タグ:障害認定日 ( 67 ) タグの人気記事

 

ねんきんnews 2010年1月号

障害基礎年金の受給を認めなかった社会保険庁の決定は違法として、滋賀県内の知的障害者6人が決定の取り消しを国に求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であり、石原稚也裁判長は原告全員の不受給決定を取り消す判決を下した。
 訴状などによると、原告は県内の20代の知的障害者で、2003~05年度に障害基礎年金を請求したが「障害の程度が軽い」などとして社会保険庁に棄却されたが、4人が通っていた甲賀市の知的障害者自立支援施設「信楽通勤寮」(07年3月末に廃止)では1986~2002年度に請求をした寮生55人全員が受給決定された。


障害基礎年金(障害厚生年金)の場合、不支給となった場合でも、のちに請求しなおすことは可能(事後重症による請求の場合は65歳まで)

なお、障害基礎年金の受給要件の一つに、障害認定日※に1級または2級の障害の状態にある必要があります 

※障害認定日…障害の原因となった傷病について、初診日から1年6カ月を過ぎた日、またはその間に治った場合はその日

by nenkin-matsuura | 2010-01-20 00:33 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第91問

Q 以下の場合で障害厚生年金について、障害認定日による請求をする際に必要な診断書は?                                             ☆☆☆☆
※初診日-平成15年4月15日、傷病名-慢性腎不全(平成16年9月10日に人工透析を開始)、平成22年1月15日に裁定請求を行うものとする    
① 平成16年9月10日時点の診断書および現在の診断書…計2枚
② 裁定請求日以前で3月以内の状態を記した診断書…1枚
③ 平成16年10月15日以降3月以内の現症を記したものおよび平成22年1月15日以前で3月以内の状態を記した診断書…計2枚
④ 平成16年12月10日以降3月以内の現症を記したものおよび平成22年1月15日以前で3月以内の状態を記した診断書…計2枚
⑤ 初診時の診断書…1枚 
ねんきんQuiz-第91問_d0132289_0493267.jpg

A ③ 平成16年10月15日以降3月以内の現症を記したものおよび裁定請求日以前で3月以内の状態を記した診断書…計2枚
 point 障害認定日が遡及した請求となりますので、「障害認定日以降3月以内の現症を記したもの1枚+裁定請求日以前3月以内の状態を記したもの1枚の計2枚」が必要です 上記例の場合だと障害認定日は平成16年10月15日、裁定請求日は平成22年1月15日となります なお、人工透析を受け始めて3か月を経過した日が初診日より1年6カ月を経過した日より後のため、障害認定日は(症状固定がないとして)原則である初診より1年6か月を経過した日の平成16年10月15日となります また、事後重症による請求の場合は②の裁定請求日以前で3月以内の状態を記した診断書…1枚が必要となります

by nenkin-matsuura | 2010-01-15 01:46 | ねんきんQuiz | Trackback  

help-障害年金の手続き 第39回

◆ 障害厚生年金の計算の基礎となる被保険者期間について

障害厚生年金の額は、
平均標準報酬額(平均標準報酬月額) × 給付乗率 × 月数 × スライド率
で計算されますが、月数においては、
その支給事由となった傷病に係る障害認定日の属する月後の被保険者期間については年金額の計算の基礎とはされません

例えば、平成10年4月1日から現在まで厚生年金保険に加入している人で、平成17年1月14日が障害認定日となる障害厚生年金を受けることとなった場合は、その計算の基礎となるのは平成10年4月から17年1月までとなり、17年2月以降の厚生年金保険加入期間については、その計算の基礎とはされません

なお、障害認定日において、障害の程度に該当していない、「事後重症」による障害厚生年金の場合も、障害認定日の属する月後の被保険者期間はその年金額の計算の基礎とはされません(基準傷病による基準障害と、もとの障害を合わせて1級または2級の障害厚生年金を受ける場合および、併合認定の障害厚生年金を受ける場合には、後発の傷病に係る障害認定日の属する月後の被保険者期間は年金額計算の基礎とはされません)

by nenkin-matsuura | 2010-01-14 01:23 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 88

◇ 繰上げと障害年金の請求

「繰上げ」…本来、老齢基礎年金の支給開始年齢は65歳ですが、60歳から64歳11か月の間に前倒して受給することができます 繰上げを行った場合は、その請求をした月にる受給率により減額され支給されます

「繰上げの制約」…繰上げ受給にはいくつかの注意事項があります
・国民年金の任意加入被保険者とはなれなくなる
・後で取り消しや変更ができず、減額された年金額を受け取ることになる
・寡婦年金が受けられなくなる
・事後重症などによる障害基礎(厚生)年金の裁定請求をすることができなくなる

上記のとおり、繰上げを行うといくつかの制約があり、障害年金の事後重症請求ができなくなる点は要注意です なお、「事後重症」による請求とは、障害認定日にはその障害の程度が軽かったものが、のちに(65歳までに)状態が悪化したことによって請求することをいいます

ただ、「繰上げを行っている=障害年金を請求できなくなる」というわけではなく、『障害認定日』による障害年金の請求は可能です(^-^)b

例えば、平成21年10月10日(61歳0か月)で繰上げの請求をした人が、その後2級相当の障害の状態になったとします その障害の原因となった傷病の初診日が平成20年7月7日だとすると、通常、障害認定日は平成22年1月7日(1年6か月後)となります 61歳時に繰り上げ請求をしていて、その後の障害認定日である平成22年1月7日以降に障害認定日による障害年金の請求が可能となります(保険料納付要件を満たしているとして)

by nenkin-matsuura | 2009-11-24 00:54 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

help-障害年金の手続き 第37回

◆厚生年金保険の障害年金における納付要件のまとめ(61年4月以降編)

・初診日が、昭和61年4月1日~平成3年4月30日の場合
 初診日の前日において当該初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月及び10月)の前月までで3分の2要件を満たしていること
 または、法改正による原則的な経過措置として、
 初診日の前日において当該初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月及び10月)の前月までの1年間のうちに滞納がないこと
・初診日が、平成3年5月1日~平成7年3月31日の場合
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までで3分の2要件を満たしていること
 または、法改正による原則的な経過措置として、
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに滞納がないこと
・初診日が、平成7年4月1日~平成8年3月31日の場合
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までで3分の2要件を満たしていること
 または、法改正による原則的な経過措置として、
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに滞納がないこと
 (法改正時の初診日から障害認定日までの間等の経過措置として、)
 直近1年要件は、初診日が当該期間であった場合、当該初診日において65歳未満要件であることの年齢制限なし
・初診日が、平成8年4月1日~平成28年3月31日の場合
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までで3分の2要件を満たしていること
 または、法改正による原則的な経過措置として、
 初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに滞納がないこと、かつ、初診日において65歳未満であること

by nenkin-matsuura | 2009-11-18 00:40 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

help-障害年金の手続き 第36回

◆厚生年金保険の障害年金における納付要件のまとめ(61年3月以前編)

・初診日が、昭和17年9月30日~22年8月31日の場合
 初診日から起算して2年を経過した日の属する月前5年間に厚生年金保険の加入期間が3年以上であること
・(昭和22年9月より前の発病で)初診日が、22年9月1日~27年4月30日の場合
 初診日から起算して2年を経過した日の属する月前5年間に厚生年金保険の加入期間が3年以上であること
・(昭和22年9月以降の発病で)初診日が、22年9月1日~26年10月31日の場合
 初診日から起算して2年を経過した日の属する月前の厚生年金保険の加入期間が6か月以上であること
・(昭和22年9月以降の発病で)初診日が、26年11月1日~27年4月30日の場合
 初診日から起算して3年を経過した日の属する月前の厚生年金保険の加入期間が6か月以上であること
・初診日が、昭和27年5月1日~49年7月31日の場合
 初診日から起算して3年を経過した日の属する月前の厚生年金保険の加入期間が6か月以上であること
・初診日が、昭和49年8月1日~51年9月30日の場合
 初診日から起算して1年6か月を経過した日の属する月前の厚生年金保険の加入期間が6か月以上であること
・初診日が、昭和51年10月1日~59年9月30日の場合
 初診日の属する月前の公的年金加入期間を合算した期間が6か月以上であること
・初診日が、昭和59年10月1日~61年3月31日の場合
 初診日の属する月前の公的年金加入期間を合算した期間が6か月以上であること
 または、法改正時の初診日から障害認定日までの間等の経過措置として、
 初診日の前日において、当該初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月、10月)の前月までで3分の2要件を満たしていること または、初診日の前日において、当該初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月、10月)の前月までの1年間のうちに滞納がないこと

※初診日から起算して「3年・2年・1年6か月を経過した日」とあるのは、その3年・2年・1年6か月以内に、症状固定または治った場合は「その日」となります

by nenkin-matsuura | 2009-10-08 01:16 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

国民年金障害基礎年金裁定請求書 (最終ページ上部)

