タグ:障害年金 ( 36 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 549(旧法の障害年金との選択)


◇ 旧法の障害年金との選択


旧厚年法の障害年金(年金コード0330)と他の年金(老齢厚生年金など)はどちらかを選択する必要があります。(′ – ′)

年金受給選択申出書にて、年金を選択しますが、税金を考慮したり、雇用保険の基本手当の受給中や在職による停止などを含めて、選択することができます。

一方、旧国民年金法の障害年金と老齢厚生年金や遺族厚生年金などは、65歳以降ならば併給することが可能です。

by nenkin-matsuura | 2019-04-11 07:01 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第305問

Q 以下の書類のうち「続紙」があるものを選んでください ? ☆☆

① 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
② 病歴・就労状況等申立書
③ 事由書

d0132289_23393565.jpg


                              A ② 病歴・就労状況等申立書                           
point 障害年金の申請の際に使用する病歴・就労状況等申立書の表面には病歴(病院名などを記入)を記入する欄が5つありますが、発病からの期間が長いときは欄が不足することがあります その場合は、続紙に病歴を追加で記入します


by nenkin-matsuura | 2014-07-23 00:27 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第295問

Q 平成26年6月1日から一部改正となる予定のものを以下のうちから選んでください ? ☆☆☆☆

① 戦時加算の額
② 肝疾患による障害の認定基準
③ 損害賠償との調整

d0132289_23583759.jpg

                             A ② 肝疾患による障害の認定基準
point 平成26年6月1日からは、障害年金における肝疾患による障害の認定基準が一部改正となります
変更となるのは、「重症度を判断するための検査項目についての見直し」、「各等級に相当する例示の中に検査項目の異常の数が入るようになる」、「アルコール性肝硬変の基準の追加」などです


by nenkin-matsuura | 2014-05-15 00:32 | ねんきんQuiz | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その61

“症状によっては、1年待たなくとも額改定請求が可能に”

障害年金を受給していて障害の状態が重くなった時には、障害年金の額(障害等級)の改定を請求することができます(1級の場合を除く)

この額改定請求、これまでは、障害年金を受ける権利が発生した日、または障害の程度の審査を受けた日から1年を経過しないと請求できませんでしたが、26年4月からは、一定の状態(両下肢の全ての指を欠くもの、喉頭を全て摘出したものなど、旧法の障害年金の場合は相違あり)に該当すれば、1年を経過しなくても請求できるようになりました

なお、額改定請求は、「障害給付 額改定請求書」に診断書(1か月以内に作成されたもの)等を添えて年金事務所の窓口等へ提出します

by nenkin-matsuura | 2014-05-12 00:31 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 210

◇ 障害年金受給者の障害の程度が重くなったとき(障害給付額改定請求書:様式第210号)

障害年金(2級または3級)を受給していて、その障害の程度が重くなったら…
障害給付額改定請求書(様式第210号)により、増額とする旨の額改定の請求をすることができます(*・.・)ノ

ただし、障害年金を受ける権利が発生した日から1年未経過の場合や、障害の程度の審査を受けた日(定期的な診断書の提出)から1年未経過の場合は額改定請求をすることが来ません

提出の際には、1か月以内に作成された医師または歯科医師の診断書等を添付します

by nenkin-matsuura | 2012-09-26 00:14 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2012年8月号 号外

 激しい頭痛を伴う「脳脊髄(せきずい)液減少症」を巡り、厚生労働省が今春、障害年金の認定作業で医師が参考にする事例集を作り、年金を運営する日本年金機構に示していたことが分かった。この病気は研究途上のため理解がない医師も少なくなく、日常生活に深刻な支障をきたしていても各種の社会保障制度で「障害」と認められにくいことが問題になっている。早期の救済を求める声に厚労省が応えた形で、他の制度にも影響しそうだ。 

脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)により、頭痛・めまいなどの症状は、座位、起立位の状態で強く現れ、臥位で軽減する
「脳脊髄液減少症」のほかにも、「科学物質過敏症」、「繊維筋痛症」、「慢性疲労症候群」について、疾患毎に別紙を診断書に添付することとなっている

症状に個人差がある障害は認定が難しいと思いますが、医師が参考にできるように事例集を作り、また、障害年金に関する情報をできるだけ開示し、受給者・被保険者などにも制度の周知を図っていきたいところです

by nenkin-matsuura | 2012-08-20 01:21 | ねんきんnews | Trackback  

特別支給の老齢厚生年金受給権者障害者特例請求書 左のページ下部

d0132289_183450.jpgは、障害年金を受給していない場合に記入する

の欄
 障害の原因となった疾病または負傷の傷病名
の欄
 ⑦の疾病または負傷の初診日
の欄
 障害の状態に該当することとなった年月日

の欄
 老齢・退職の年金を受けている場合→アに〇を付ける
 障害の年金を受けている場合→イに〇を付ける
 いずれも受けていない場合→ウに〇を付ける

の欄
 加給年金額の対象者がいる場合は、その者の氏名・生年月日・続柄・障害の有無
 なお、加給年金額の対象者とは、配偶者(夫・妻)および18歳到達年度の最初の3月31日までの間にある子または厚生年金保険法の1級・2級に該当する障害の状態にある20歳未満の子

by nenkin-matsuura | 2010-01-06 01:26 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金請求 編4

<問1> 障害年金を請求したいのですが、会社にばれないようにするにはどうしたらいいですか?また、会社にばれた場合はどうなりますか?(30代・男性)

 <答1> 障害年金の請求時に会社を通してする必要はないですので、普通に請求してかまわないと思われます 会社にばれたから年金額が減らされたり、停止になったりといったことはないです…。

<問2> 障害年金の過去の分も一緒に受給できるって本当ですか?また、どれくらいもらえますか?

 <答2> 障害認定日による請求の場合、最大過去5年分の年分の障害年金を受け取ることができます ただし、障害認定日当時の障害の状態を記した診断書が必要となるなど、請求には難しい点も多いです

<問3> 障害年金は、未納があると駄目だと聞きました 今から支払って間に合いますか?

 <答3> 初診日の前日において、保険料納付要件を満たしておく必要がありますので、初診日以降に支払った保険料分は除かれます 将来の老齢年金の保険料納付要件+年金額には反映されます
※保険料納付要件 
・初診日の属する月の前々月までに被保険者期間がある場合は、当該被保険者期間に係るの保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が当該被保険者期間の3分の2以上あることが必要とされています
もしくは、
・初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料納付済期間および保険料免除期間以外の被保険者期間がないとき(未納がない時)は、保険料納付要件を満たしていることとされます

by nenkin-matsuura | 2009-02-19 20:56 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第50問

Q 次のうち障害年金における相当因果関係ありとして取り扱われるものは?   ☆☆☆☆ 

① 近視と黄班部変性
② 肝炎と肝硬変
③ 糖尿病と脳梗塞


d0132289_1133726.jpg


                                           A ② 肝炎と肝硬変
 point 肝炎と肝硬変は相当因果関係ありとして取り扱われます 
前の疾病または負傷がなかったならば、あとの疾病が起こらなかったであろうと認められる場合は、相当因果関係ありとみて前後の傷病を同一傷病として取り扱います
help-障害年金の手続きに相当因果関係について記載しています
相当因果関係がなしとして取り扱われるもの help-障害年金の手続き 第16回
相当因果関係がありとして取り扱われるもの help-障害年金の手続き 第17回

by nenkin-matsuura | 2009-02-14 11:53 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきん豆知識27

障害年金の診断書コード一覧

d0132289_161882.jpg(新法)
1 永久固定
2 呼吸器疾患
3 循環器疾患
4 聴力・口腔
5 眼の障害
6 肢体障害
7 精神障害
8 腎・肝疾患、糖尿病
9 血液・造血器・その他
(旧法)
1 永久固定
2 呼吸器疾患
5 眼・聴力・口腔
6 肢体障害
7 精神障害
8 内科疾患
9 その他の障害

by nenkin-matsuura | 2009-02-12 20:25 | ねんきん豆知識 | Trackback