タグ:障害等級 ( 18 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第586問(障害等級)


Q 障害厚生年金に関する以下の3つのワードから、最も関連のある障害等級を①~③のうちから選んでください。
☆☆

「一般状態区分表のイ又はウ」、「胸部大動脈解離」、「人工血管」

① 3級
② 2級
③ 1級


ねんきんQuiz-第586問(障害等級)_d0132289_20284979.jpg


                                        A ① 3級
point 胸部大動脈解離(Stanford 分類A型・B型)や胸部大動脈瘤により、人工血管(ステントグラフトを含む)を挿入し、かつ、診断書の一般状態区分表のイ又はウに該当するものは、3級相当になります。

by nenkin-matsuura | 2019-12-18 00:09 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 582(遺族厚生年金や遺族基礎年金の受給権のある子が障害の状態になったとき)


◇ 遺族厚生年金や遺族基礎年金の受給権のある子が障害の状態になったとき


遺族厚生年金や遺族基礎年金の受給権のある子が障害等級2級以上の障害の状態となったとき(なっていた時を含む)は、「遺族給付受給権者の障害該当届」を年金事務所の窓口等へ提出します。

当該届には、医師の診断書を添付します。(〃´・ω)ノ

2級以上と認められれば、遺族厚生年金や遺族基礎年金について、通常は18歳到達後の最初の3月までであるところ、20歳まで受給できる期間が延びます。

by nenkin-matsuura | 2019-11-27 00:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)(8ページ目)

年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」(30年3月以降分
(8ページ目)


5.配偶者・子についてご記入ください。

 配偶者はいますか→「はい」または「いいえ」をマルで囲み「はい」の場合は(1)を記入します。

(1)
 ①
  配偶者の氏名、生年月日、個人番号または基礎年金番号、性別について記入します。

 ②
  配偶者と住所が異なる場合のみ、その住所を記入します。

 ③
  配偶者の年金の受給状況について丸を付けます。
 ※支給停止の場合でも「受けている。」になります。

(2)
  厚生年金保険に20年以上加入し、かつ、以下の要件に合う子がいる場合に、その子の氏名や生年月日などを記入します。
  a:18歳になった後の最初の3月31日までの子
  b:障害等級1級・2級の障害の状態にある場合は20歳未満の子

by nenkin-matsuura | 2018-06-26 00:17 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんQuiz-第481問(障害者特例)

Q 次のうち、障害者特例を受給できる人を選んでください ? 
※ほかの要件は満たしているものとする。

① 陸さん(60歳)、障害等級は2級、厚生年金保険に加入中
② 海さん(63歳)、障害等級は3級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。
③ 空さん(66歳)、障害等級は1級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。



ねんきんQuiz-第481問(障害者特例)_d0132289_21001343.jpg

      A ② 海さん(63歳)、障害等級は3級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。
point 特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、厚生年金保険被保険者の資格を喪失しており、かつ、障害等級3級以上の状態である場合は、申請により障害者特例を受給可能です。
なお、①は厚生年金保険被保険者であるため該当せず、また③は66歳以上のため特別支給の老齢厚生年金の受給権ではないため(老齢厚生年金+老齢基礎年金を受給)障害者特例には該当しません。

by nenkin-matsuura | 2017-12-14 00:14 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 463(子が障害の状態となった場合)

◇ 子が障害の状態となった場合


老齢厚生年金や障害基礎年金、遺族基礎年金には子の加算がつくことがあります。(∵)

子の加算に該当する子は、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子ですが、障害等級の1級または2級の状態にある子は20歳未満までが対象となります。

子が1級または2級以上の障害の状態となった場合(1級または2級となっていたが提出していなかった場合も含む)は、診断書等を添えて市区町村や年金事務所の窓口へ提出をします。

なお、老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金を含む)に子の加算が付くには、厚生年金保険の被保険者期間が20年(240月)以上ある必要があります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-18 04:41 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金請求書(短縮用)(8ページ目)

年金請求書(短縮用)」(8ページ目)


黒の太枠内を記入します。

8ページ目

5.配偶者・子について
 配偶者はいますかで、「はい」の場合は、
 (1)配偶者について
 ①配偶者の氏名、生年月日等を記入します。
 ②住所が異なる場合は、その住所を記入します。
 ③配偶者の年金の受給の状況について記入します。(1~4に丸を付ける)
 例えば老齢基礎年金と老齢厚生年金を受けている場合は、「ア・イ、老齢または退職、平成〇年〇月、1150などとなります」

 (2)子については、18歳になった最初の3月31日までの子、または、障害等級1級、2級の状態である20歳未満の子をいいます

by nenkin-matsuura | 2017-08-08 04:43 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第127回(児童扶養手当と子の加算額との調整)

◆ 児童扶養手当と子の加算額との調整


平成26年12月以降、障害基礎年金の子の加算額と児童扶養手当を受けることができる場合は、一律に子の加算額を優先して受け取ることとなっています。

そのうえで、子の加算額が児童扶養手当の額を下回るときは、その差額分の児童扶養手当が支給されます。

なお、子の加算の対象となる子は、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子、20歳未満で障害等級1級または2級の状態の子をいいます。

また、子の加算の額は、第1子と第2子は、各224,300円、第3子以降は各74,800円になります(平成29年度額)

by nenkin-matsuura | 2017-05-19 04:54 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その82(肢体の障害用の診断書+音声又は言語機能の診断書)

゛肢体の障害用の診断書+音声又は言語機能の診断書”


脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)により、手足の機能に障害が発生するとともに、発声不能により日常会話が困難となった場合は、定期に誕生月での診断書の提出時や新規での障害年金の請求時に、肢体の診断書に加えて音声又は言語機能の診断書の提出を行うことができます
(平成24年8月までは肢体の障害用の診断書に言語機能に関する記載欄があったのが、同年9月より肢体の障害用の診断書に言語機能に関する記載欄がなくなったため)

音声又は言語機能の診断書も提出することによって、肢体の障害と併せて障害等級が決定されます(ただし、上位の等級とならないこともある)

by nenkin-matsuura | 2017-02-10 04:35 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど 第96回

◆ 年金証書が送付されてきたら(障害等級と次回診断書提出年月)

障害基礎年金や障害厚生年金の裁定請求により、年金受給が決定すると、年金証書が送付されてきます

年金証書には、基礎年金番号・年金コード、氏名、生年月日、受給権を取得した年月とともに年金額、その計算のもととなった月数などが記載されています

また、年金証書の右下のほうには、障害の等級、診断書の種類、次回診断書提出年月が記載されています
もしも診断書の種類が「1」で、かつ、次回診断書提出年月の欄が「***」となっているときは、今後診断書の提出は不要です

by nenkin-matsuura | 2014-09-22 00:23 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その61

“症状によっては、1年待たなくとも額改定請求が可能に”

障害年金を受給していて障害の状態が重くなった時には、障害年金の額(障害等級)の改定を請求することができます(1級の場合を除く)

この額改定請求、これまでは、障害年金を受ける権利が発生した日、または障害の程度の審査を受けた日から1年を経過しないと請求できませんでしたが、26年4月からは、一定の状態(両下肢の全ての指を欠くもの、喉頭を全て摘出したものなど、旧法の障害年金の場合は相違あり)に該当すれば、1年を経過しなくても請求できるようになりました

なお、額改定請求は、「障害給付 額改定請求書」に診断書(1か月以内に作成されたもの)等を添えて年金事務所の窓口等へ提出します

by nenkin-matsuura | 2014-05-12 00:31 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback