タグ:障害厚生年金 ( 70 ) タグの人気記事

 

ブログ de 健康保険 161(傷病手当金との調整②(障害年金との調整))


 傷病手当金との調整②(障害年金との調整)


同一(関連)の傷病について、傷病手当金と障害厚生年金を受けられる場合は、傷病手当は支給されないことになっています。

ただし、傷病手当金の日額が障害年金の日額より大きい場合は、その差額が支給されます。

なお、さかのぼって障害厚生年金を受給することとなったときは、傷病手当金の一部または全額を返還しなければいけない場合があります。

by nenkin-matsuura | 2020-10-02 00:23 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求編38


<Q1> 発病日がわからないときは?(病歴・就労状況等申立書)

 <A1> 〇年〇月頃日などおおよその年月を記入します。

<Q2> 障害厚生年金を受給できたとして、その後、厚生年金保険を掛けると、障害厚生年金の額は増えますか?

 <A2> 厚生年金保険に加入すると老齢厚生年金の額は増えます。障害厚生年金は等級が上がった場合などで増加します。

<Q3> 肢体の診断書が病院から送られてきました。

 <A3> 裏面の上部にある現症日(日付)が未記載のようです。



by nenkin-matsuura | 2020-09-28 00:23 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 621(傷病手当金を受けた後に、さかのぼって障害厚生年金を受給した場合)


◇ 傷病手当金を受けた後に、さかのぼって障害厚生年金を受給した場合


同一(関連)の傷病について、傷病手当金と障害厚生年金(障害手当金)を受けられる場合は、傷病手当金は調整により、支給されない(ただし、傷病手当金の日額が障害厚生年金の日額より大きい場合は、その差額が支給される)ことになっています。

障害認定日による請求などにより、障害厚生年金がさかのぼって支払われた場合、傷病手当金の受給期間と重複する部分については、傷病手当金の一部または全部を返還する必要が出てくる場合があります。ρ(тωт`)

by nenkin-matsuura | 2020-09-02 03:44 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第166回(障害厚生年金の1・2級と3級の違い)


◆ 障害厚生年金の1・2級と3級の違い


障害厚生年金は、障害の程度によって、1級、2級、3級と等級があります。

障害等級によって年金額が違うほか、加給年金の加算や年金生活者支援給付金の受給に影響があります。

障害等級1級・2級(障害基礎年金の受給ありの場合)
 ・加給年金額の加算‥あり
 ・年金生活者支援給付金の受給権‥あり

障害等級3級
 ・加給年金額の加算‥なし
 ・年金生活者支援給付金の受給権‥なし



by nenkin-matsuura | 2020-08-14 00:12 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第162回(平成3年4月以前の障害年金の保険料納付要件)


◆ 平成3年4月以前の障害年金の保険料納付要件


障害基礎年金や障害厚生年金の請求において、平成3年4月以前に初診日があるときは、保険料納付要件に特例があります。

平成3年4月30日までに初診日がある傷病で障害になった場合は、初診日の属する月前の基準月(※)の前月までの国民年金の被保険者期間のうち、①保険料を滞納した期間が3分の1に満たないか、または、②直近の1年間に保険料を滞納していない場合に、保険料納付要件を満たしたこととされます。

※基準月‥1月、4月、7月、10月

by nenkin-matsuura | 2020-04-24 00:10 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 591(老齢厚生年金と障害厚生年金における加給年金額の違い)


◇ 老齢厚生年金と障害厚生年金における加給年金額の違い


240月以上厚生年金保険に加入している場合の老齢厚生年金や、2級以上の障害厚生年金の受給者に対象となる配偶者がいる場合は、配偶者加給年金額が加算されます。

老齢厚生年金と障害厚生年金では、配偶者加給年金額が違います。( ゚Д゚)y

老齢厚生年金
 …390,100円(224,500円+165,600円)

障害厚生年金
 …224,500円

老齢厚生年金には生年月日に応じた特別加算があるため、障害厚生年金に加算される配偶者加給年金額よりも多い額になります。

by nenkin-matsuura | 2020-02-05 00:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第158回(障害厚生年金の配偶者加給年金額が加算されなくなるとき)


◆ 障害厚生年金の配偶者加給年金額が加算されなくなるとき


1級または2級の障害厚生年金には配偶者加給年金額が加算されることがありますが、以下に該当した翌月からは、配偶者加給年金額が加算されなくなります。

① 死亡したとき
② 受給権者による生計維持の状態がやんだとき
③ 65歳に達したとき
④ 配偶者が特別支給の老齢厚生年金(被保険者期間が240月以上あるもの)や障害厚生年金・障害基礎年金を受けられるようになったとき

by nenkin-matsuura | 2019-12-13 00:11 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんnews 2019年8月号(障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間の拡大)


● 障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間の拡大


令和元年8月より、障害基礎年金や障害厚生年金の受給者向けの額改定請求に添付する診断書の作成期間(現症日)が拡大となっています。

今までは、額改定請求をする1か月以内の状態を記した診断書の添付が必要でしたが、これから(元年8月から)は、額改定請求をする3か月以内の状態を記した診断書の添付へと作成期間が拡大されています。

by nenkin-matsuura | 2019-08-30 00:12 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんFAQ 併給調整(選択)編22


<Q1> 税金等も考慮して、65歳以降も障害年金(障害基礎年金と障害厚生年金)をもらおうと思いますが、手続きは?

 <A1> 誕生月送付の年金請求書(ハガキ)を提出してください。形だけの手続きとなります。

<Q2> これから障害基礎年金を受給するとして、65歳以降はどのようなもらい方になりますか?

 <A2> 65歳以降は、障害基礎年金プラス老齢厚生年金を併給することが可能です。

<Q3> 障害者特例をもらう予定ですが失業保険をもらうとどうなりますか?

 <A3> 障害者特例(特別支給の老齢厚生年金)は停止になります。失業保険受給の間は、障害厚生年金を選択により受給することが可能です。

by nenkin-matsuura | 2018-11-05 00:15 | ねんきんFAQ  | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第145回(障害厚生年金の配偶者加給年金額が支給されなくなるとき)


◆ 障害厚生年金の配偶者加給年金額が支給されなくなるとき


障害厚生年金の配偶者加給年金額の対象となる配偶者が以下のいずれかに該当したときは、該当した月の翌月から配偶者加給年金額は支給されなくなります。

① 死亡したとき
② 受給権者による生計維持の状態がなくなったとき
③ 65歳に達したとき
④ 配偶者が老齢厚生年金(厚生年金保険の被保険者期間が20年以上あるもの)、障害厚生年金、障害基礎年金などを受けられるようになったとき

なお、ケースによっては(①や②など)、「加算額・加給年金額対象者不該当届(様式第205号)」の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-10-26 01:03 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback