タグ:若年者納付猶予 ( 17 ) タグの人気記事

 

ねんきん豆知識122(免除制度のいろいろ)

<免除制度のいろいろ>


ねんきん豆知識122(免除制度のいろいろ)_d0132289_00094610.jpg
・全額免除制度
 … 国民年金保険料を納めなくても、受給資格期間にプラスされ、老齢基礎年金の額の計算に(21年4月以降は2分の1)反映されます

・一部免除制度
 … 国民年金保険料の一部納付にて、受給資格期間にプラスされ、老齢基礎年金の額の計算に(納付額に応じ)反映されます

・退職特例制度
 … 失業を理由として「免除制度」、「納付猶予制度」の申請ができます

・若年者納付猶予制度
 … 30歳未満(学生以外)で、前年所得が一定以下の場合、年金の受給資格期間に反映されます

・学生納付特例制度
 … 在学中で前年所得が一定以下の場合、年金の受給資格期間に反映されます

by nenkin-matsuura | 2015-12-22 00:28 | ねんきん豆知識 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 339(全ての区分の免除申請)

◇ 全ての区分について免除申請をする時

国民年金保険料の免除には、
① 全額免除
② 納付猶予(30歳未満に限る)
③ 4分の3免除
④ 半額免除
⑤ 4分の1免除
などの種類(区分)がありますヽ|・ω・|ゞ

申請により、本人、配偶者、世帯主(若年者納付猶予を除く)各々の前年の所得が一定額以下の場合や失業等の理由がある場合、全額免除や一部免除、納付猶予となります

5つある免除について全ての区分を同時に申請する時は、「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」の免除区分の欄は何も記入せずに提出します
なお、免除区分の欄に何も記入しなかったときは上記①→②→③→④→⑤の順にての審査となります

by nenkin-matsuura | 2015-03-25 00:07 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2014年1月号

 厚生労働省は23日、国民年金保険料の納付率を向上させるため、保険料の全額免除の申請手続きを民間業者で受け付けできる案をまとめた。これまでは市町村の窓口で申請する必要があったが、未納者に電話や戸別訪問している民間業者で受け付けできるようにし、納付率の向上を図るのが狙い。国民年金法改正案などを通常国会に提出する。

免除には、全額・4分の3・半額・4分の1の4種類があり、また、学生納付特例や30歳未満の若年者納付猶予もある

未納者のほかにも未加入となっている人(基礎年金番号がない人を含む)に対しても、加入&免除の手続ができるよう推進していきたいところです 

by nenkin-matsuura | 2014-01-31 00:48 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第242問

Q 以下の納付記録の場合、障害基礎年金の保険料納付要件を満たしているかについて、①②から選んでください ? ☆★ 
Aさん26歳、国民年金保険料は納付したことがないが、20歳~22歳までは学生納付特例(学生免除)、その後現在までは若年者納付猶予を受けている(20歳~現在まで国民年金に加入しており、未納はない) 障害等級2級の障害がある(初診日は24歳の頃) ※障害基礎年金受給の他の要件は満たしているものとする

① 保険料納付要件を満たしていない
② 保険料納付要件を満たしている 
ねんきんQuiz-第242問_d0132289_23593169.jpg

                            A ② 保険料納付要件を満たしている 
point 保険料納付要件は、初診日の属する月の前々月までの公的年金の加入期間のうち、①保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上であることか、②直近1年間に滞納がないことが要件となっており、Aさんは納付猶予とそれ以前は学生納付特例(学生免除)を受けており、保険料納付要件を満たすこととなります

by nenkin-matsuura | 2013-05-16 00:28 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第241問

Q 国民年金保険料の追納が可能な人を、次のうちから選んでください ? ☆☆ 
※平成25年5月9日時点とする

① ラズベリーさん、平成10年4月から現在まで共済組合に加入している
② 楓さん、平成19年4月から21年3月まで若年者納付猶予を受けている 
③ つぐみさん、平成14年4月から15年1月まで全額免除を受けている
ねんきんQuiz-第241問_d0132289_075560.jpg

       A ② 楓さん、平成19年4月から21年3月まで若年者納付猶予を受けている
point 若年者納付猶予を受けていた期間は、10年間は追納が可能です 若年者納付猶予の期間は年金の受給資格期間には算入されますが、追納がなければ老齢基礎年金の額には反映されません
なお、①のラズベリーさんは、ずっと共済組合に加入しているため、③のつぐみさんは全額免除を受けた期間から10年経過しているため追納はできません

by nenkin-matsuura | 2013-05-09 00:15 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金加入記録について その70

 ねんきんネット(国民年金の年金記録(免除記録))

年金加入記録について その70_d0132289_2263232.jpg全免(赤色) … 全額免除で追納不可の月となります 平成21年3月以前の月は3分の1、21年4月以降は2分の1として年金額へ反映されます 

全免(茶色) … 全額免除で追納可能な月となります 平成21年3月以前の月は3分の1、21年4月以降は2分の1として年金額へ反映されます

1/4免(赤色) … 1/4免除で追納不可の月となります 平成21年3月以前の月は6分の5、21年4月以降は8分の7として年金額へ反映されます

1/4免(茶色) … 1/4免除で追納可能な月となります 平成21年3月以前の月は6分の5、21年4月以降は8分の7として年金額へ反映されます

半免(赤色) … 半額免除で追納不可の月となります 平成21年3月以前の月は3分の2、21年4月以降は4分の3として年金額へ反映されます 

半免(茶色) … 半額免除で追納可能な月となります 平成21年3月以前の月は3分の2、21年4月以降は4分の3として年金額へ反映されます

3/4免(赤色) … 3/4免除で追納不可の月となります 平成21年3月以前の月は2分の1、21年4月以降は8分の5として年金額へ反映されます 

3/4免(茶色) … 3/4免除で追納可能な月となります 平成21年3月以前の月は2分の1、21年4月以降は8分の5として年金額へ反映されます

学免(赤色) … 学生納付特例や若年者納付猶予期間で追納不可の月となります 受給資格期間には反映されますが、年金額には反映されません 

学免(茶色) … 学生納付特例や若年者納付猶予期間で追納可能な月となります 受給資格期間には反映されますが、年金額には反映されません

1/4未半未3/4未など、未が付く場合は未納として扱われる月の表示となります

by nenkin-matsuura | 2012-06-26 02:52 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その66

 納付記録Ⅲ(被保険者記録照会(資格・納付Ⅲ))

年金加入記録について その66_d0132289_013345.jpg当該年度中に保険料が納付された月数、免除の月数などが表示されます

左から、
「納」 … 納付月数
「全」 … 全額免除の月数
「3/4」 … 3/4免除の月数
「半」 … 半額免除の月数
「1/4」 … 1/4免除の月数
「学」 … 学生納付特例の月数
「猶」 … 若年猶予の月数
「付」 … 付加保険料の納付月数
の順で表示されます

例えば、
平成20年度に、納付月数が5月、半額免除が7月の場合は、
「平20-0500 0007 00000000」
平成21年度に、4分の1免除が3月、若年者納付猶予が9月の場合は、
「平21-0000 0000 03000900」
などと表示されます

by nenkin-matsuura | 2012-02-23 00:42 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんQuiz-第162問

Q 次の文章の3つのカッコ内に入る数字の合計額について、正しいものを選んでください ? ☆☆☆ 

『若年者納付猶予は、( )歳未満の第( )号被保険者が、本人・配偶者の前年または前々年の所得が一定額以下の場合において、申請により承認されると、国民年金保険料の納付が猶予される。当該納付猶予の期間は、( )以内の期間ならば、遡って追納することができる。』 

① 55
② 41 
③ 33

ねんきんQuiz-第162問_d0132289_0321326.jpg

                                             A ② 41
point 若年者納付猶予は、(30)歳未満の第(1)号被保険者が、本人・配偶者の前年または前々年の所得が一定額以下の場合において、申請により承認されると、国民年金保険料の納付が猶予される。当該納付猶予の期間は、(10)以内の期間ならば、遡って追納することができる。』
30+1+10=41となります
なお、若年者納付猶予制度は、平成17年4月に創設されました

by nenkin-matsuura | 2011-09-15 00:55 | ねんきんQuiz | Trackback  

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (上部)

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (上部)

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (上部)_d0132289_121774.jpg

国民年金保険料の免除(全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除)と若年者納付猶予に係る申請書となります

複数の免除等区分を同時に申請することができ、複数の免除等区分を申請した場合は、全額免除、納付猶予・4分の1納付、半額納付、4分の3納付の順序で審査されます
「前年所得」において、免除または納付猶予の申請を提出する月が1月から6月までの間にあるときは、前年を前々年に読み替えます(7月に申請し、前年7月以降の期間について遡って免除または納付猶予の承認を希望する場合も前々年と読み替える)

by nenkin-matsuura | 2011-08-31 01:19 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback(4)  

ねんきんQuiz-第141問

Q 次のうち、障害基礎年金の受給資格期間に反映されないもの(期間)を選んでください ?  
※すべて平成19年1月とする
① 甲さん 学生納付特例に係る期間であった
② 乙さん 若年者納付猶予に係る期間であった
③ 丙さん 国民年金に加入し納付しようと思っていた期間であった(未納) 

ねんきんQuiz-第141問_d0132289_4271773.jpg

     A ③ 丙さん 国民年金に加入し納付しようと思っていた期間であった(未納) 
point 丙さんの期間(19年1月)は、納付しようと思っていた期間とはいえ、未納のため、障害基礎年金の受給資格期間には算入されません
甲さんの学生納付特例に係る期間と、乙さんの若年者納付猶予に係る期間は、それぞれ障害基礎年金の受給資格期間に算入されます
なお、当該期間について、老齢基礎年金の年金額に反映させるためには、国民年金の保険料を納付(追納)する必要があります

by nenkin-matsuura | 2011-03-04 04:59 | ねんきんQuiz