タグ:適用事業所 ( 12 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 加入記録編30


<Q1> 65歳で年金をもらっていますが、勤務していたら厚生年金保険に加入する必要があるのでしょうか?(フルタイムで勤務)

 <A1> 株式会社などの厚生年金の適用事業所にフルタイムで勤務していれば、70歳までは厚生年金保険に加入することとなります。

<Q2> まとめて国民年金を払っていますが、途中で就職した場合はどうなりますか?

 <A2> 勤務先で厚生年金保険に加入することとなった場合は、前納していた国民年金保険料は還付となります。

<Q3> 掛けていた年金を清算する方法はありますか?(50代、男性)

 <A3> 原則、一時金などで清算する方法はありません。(外国人や女子の脱退手当金の特例などを除く)

by nenkin-matsuura | 2019-09-17 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第567問(適用事業所)

Q 以下のカッコ内に入る数字を①~③のうちから選んでください。


「株式会社などの法人の事業所(事業主のみの場合を含む)は厚生年金保険の適用事業所となる。また、従業員が常時( )人以上いる個人の事業所についても、農林漁業、サービス業などの場合を除いて厚生年金保険の適用事業所となる。」

① 1
② 5
③ 10


d0132289_13451617.jpg


                                         A ② 5
point 5人。
「株式会社などの法人の事業所(事業主のみの場合を含む)は厚生年金保険の適用事業所となる。また、従業員が常時()人以上いる個人の事業所についても、農林漁業、サービス業などの場合を除いて厚生年金保険の適用事業所となる。」

by nenkin-matsuura | 2019-08-08 06:44 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第519問(在職老齢年金)

Q 在職老齢年金について、〇か×かで答えてください。 ☆☆


① 遺族厚生年金も在職老齢年金の対象となる 〇 or ×
② 70歳以降は在職老齢年金の対象外である 〇 or ×
③ 経過的加算額は在職老齢年金の対象外である 〇 or ×


d0132289_19313471.jpg


                                  A ① × ② × ③ 〇
point
① 遺族厚生年金は在職老齢年金の対象にはなりません。
② 70歳以降も厚生年金保険の適用事業所に勤務している場合(健康保険に加入している場合)は、在職老齢年金の対象となります。
③ 経過的加算額は在職老齢年金の計算の対象外です。

by nenkin-matsuura | 2018-09-06 00:30 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 358(70歳以降の在職老齢年金)

◇ 70歳以降の在職老齢年金

65歳以降に厚生年金保険に加入している場合は、老齢厚生年金(経過的加算額を除く)について、在職老齢年金の仕組みにより停止となるときがあります(。・´д`・。)
70歳以降に厚生年金保険の適用事業所にて使用される場合は、同様に、標準報酬月額及び標準賞与額に相当する額によっては停止となることもあります

例えば、
報酬比例部分=月10万円
標準報酬月額に相当する額=41万円
直近1年の標準賞与額に相当する額=120万円=月10万円
の場合、
10万円+41万円+10万円=61万円
(61万円-47万円)÷2=7万円
月7万円が停止額となります

by nenkin-matsuura | 2015-08-05 00:34 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 加入記録 編20

<Q1> 加入していなかったのかな?

 
 <A1> はい…お勤めされていた数年後の昭和○○年から厚生年金保険の適用事業所となっているようで…当時はまだ…はい、適用前の期間に…

<Q2> 共済組合から、「国民年金があるときは年金加入期間確認通知書を」といわれて…夫の扶養だっと思うんです(昭和50年代)

 <A2> はい、記録上は共済組合のみのようで…当時は扶養の場合は、国民年金が任意加入の時代でした…3号被保険者は61年4月からになります…

<Q3> あいているところはありますか?

 <A3> …はい、平成21年の8、9月の2か月が国民年金の未納期間になります 後納により今からでも納付することは可能です

by nenkin-matsuura | 2014-10-24 00:37 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 264

◇ 70歳以降も在職する場合

厚生年金保険に加入している人が70歳になると、その資格を喪失し厚生年金保険料を掛ける必要はなくなりますが、引き続き在籍する場合は健康保険のみの加入となります
また、老齢厚生年金については、(昭和12年4月2日以降生まれで)70歳以降も厚生年金保険の適用事業所に在籍している場合は、在職老齢年金の支給調整の対象となります(*´;ェ;`*)

なお、調整の際は、65歳以上の在職老齢年金の支給調整の仕組みが適用されます(老齢基礎年金と経過的加算は調整の対象とならず、額に関係なく支給される)

by nenkin-matsuura | 2013-10-17 00:46 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ブログ de 健康保険 73

 被保険者資格取得届(備考欄)

健康保険・厚生年金保険の適用事業所において、新たに従業員を採用したときなどは、事業主は「被保険者資格取得届」を保険者等に提出します

被保険者資格取得届には備考欄があり、以下のようなことを記入します
・前に健康保険の被保険者であった者については、その資格取得年月日、最後の事業所の名称と所在地
・年金手帳に記載されている氏名に変更がある場合は、変更前の氏名
・健康保険の資格喪失後の継続保険給付を受けている人については、その旨および給付の種類、その給付が療養の給付または傷病手当金であるときは、その傷病名

by nenkin-matsuura | 2013-04-05 00:28 | ブログ de 健康保険 | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第224問

Q 次のうち、長期加入者の特例に該当する人を選んでください ? ☆☆ 
※全て昭和28年1月10日生まれの男性とする

① Xさん、A社で400月、B社で120月厚生年金保険に加入、国民年金を8月納付している
② Yさん、A社で400月、B社で128月、現在もB社で厚生年金保険に加入している
③ Zさん、A社で400月、B社で128月厚生年金保険に加入、現在は退職している 
d0132289_005520.jpg

 A ③ Zさん、A社で400月、B社で128月厚生年金保険に加入、現在は退職している
point 厚生年金保険の被保険者期間が44年(528月)以上となり、被保険者資格を喪失(退職)している場合は、長期加入者の特例として、報酬比例部分+定額部分(+加給年金)を受けられます
なお、会社(適用事業所)が違っていても前後の厚生年金保険の期間は通算できますが、国民年金の期間は、長期加入者の特例の期間をみるにあたっては除いて計算します

by nenkin-matsuura | 2013-01-10 00:15 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金加入記録について その76

 平成9年4月1日と平成14年4月1日

d0132289_23391692.jpg・平成9年4月1日
から、旧公共企業体の三共済組合(日本たばこ産業共済組合、日本電信電話共済組合、日本鉄道共済組合)の長期給付事業は、厚生年金保険に統合されました
これにより、一定の要件を満たし、厚生年金保険の適用事業所に使用されていた人は、平成9年4月1日に厚生年金保険の被保険者資格を取得することとなりました

・平成14年4月1日
から、農林漁業団体職員共済組合が厚生年金保険に統合されました
これにより、一定の要件を満たし、農林漁業団体等に使用されたいた人は、平成14年4月1日に厚生年金保険の被保険者資格を取得することとなりました

by nenkin-matsuura | 2012-12-04 00:03 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)  

年金加入記録について その62

 65歳以上の加入(平成14年4月1日)

d0132289_0251368.jpg現在、厚生年金保険は70歳まで(誕生日の前日に資格喪失)加入することができますが、平成14年3月31日以前は、その上限は65歳まで(誕生日の前日に資格喪失)でした

例えば、
Aさん、昭和10年10月25日生まれ、厚生年金保険の適用事業所に勤務として、
記録上は、
65歳になる平成12年10月24日にいったん資格を喪失し、
65歳以上も加入することとなった平成14年4月1日に資格を再取得することとなります
(その後も勤務していた場合は、70歳になる平成17年10月24日に資格喪失)

なお、65歳以上で老齢又は退職を支給事由とする年金の受給権をもっている場合は、厚生年金保険の被保険者であっても第2号被保険者とはならないため、被扶養配偶者がいても、当該配偶者は第3号被保険者とはならず第1号被保険者となります

by nenkin-matsuura | 2011-10-25 00:57 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)