タグ:遺族厚生年金 ( 100 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第589問(短期要件)


Q 短期要件の遺族厚生年金となるケースを以下のうちから選んでください。
☆☆

① 老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給者の死亡(被保険者ではない)
② 特別支給の老齢厚生年金の受給者の死亡(被保険者ではない)
③ 特別支給の老齢厚生年金の受給者の死亡(厚生年金保険の被保険者)



ねんきんQuiz-第589問(短期要件)_d0132289_20523258.jpg



       A ③ 特別支給の老齢厚生年金の受給者の死亡(厚生年金保険の被保険者)
point 厚生年金保険の被保険者の死亡の場合は短期要件の遺族厚生年金となり、300月とみなして計算する等の計算式の違いがあります。
なお、他には、厚生年金保険の被保険者であった人が、被保険者期間中に初診日のある病気・けががもとで初診日から5年以内に死亡したときや、1級または2級の障害厚生年金の受給権者が死亡したときは短期要件の遺族厚生年金になります。

by nenkin-matsuura | 2020-01-16 00:15 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 581(年金生活者支援給付金を考慮した選択)


◇ 年金生活者支援給付金を考慮した選択


年金の受給権が複数あるときは、いずれかの年金を選択する必要がある場合があります。( •⌄• )◞

一方、選択する年金によっては、年金生活者支援給付金が受給できなくなる場合もあります。

例えば、
Aさん(63歳)
2級の障害基礎年金(78万100円)と
遺族厚生年金(80万円)の受給権あり
障害年金生活者支援給付金の条件を満たしているとする。

上記例の場合、65歳まではどちらかの年金を選択することになります。
額面だけだと、遺族厚生年金が高いですが、障害基礎年金を選択すると月5千円で年6万円の年金生活者支援給付金を受給することができるため、遺族厚生年金の額を上回ることになります。
78万100円+6万円=84万100円>80万円

by nenkin-matsuura | 2019-11-21 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金編34


<Q1> マイナンバーがわかれば、住民票などは添付を省略できますか?(夫の死亡による遺族厚生年金の請求)

 <A1> はい。省略できるのは世帯全員の住民票と住民票の除票と請求者の所得証明書等です。戸籍謄本や死亡診断書の写しや通帳の写しなどは必要です。

<Q2> 子供の口座にも遺族年金が入るのですか?(母と子が遺族厚生年金と遺族基礎年金を請求)

 <A2> いいえ。お母様(死亡者の妻)の口座に遺族厚生年金と遺族基礎年金が入ります。

<Q3> 共済組合からも遺族年金の請求用紙が届きましたが、これも提出する必要がありますか?(厚生年金保険と共済組合からの年金の受給あり)

 <A3> 年金事務所の方へ提出をしていればワンストップにて厚生年金保険と共済組合の2つの遺族厚生年金の手続きをしたことにはなります。

by nenkin-matsuura | 2019-10-28 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 569(遺族厚生年金の子や孫の要件)


◇ 遺族厚生年金の子や孫の要件


遺族厚生年金を受けることができる遺族は、死亡当時、死亡した方によって生計を維持されていた配偶者や子などが受け取ることができます。(。ゝω・)ゞ

子や孫(子のある妻や子のない妻などの「子」を含む)とされる要件としては、
・死亡当時、18歳になった年度の3月31日までの間にあること
・20歳未満で障害等級1級または2級の障害の状態にあること
・婚姻していないこと

なお、死亡した当時、胎児であった子も出生以降に対象となります。

by nenkin-matsuura | 2019-08-29 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編24


<Q1> 遺族厚生年金を受給していますが、繰上げはしない方がいいのでしょうか?

 <A1> 繰上げ受給の老齢基礎年金及び老齢厚生年金と遺族厚生年金は、65歳までは選択になります。遺族厚生年金の額が多い場合は繰上げは控えていた方がいいかもしれません。

<Q2> 年金の額が少ないのは?

 <A2> (理由の)一つは、繰上げによって老齢基礎年金の額が少なくなっています…。

<Q3> 総受給逆転年月を超えると、額が元に戻るんですか?

 <A3> いいえ。本来受給と繰上げ受給の総額が同じとなるが総受給逆転年月です。繰上げを選択するときの一つの考慮ポイントです。

by nenkin-matsuura | 2019-08-05 01:42 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第548問(2階部分)

Q 公的年金制度において、いわゆる2階部分にあたる年金を以下のうちから選んでください。


① 遺族厚生年金
② 障害基礎年金
③ 老齢基礎年金


ねんきんQuiz-第548問(2階部分)_d0132289_19485145.jpg



                                      A ① 遺族厚生年金
point 遺族厚生年金のほか、老齢厚生年金や障害厚生年金が公的年金制度の2階部分にあたります。
1階の基礎部分としては、老齢基礎年金、遺族基礎年金、障害基礎年金などがあります。

by nenkin-matsuura | 2019-03-27 00:12 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金編33


<Q1> 遺族年金の額って4分の3と聞くんですけど‥

 <A1> 老齢基礎年金や加給年金などを除いた報酬比例部分の4分の3にて計算し、受給者が65歳以上の場合は、その額から自身の老齢厚生年金の額を引いた額が遺族厚生年金の額です。

<Q2> 遺族厚生年金と自分の老齢厚生年金(老齢基礎年金)は、どちらかを選べるんではないんでしょうか?

 <A2> 65歳までは選択ですが、65歳以降は老齢厚生年金と老齢基礎年金が優先して支給され、老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されます。

<Q3> 30代の子がいますが、親がなくなったら遺族厚生年金はもらえますか?

 <A3> 遺族厚生年金は子の場合は18歳到達後の3月まで(障害2級以上だと20歳まで)が対象です。死亡一時金などは受給対象になります。

by nenkin-matsuura | 2019-02-18 00:10 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第530問(年金証書)

Q 年金証書が2枚となるケースを以下のうちから選んでください。
☆☆

① Aさん、老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給している
② Bさん、障害基礎年金と障害厚生年金を受給している
③ Cさん、寡婦年金を受給している(遺族厚生年金は選択により停止中)


ねんきんQuiz-第530問(年金証書)_d0132289_20423939.jpg



    A ③ Cさん、寡婦年金を受給している(遺族厚生年金は選択により停止中)
point Cさんの場合は寡婦年金の年金証書と遺族厚生年金の年金証書の2枚所持していることになります。
なお、AさんとBさんは、1枚のみの年金証書になります。(年金の種類や管掌機関が同じであるため)

by nenkin-matsuura | 2018-11-22 00:12 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第512問(中高齢の加算)

Q 中高齢の加算の要件について、4つのカッコ内の数字の合計額を①~③のうちから選んでください ? ☆☆☆

「夫が亡くなったとき(  )歳以上(  )歳未満で生計を同じくしている子がいない妻。または、遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻が、子が(  )歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は(  )歳に達した)等のため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。」

① 133
② 138
③ 143


ねんきんQuiz-第512問(中高齢の加算)_d0132289_19191453.jpg



                                            A ③ 143
point 40+65+18+20=143
「夫が亡くなったとき(40)歳以上(65)歳未満で生計を同じくしている子がいない妻。または、遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻が、子が(18)歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は(20)歳に達した)等のため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。」
要件を満たせば、妻が40歳から65歳になるまでの間、584,500円が中高齢の加算として遺族厚生年金にプラスされます。

by nenkin-matsuura | 2018-07-18 00:17 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第504問(中高齢の加算)

Q (現時点において)中高齢の加算がある人を以下のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも、厚生年金保険に25年加入した夫が死亡し遺族厚生年金の受給権があるものとする。

① 山さん、42歳、18歳未満の子あり
② 川さん、37歳、子なし
③ 空さん、45歳、子なし


ねんきんQuiz-第504問(中高齢の加算)_d0132289_19450004.jpg


                               A ③ 空さん、45歳、子なし
point 40歳以上65歳未満で、子がいない場合は、584,500円の中高齢の加算があります。
なお、①の山さんは、子が18歳以上となり遺族基礎年金の受給権がなくなるとその後、中高齢の加算が遺族厚生年金にプラスとなります。


by nenkin-matsuura | 2018-05-23 00:09 | ねんきんQuiz | Trackback