国民年金障害基礎年金裁定請求書 (最終ページ上部)_d0132289_12331875.jpgの欄
「障害認定日による請求」、「事後重症による請求」など請求事由にマルを付けます(裁定請求書、左のページにそれぞれの説明文が載っています)
2.事後重症による請求を選んだ場合は、その理由についてマルを付けます

赤色の枠
傷病名・傷病の発生した日(発病日)・初診日などを記入します
例えば、糖尿病性網膜症(眼の診断書)と糖尿病性腎症(腎疾患の診断書)で障害基礎年金を請求する場合は、1.と2.の枠に分けて記入し、発病日・初診日等もそれぞれの診断に応じて記入します
※診断書の傷病名の欄に複数の傷病名がある時は、同じように「傷病名」の枠のなかに(枠が小さいですが)その複数の傷病名を記入します
一番下の(4)にある国民年金の特別一時金とは、
昭和61年4月1日において、厚生年金保険・共済組合等の障害年金、障害福祉年金の受給者で、要件を満たせば、国民年金の保険料納付済期間について特別一時金の支給を請求することができるとされています

by nenkin-matsuura | 2009-08-29 13:02 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 75

◇ 障害認定日と障害厚生年金額の計算

障害認定日とは、障害の原因となった傷病について、初診日から1年6か月を過ぎた日、またはその間になおった日のことをいい、その障害の程度を定めることになっています

一方、障害厚生年金の額を計算するにあたっては、平均標準報酬(月)額を算出し、その額は個人によって差があります そして、その平均標準報酬(月)額に支給率と月数とスライド率を掛けて障害厚生年金の額は計算されます(・_・?)

障害厚生年金の額を算出するにあたって用いる月数ですが、障害認定日の属する月までが計算の対象となっており、その後に長く厚生年金保険を掛けていても、その障害厚生年金の計算の基とはなりません(その後に発生した障害厚生年金や老齢厚生年金の基にはなります)

例えば、平成10年4月1日以降厚生年金保険に加入しているとして、平成15年4月10日初診、平成16年10月10日障害認定日の障害厚生年金額の算出にあたっては、「平成10年4月から平成16年10月まで」の厚生年金保険被保険者期間が、障害厚生年金額の計算の基礎となります(ただ、上記例の場合は、被保険者期間が300月(25年)未満のため、300を全被保険者期間の月数で除して得た額を上記計算式で算出した額に乗じて、300月分みなしてに引き上げます)

by nenkin-matsuura | 2009-08-10 00:43 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識32

年金種類別受給権発生日 一覧表ねんきん豆知識32_d0132289_0281725.jpg
◎老齢基礎年金・老齢厚生年金・付加年金
 65歳に達した日(65歳以降に受給資格期間を満たした時はその日)
 繰上げ支給の請求をした場合は、請求書を受理された日(老齢厚生年金を除く)
 繰下げ支給の申出をした場合は、申出書を受理された日
◎特別支給の老齢厚生年金
 60歳に達した日(女子、坑内員・船員は例外あり)(それ以降に受給資格期間を満たした時はその日)
◎遺族基礎年金・遺族厚生年金
 死亡の日(失踪宣告の場合も含む)
◎寡婦年金
 死亡の日(失踪宣告の場合も含む)
◎死亡一時金
 死亡の日(失踪宣告の場合も含む)
◎障害基礎年金・障害厚生年金 
 障害認定日(事後重症・基準障害は請求した日、初診日が20歳前の障害基礎年金は20歳に達した日※障害認定日が20歳以降の場合は、その障害認定日)
◎障害手当金
 初診日から5年以内になおった日

by nenkin-matsuura | 2009-08-07 01:12 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第66問

Q 次の障害年金の受給権発生日は?
※初診日=平成7年7月1日、糖尿病性網膜症、請求日平成21年7月1日(事後重症請求とする)                                                ☆☆☆
① 初診日(平成7年7月1日)
② 障害認定日(平成9年1月1日)
③ 障害年金請求日(平成21年7月1日)
ねんきんQuiz-第66問_d0132289_0122289.jpg

                           A ③ 障害年金請求日(平成21年7月1日)
point 事後重症請求であることがポイントで、本人が請求した日に受給権が発生します
もし障害認定日による請求で障害認定日において障害等級(障害基礎年金は1・2級、障害厚生年金は1~3級)に当てはまればその障害認定日が受給権発生日となります(20歳前の傷病による障害基礎年金を除く場合あり)

by nenkin-matsuura | 2009-07-01 00:36 | ねんきんQuiz | Trackback