タグ:遺族基礎年金 ( 49 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 559(年金手帳の交付など)


◇ 年金手帳の交付など


20歳時に、国民年金被保険者関係届書により、国民年金の第1号被保険者となると、年金手帳が交付(送付)されます。(。・x・)ゞ

年金手帳は、免除の手続きの際や、就職し厚生年金保険に加入する際などで使用します。

20歳より前に厚生年金保険に加入した場合や、障害厚生年金、遺族基礎年金、遺族厚生年金などを受給している(していた)場合などは、20歳時には年金手帳は交付されません。

もし、年金手帳を紛失した場合は、年金事務所の窓口等で再交付を受けることもできます。

by nenkin-matsuura | 2019-06-19 01:49 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第527問(所得証明書の代わり)

Q 所得証明書の代わりとなるものを以下のうちから選んでください。
※遺族基礎年金を請求するものとし、請求者は17歳(高校生)とする。
☆☆

① 印鑑登録証明書
② 給与明細書
③ 学生証


d0132289_20480839.jpg


                                           A ③ 学生証
point 高校在学中の場合は、学生証の写しや在学証明書などの添付によって、所得証明書の代わりとすることができます。なお、義務教育終了前の中学生や小学生などは、所得証明書の添付は不要です。

by nenkin-matsuura | 2018-10-31 00:13 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第524問(年金額)

Q 物価スライドなどによっても年金の額が変わらない年金を選んでください。
☆☆

① 遺族基礎年金
② 付加年金
③ 特別支給の老齢厚生年金

d0132289_18342950.jpg


                                        A ② 付加年金
point 付加年金は定額であるため、物価スライドによる増額や減額はありません。
付加年金の計算式は、「200円×付加保険料納付月数」です。
なお、遺族基礎年金や特別支給の老齢厚生年金は、物価スライド等による増額や減額があります。


by nenkin-matsuura | 2018-10-11 00:15 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 遺族年金編32


<Q1> 旧姓に戻したら遺族年金はどうなりますか?

 <A1> 引き続き遺族厚生年金や遺族基礎年金をもらうことができます。口座名義の変更などの手続きが必要です。

<Q2> 遺族厚生年金をもらっていると、繰下げはできないのですか?

 <A2> はい。遺族厚生年金の受給権がある場合は、老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げはできません。

<Q3> 近所の方は遺族年金を6万もらっているそうですが、私は2万しか‥

 <A3> 亡くなられた方の報酬比例部分の額や加入年数などで遺族厚生年金の額はまちまちです。また、ご自身の老齢厚生年金の額が多いとその分遺族厚生年金は少なくなります。

by nenkin-matsuura | 2018-10-01 00:11 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第517問(収入に関する認定書類)

Q 以下のうち、収入に関する認定書類が不要となる者を選んでください。(遺族基礎年金を請求するものとする。)

① Aさん、18歳、高校生
② Bさん、15歳、高校生
③ Cさん、13歳、中学生


d0132289_18282034.jpg



                                 A ③ Cさん、13歳、中学生
point 義務教育終了前の場合は、収入に関する認定書類(所得証明書など)は不要です。
なお、AさんやBさんの場合は、高校生であるため、所得証明書または学生証の写しなどが必要となります。

by nenkin-matsuura | 2018-08-23 00:25 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

労災との調整(遺族年金)


■ 労災との調整(遺族年金)


厚生年金保険や国民年金の遺族給付と遺族補償年金などの労災の年金の受給権があるときは、労災の年金側が調整となります。

その調整率は…

・遺族厚生年金及び遺族基礎年金
 →遺族補償年金、遺族年金が × 0.80

・遺族厚生年金
 →遺族補償年金、遺族年金が × 0.84

・遺族基礎年金
 →遺族補償年金、遺族年金が × 0.88

by nenkin-matsuura | 2018-07-27 00:06 | 年金 あれこれ | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第512問(中高齢の加算)

Q 中高齢の加算の要件について、4つのカッコ内の数字の合計額を①~③のうちから選んでください ? ☆☆☆

「夫が亡くなったとき(  )歳以上(  )歳未満で生計を同じくしている子がいない妻。または、遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻が、子が(  )歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は(  )歳に達した)等のため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。」

① 133
② 138
③ 143


d0132289_19191453.jpg



                                            A ③ 143
point 40+65+18+20=143
「夫が亡くなったとき(40)歳以上(65)歳未満で生計を同じくしている子がいない妻。または、遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻が、子が(18)歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は(20)歳に達した)等のため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。」
要件を満たせば、妻が40歳から65歳になるまでの間、584,500円が中高齢の加算として遺族厚生年金にプラスされます。

by nenkin-matsuura | 2018-07-18 00:17 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第504問(中高齢の加算)

Q (現時点において)中高齢の加算がある人を以下のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも、厚生年金保険に25年加入した夫が死亡し遺族厚生年金の受給権があるものとする。

① 山さん、42歳、18歳未満の子あり
② 川さん、37歳、子なし
③ 空さん、45歳、子なし


d0132289_19450004.jpg


                               A ③ 空さん、45歳、子なし
point 40歳以上65歳未満で、子がいない場合は、584,500円の中高齢の加算があります。
なお、①の山さんは、子が18歳以上となり遺族基礎年金の受給権がなくなるとその後、中高齢の加算が遺族厚生年金にプラスとなります。


by nenkin-matsuura | 2018-05-23 00:09 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 463(子が障害の状態となった場合)

◇ 子が障害の状態となった場合


老齢厚生年金や障害基礎年金、遺族基礎年金には子の加算がつくことがあります。(∵)

子の加算に該当する子は、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子ですが、障害等級の1級または2級の状態にある子は20歳未満までが対象となります。

子が1級または2級以上の障害の状態となった場合(1級または2級となっていたが提出していなかった場合も含む)は、診断書等を添えて市区町村や年金事務所の窓口へ提出をします。

なお、老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金を含む)に子の加算が付くには、厚生年金保険の被保険者期間が20年(240月)以上ある必要があります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-18 04:41 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 遺族年金編28

<Q1> 父は10年前に死亡しましたが、母が遺族年金をもらっていないような・・(死亡者の加入期間は国民年金のみ)

 <A1> 国民年金の遺族基礎年金は、子のある配偶者などの要件を満たす必要があります・・

<Q2> 「旧陸海軍等の旧共済組合の組合員であったことがありますか。」のところは?

 <A2> 「2.いいえ」に丸を付けてください

<Q3> (住民票の除票は)除籍謄本のことですか?

 <A3> 除籍謄本ではなく、亡くなられた方の住民票の除票が別に必要です

by nenkin-matsuura | 2017-04-17 00:23 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)