タグ:配偶者加給年金額 ( 80 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編27


<Q1> 私の厚生年金保険の加入期間が20年以上となると夫の配偶者加給年金は停止ですか?(34年12月生まれ)

 <A1> 厚生年金保険が240月以上で支給開始年齢の61歳になると夫の配偶者加給年金額は停止になります。ただし、在職老齢年金の仕組みにより全額支給停止の場合は、引き続き加給年金は加算されます。

<Q2> 配偶者加給年金額は配偶者が年上の時はもらえないのですか?

 <A2> 長期加入者の特例や障害者特例などを除けば‥本人が65歳時に対象となる配偶者が65歳以上の場合は、加給年金は加算されません。配偶者へは振替加算が加算されます。

<Q3> 繰上げをしたら加給年金額ももらえますか?

 <A3> 繰上げを下としても、加給年金額は65歳時から加算されます。

by nenkin-matsuura | 2018-12-10 00:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第145回(障害厚生年金の配偶者加給年金額が支給されなくなるとき)


◆ 障害厚生年金の配偶者加給年金額が支給されなくなるとき


障害厚生年金の配偶者加給年金額の対象となる配偶者が以下のいずれかに該当したときは、該当した月の翌月から配偶者加給年金額は支給されなくなります。

① 死亡したとき
② 受給権者による生計維持の状態がなくなったとき
③ 65歳に達したとき
④ 配偶者が老齢厚生年金(厚生年金保険の被保険者期間が20年以上あるもの)、障害厚生年金、障害基礎年金などを受けられるようになったとき

なお、ケースによっては(①や②など)、「加算額・加給年金額対象者不該当届(様式第205号)」の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-10-26 01:03 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編26


<Q1> 最近入籍しましたが、加給年金はもらえますか?(68歳)

 <A1> 加給年金の開始年齢の65歳までに、その対象者がいる必要があります。生計維持の開始が68歳の場合は対象外になります。

<Q2> 65歳から配偶者加給年金額をもらえると思うんですが、何か手続きが必要ですか?(64歳)

 <A2> 誕生月にハガキ(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきたら、お二人の氏名等を書いて提出をお願いします。

<Q3> 今回年金が64,000円ほど下がりました。。

 <A3> 誕生月に送付の生計維持確認届が出ていないときは、配偶者加給年金額がいったん保留となります。今までどおり生計維持がある場合は、提出によりさかのぼって加給年金が支払われます。

by nenkin-matsuura | 2018-09-10 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編25


<Q1> 配偶者加給年金額の加算は65歳でしょ?62歳の時点で書類(戸籍など)が必要?

 <A1> 最初に書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者の所得証明書など)を提出しておけば、65歳時は案内(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきます。

<Q2> 妻は239月までのほうがいいですか?

 <A2> 年上の夫の厚生年金保険が240月以上あるときは、妻へ振替加算が加算されます。妻の厚生年金保険が240月以上あると、夫への配偶者加給年金額の加算期間が短くなったりすることがあります。

<Q3> 妻が年金をもらったら加給年金額は停止ですか?(妻は32年生まれ。厚生年金保険に20月、共済組合に300月加入)

 <A3> はい。奥様が60歳時の特別支給の老齢厚生年金の受給時はまだ加算されますが、63歳時の共済組合からの特別支給の共済年金の受給時に配偶者加給年金額は停止となります。

by nenkin-matsuura | 2018-06-25 00:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 505(夫婦の年の差があるとき(第3号被保険者と加給年金額))

◇ 夫婦の年の差があるとき(第3号被保険者と加給年金額)


夫婦の年の差があるときは年金にも影響があります。(´。•ㅅ•。`)

配偶者の扶養になっているときは、第3号被保険者となることができますが、その配偶者が厚生年金保険に加入している場合でも、65歳になり老齢年金の受給権があるときは、第3号被保険者とはならず、第1号被保険者へ切り替える必要があります。
例えば、
夫65歳、厚生年金保険に加入中、老齢年金の受給権あり
妻52歳、第3号被保険者
このケースの場合は妻は第1号被保険者となる必要があります。

一方、厚生年金保険に20年以上加入しているなどの要件を満たすと、老齢厚生年金に配偶者加給年金額が加算されますが、原則として対象者が65歳まで加算されるため、年の差があると長く加算されます。

by nenkin-matsuura | 2018-06-06 00:16 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2018年3月号(平成30年度の年金額)

● 平成30年度の年金額


平成30年度の年金額については、29年度の年金額から据え置きとなります。(額は変わらず。)

主な年金額は…
・老齢基礎年金(満額) … 779,300円
・配偶者加給年金額(老齢年金、昭和18年4月2日以降生まれの場合)
  … 389,800円
・子の加算額(第1子、第2子) … 224,300円
・子の加算額(第3子以降) … 74,800円
・障害基礎年金(1級) … 974,125円
・障害基礎年金(2級) … 779,300円

by nenkin-matsuura | 2018-03-30 00:39 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 484(在職老齢年金と配偶者加給年金額)

◇ 在職老齢年金と配偶者加給年金額


在職し厚生年金保険に加入している場合は、標準報酬月額や標準賞与額などにより、年金の一部または全額が停止となることがあります。

一定の要件を満たすと、配偶者加給年金額が加算されますが、在職中により報酬比例部分(基金代行額を含む)が全額支給停止となるときは、配偶者加給年金額も停止となってしまいます。( ✧Д✧)

例えば、
本人66歳、配偶者加給年金額の対象者ありの場合
在職老齢年金の仕組みにより報酬比例部分が全額支給停止の場合は、配偶者加給年金額も停止になります。

なお、在職中の場合でも報酬比例部分が一部でも支給されているときは、配偶者加給年金額が加算されます。

by nenkin-matsuura | 2018-01-11 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第485問(生計同一関係に関する申立書)

Q 以下のうち、「生計同一関係に関する申立書」が必要となるケースを選んでください ? ☆☆

① 障害基礎年金を独身者が請求する。
② 夫死亡による遺族厚生年金を住所が同じで戸籍上の妻が請求する。
③ 特別支給の老齢厚生年金を戸籍は同じだが住所が別の夫が請求する。(配偶者加給年金額の対象者あり。生計も同一。)


d0132289_21310946.jpg


 A ③ 特別支給の老齢厚生年金を戸籍は同じだが住所が別の夫が請求する。(配偶者加給年金額の対象者あり)
point 配偶者加給年金額が加算されるケースなどで、その配偶者と住所の場合などは、「生計同一関係に関する申立書」を添付します。その際は生計が同じであったことがわかる資料(通帳への送金の記録)などとともに第三者からの証明が必要になります。

by nenkin-matsuura | 2018-01-10 00:10 | ねんきんQuiz | Trackback(1)  

ねんきんFAQ 年金の受け取り編21

<Q1> 11月に年金が入っていましたが。。

 <A1> 9月1日で厚生年金保険被保険者の資格を喪失され、本来10月に増額分が支払いとなるところ、間に合わずに11月15日にずれて支払いとなっているようです。

<Q2> 配偶者加給年金額の過払いがあったようで、それで少なくなっている?

 <A2> はい、配偶者加給年金額が加算されなくなり、さらに1か月分の過払い分を差し引いての支払いとなっているようです。

<Q3> 共済組合から遺族年金の証書が2枚届きましたが、額がよくわからなくて。。

 <A3> ご自分の老齢厚生年金の額を差し引いた差額になりますが、遺族厚生年金(年金コード1450)との案文により停止額が決まっています。

by nenkin-matsuura | 2017-12-04 03:44 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 469(振替加算の要件など)

◇ 振替加算の要件など


老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になるまで加算され、配偶者が65歳になった後は、配偶者の老齢基礎年金に振替加算として加算されます。(振替加算の対象者が年上の場合は、定額部分支給開始など要件を満たした際に手続きが必要)

65歳時(または65歳以降に、配偶者が定額部分発生時)の支給額変更通知書の裏面下部の国民年金(基礎年金)の欄の「加給年金額または加算額」の項目に数字が入っていればその額が振替加算の額になります。

なお、どちらか(または双方)が旧法の対象者である場合や、お互い20年以上(中高齢者の特例は15年~19年)の厚生年金保険の加入がある場合などは振替加算は加算されません。(;´・Д・)

by nenkin-matsuura | 2017-09-27 00:05 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback