりません。(*´◒`*)

雇用保険との調整がない年金としては‥
・遺族厚生年金
・遺族基礎年金
・寡婦年金
・障害厚生年金
・障害基礎年金
・繰上げ受給の老齢基礎年金
などがあります。

by nenkin-matsuura | 2019-02-06 00:22 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 501(事業主など雇用保険の加入がない場合)

◇ 事業主など雇用保険の加入がない場合


特別支給の老齢厚生年金の請求時において、雇用保険被保険者番号を記入する欄があります。(。`・д・)

事業主や事業主の妻や役員になっている場合など雇用保険に加入していない場合は、事由書の「ア.」(雇用保険の加入事業所に勤めていたが、雇用保険の被保険者から除外されていたため。)に丸を付けます。

なお、最後に雇用保険被保険者の資格を喪失してから7年以上経過している場合は「ウ.」に丸を付けます。

by nenkin-matsuura | 2018-05-09 00:10 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金請求書(短縮用)(6ページ目)

年金請求書(短縮用)」(6ページ目)


黒の太枠内を記入します。

6ページ目
(1)現在年金を受けているかについて、当てはまるものに丸を付けます。
なお、1.受けている(全額支給停止の場合を含む)に丸を付けた場合は、①に、その公的年金制度名を左の5ページの表1より記号を選択し記入します
例えば、平成20年5月17日より遺族厚生年金を受給中の場合・・
イ、遺族、平成20年5月17日、1450
などと記入します(丸を付けます)

(2)雇用保険に加入したことがありますかについては、加入した制度が国民年金のみの場合や、平成29年8月1日時点で65歳以上の場合は記入する必要はありません。
なお、65歳未満の場合で雇用保険被保険者証等を添付できないときは、事由書の当てはまるものに丸を付け、署名をします。

by nenkin-matsuura | 2017-07-11 04:00 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その80(雇用保険の高年齢求職者給付金)

゛雇用保険の高年齢求職者給付金”


雇用保険の被保険者のうち、65歳に達する日以前に雇用されていた事業主に65歳に達した日以降の日においても引き続いて雇用されている者が失業した場合、被保険者であった期間に応じ基本手当日額の30日分又は50日分に相当する高年齢求職者給付が支給されます。

当該高年齢求職者給付金を受給しても、老齢基礎年金や老齢厚生年金との調整はなく、両方とも受給できます。

なお、高年齢求職者給付金について、雇用保険の被保険者であった期間が1年以上の場合は50日分、1年未満であった場合は30日分が支給されます。

by nenkin-matsuura | 2016-12-16 04:06 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第367問(高年齢雇用継続給付との調整)

Q 特別支給の老齢厚生年金の受給における雇用保険の高年齢雇用継続給付との調整について、「○」or「×」で答えてください ? ☆☆☆

① 最高で標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となる ○ or ×
② 受給の際には「支給停止事由該当届(様式第583号)」の提出が必要である(平成27年4月より受給開始の者とする) ○ or ×
③ 障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合は、高年齢雇用継続給付との調整はない ○ or ×

ねんきんQuiz-第367問(高年齢雇用継続給付との調整)_d0132289_22451042.jpg

                                  A ① ○ ② × ③ ○
point
① 高年齢雇用継続給付の支給の割合に応じて調整されますが、最大だと標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となります
② 平成27年4月より受給開始の場合は、「支給停止事由該当届」の提出は不要です もし、25年10月1日より前の受給があった時は当該届の提出が必要です
③ 調整の対象となるのは特別支給の老齢厚生年金で、障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合、調整はありません


by nenkin-matsuura | 2015-10-08 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 219

◇ 雇用保険関係書類のフローチャート(はい、いいえ)

年金アドバイスv(∩.∩)v 215でも触れましたが、
60歳や65歳になる前に、緑色の封筒にて、「年金請求書」が送られてきたら、その封筒の中に「年金の請求手続きのご案内」という用紙が入っています

ページをめくって4ページの下あたり(平成24年11月現在)には、「3.雇用保険関係書類」の欄があります
はい・いいえの矢印に沿っていくと、雇用保険の番号がわかる書類が必要かどうかを確認することができます(゚∇^d)

例えば…
Mさん(60歳)、厚生年金保険及び雇用保険の被保険者が年金の請求をする場合、
雇用保険関係書類のフローチャートにあてはめると、
「雇用保険に加入した事がありますか」 … →はい
「最後に雇用保険の被保険者でなくなった日から7年以上経過していますか」 ↓いいえ
となり、「項番10をご覧ください。」にたどり着きます

上記例の場合は、雇用保険被保険者番号を明らかにできる書類(雇用保険被保険者証)のコピーを添付して年金の請求を行います

by nenkin-matsuura | 2012-12-05 00:25 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第180問

Q 特別支給の老齢厚生年金の裁定請求時などにおいて、雇用保険の被保険者証等を添付できない場合に記入する欄(書類)の名称を、次のうちから選んでください ? ☆☆ 

① 生計維持証明
② 自由書
③ 事由書 

ねんきんQuiz-第180問_d0132289_0174264.jpg

                                         A ③ 事由書
point 事由書は、雇用保険の番号がない場合などにおいて使用し、その理由にマルを付けます(「雇用保険に加入したことがないため。」など)
なお、事由書は、事前送付型の「年金請求書」にはあらかじめ印字され、その欄が設けられていますが、「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」(水色の様式)では、別紙による事由書を記入することとなります

by nenkin-matsuura | 2012-02-15 00:41 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 134

◇ 年金請求書と裁定請求書(101号)における事由書について

特別支給の老齢厚生年金または老齢厚生年金・老齢基礎年金を請求する際には、「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」(事前送付型)か、「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書(様式第101号)」(窓口等で入手できる水色の様式)を使用します

また、特別支給の老齢厚生年金を請求する際には、雇用保険(失業保険)の番号がわかるものを添付しますが、雇用保険の番号が無い場合等においては・・
「年金請求書」の場合 → 事由書欄(5P)に、アイウエの中から該当するものにマルを付け署名をする
「裁定請求書」の場合 → 別添の事由書に、アイウの中から該当するものにマルを付け、日付、住所氏名を書く
と、それぞれ名称は同じであるものの、若干違う事由書を記入する必要があります(°o°)

例えば、
若いころは失業保険(雇用保険)に加入していたが、現在は役員のため加入していないときなどは、
「年金請求書」においては、「いいえ」にマルをつけ、事由書の「エ」にマルをつけます
「裁定請求書」においては、別添の事由書の、「ウ」にマルをつけます
いずれも、「最後に雇用保険の被保険者でなくなった日から、7年以上経過しているため」という理由になります

by nenkin-matsuura | 2011-02-10 02:51 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第61問

Q次のうち年金手帳(青色)に記入欄が設けられている正しい組み合わせは?     ☆☆
① 国民年金の記録欄、厚生年金保険の記録欄、宙に浮いた年金記録の欄
② 国民年金の記録欄、雇用保険の記録欄、共済組合員であった方の欄
③ 国民年金の記録欄、厚生年金保険の記録欄、共済組合員であった方の欄

ねんきんQuiz-第61問_d0132289_16425973.jpg

      A ③ 国民年金の記録欄、厚生年金保険の記録欄、共済組合員であった方の欄
 point 国民年金の記録欄は、年金手帳再発行時に記録があれば印字されます その後に加入した国民年金や厚生年金保険の記録は手書きで記入するようになっています 共済組合員であった方の記録欄は最終ページの備忘録下のほうに設けられています

by nenkin-matsuura | 2009-05-24 17:07 | ねんきんQuiz | Trackback  

各国との社会保障協定のあれこれ

2009年3月に日蘭社会保障協定が発効となりました
日欄社会保障協定によって、二重防止の対象となる社会保障制度は、
日本の公的年金制度、公的医療保険制度
オランダの公的年金制度、公的医療保険制度、雇用保険制度
です
日蘭間での年金加入期間の通算が可能となりました

実際多いのは平成17年10月発行のアメリカとの協定によって、
アメリカで加入した年金制度を日本にて請求するという形です

現在チェコとの社会保障協定が発効に向けて準備中となっています(10か国目)

by nenkin-matsuura | 2009-03-14 12:44 | 年金 あれこれ | Trackback