タグ:診断書 ( 56 ) タグの人気記事

 

障害年金の手続・仕組みなど第159回(診断書の記載要領(肢体の障害用、おもて面))


◆ 診断書の記載要領(肢体の障害用、おもて面)


・障害基礎年金・障害厚生年金の診断書作成の留意事項(肢体の障害用)

診断書の⑪切断又は離断・変形・麻痺の欄
 切断又は離断、変形、感覚麻痺、運動麻痺がある場合は、その部位がわかるように記入してください。

診断書の⑫脊柱の障害の欄
 脊柱に障害がある場合は、他動可動域による測定値を記入してください。

診断書の⑬人工骨頭・人工関節の装着の状態の欄
 挿入置換後の状態で特記すべきことがあれば、裏面の㉓欄に詳しく記入してください。

by nenkin-matsuura | 2020-01-10 00:19 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第587問(肢体の障害用の診断書)


Q 肢体の障害用の診断書の⑱の欄において、「〇△」と記載された場合の障害の程度を以下のうちから選んでください。
☆☆☆

① 一人でできるが非常に不自由な場合
② 一人でできてもやや不自由な場合
③ 一人でうまくできる場合



ねんきんQuiz-第587問(肢体の障害用の診断書)_d0132289_12511859.jpg


                               A ② 一人でできてもやや不自由な場合
point 肢体の障害用の診断書の⑱日常生活における動作の障害の程度の欄においては、つまむ、片足で立つなどの動作を4段階の記号で表示されます。
「〇」…一人でうまくできる場合
「〇△」…一人でできてもやや不自由な場合
「△×」…一人でできるが非常に不自由な場合
「×」…一人で全くできない場合

by nenkin-matsuura | 2019-12-26 06:16 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第155回(障害年金の受給者に係る変更点②)


◆ 障害年金の受給者に係る変更点②


・障害状態確認届(診断書)の作成期間が拡大
 …今までは誕生月の前月末~当月上旬までに送付されていた障害状態確認届(診断書)ですが、これからは、誕生月の3か月前の月末に送付されることとなります。(診断書の提出期限が令和元年8月以降となる場合からが対象です。)

・障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間が拡大
 …今までは障害給付額改定請求書には、提出する日前一か月以内の障害の状態を記入した診断書を添付することとなっていましたが、これからは、提出する日前3か月以内の障害の状態を記入した診断書を添付することが可能となっています。(令和元年8月以降の請求分が対象です。)

by nenkin-matsuura | 2019-09-13 00:04 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんnews 2019年8月号(障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間の拡大)


● 障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間の拡大


令和元年8月より、障害基礎年金や障害厚生年金の受給者向けの額改定請求に添付する診断書の作成期間(現症日)が拡大となっています。

今までは、額改定請求をする1か月以内の状態を記した診断書の添付が必要でしたが、これから(元年8月から)は、額改定請求をする3か月以内の状態を記した診断書の添付へと作成期間が拡大されています。

by nenkin-matsuura | 2019-08-30 00:12 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2019年6月号(所得状況届の提出が不要に(20歳前傷病による障害基礎年金))


● 所得状況届の提出が不要に(20歳前傷病による障害基礎年金)


令和元年より、20歳前傷病による障害基礎年金に係る「所得状況届(ハガキ)」の提出が原則不要となる予定です。

日本年金機構が市区町村から所得情報の提供を受けることとなるため、これまで提出が必要だった所得状況届(ハガキ)の原則提出が不要となります。

20歳前傷病による障害基礎年金の受給者に対して、所得状況届の提出が不要な旨と診断書の提出時期や作成期間が変わる旨が記載された周知のためのハガキが送付されています。

by nenkin-matsuura | 2019-06-28 00:09 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第540問(診断書)

Q 障害年金の診断書において、赤字で記載されている箇所を以下のうちから選んでください。
☆☆

① 現症日(年月日)
② 傷病名
③ 既往歴


ねんきんQuiz-第540問(診断書)_d0132289_21335143.jpg



                                      A ① 現症日(年月日)
point 現症日(平成  年  月  日現症)は赤字で記載されています。
また、(必ず記入してください。)の文字なども赤字で表示されています。(現症時の日常生活活動及び労働能力、予後の欄など)

by nenkin-matsuura | 2019-01-30 00:15 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第146回(診断書の記載要領(眼の障害用))


◆ 診断書の記載要領(眼の障害用)


・障害基礎年金・障害厚生年金の診断書作成の留意事項(眼の障害用)
 
診断書の⑩欄の(2)
 視野障害がある場合、ゴールドマン視野計の測定により、①にI/4の測定結果を②-1にI/2の測定結果を記入するとともに、②-2中心視野の角度欄には、左右8方向の角度と計を記入してください。

なお、診断書は、原則A3版の両面印刷にて医師が作成します。(A4版でも受付は可能。)片面印刷(2枚)となる場合は、医療機関にて割り印もしくは、それぞれに医師の署名・捺印が必要です。また、割り印は、診断書を作成した医師の印で割るか、医療機関名の印で割る必要があります。

by nenkin-matsuura | 2018-11-09 00:07 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第516問(診断書の様式)

Q 障害年金の請求用の診断書において、「教育歴」の欄がある診断書の様式を以下のうちから選んでください。 ☆☆


① 精神の障害用
② 肢体の障害用
③ 眼の障害用


ねんきんQuiz-第516問(診断書の様式)_d0132289_22020573.jpg


                                      A ① 精神の障害用
point 精神の障害用の診断書には、教育歴の欄があり、普通学級か特別支援学級・特別支援学校に丸を付けるようになっています。
同診断書には、ほかにも「発育・養育歴」や「職歴」の欄などがあります。

by nenkin-matsuura | 2018-08-15 00:17 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 併給調整(選択)編21


<Q1-1> 障害者特例をもらっていましたが、65歳以降はどうなりますか?

 <A1-1> 一番多いのは、障害基礎年金+老齢厚生年金の組み合わせです。

<Q1-2> 障害基礎年金と老齢厚生年金をもらいたいのですが、手続きは?

 <A1-2> 障害基礎年金が停止になっていたため、医師からの診断書が必要です。年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)の提出も必要です。

<Q2> さかのぼって障害者特例の請求をしたいです。(障害厚生年金3級を受給中)

 <A2> 61歳にさかのぼって、請求可能です。失業保険をもらっていた期間や厚生年金保険に加入中は障害厚生年金を選択、それ以外は障害者特例のほうが多いようです。(さかのぼって障害厚生年金との差額が支給される。)

by nenkin-matsuura | 2018-08-13 00:26 | ねんきんFAQ  | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第143回(通常の診断書と障害状態確認届の診断書の違い)


◆ 通常の診断書と障害状態確認届の診断書の違い


障害年金を請求するには医師からの診断書が必要ですが、受給が決定した後も症状などによっては、定期的に診断書(障害状態確認届)の提出が必要となることがあります。

障害状態確認届での診断書の場合、通常の診断書と比べて、発病日や初診日や初診時所見などの欄がありません。

一方、加給年金額の対象者がいる場合や7月時の所得状況届を兼ねているときは、診断書の上部に、受給権者や加給年金額の対象者の氏名等を書く欄があります。

by nenkin-matsuura | 2018-08-10 00:05 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback