タグ:繰上げ ( 85 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第269問

Q 国民年金の任意加入が可能な人を、次のうちから選んでください ? 
※ 年齢は全て60歳の者とする

① Aさん、国民年金保険料を480月納付している
② Bさん、22歳~60歳まで共済組合に加入している 
③ Cさん、厚生年金保険に300月加入し、繰上げ受給をしている
d0132289_0322919.jpg

                  A ② Bさん、22歳~60歳まで共済組合に加入している
point Bさんは、20歳~22歳までの未加入期間に対して、任意加入をして国民年金保険料を納付することが可能です
なお、Aさんは既に国民年金保険料を480月納付しているため任意加入することができず、また、Cさんは、繰上げ受給をしているため任意加入をすることができません

by nenkin-matsuura | 2013-11-14 00:45 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ 編12

<Q1-1> えーっとこれは、アね、3は国家公務員共済組合っと(60歳、男性、共済組合あり)

 <A1-1> はい、アの全部繰上げにマルを付けて…退職共済年金も繰上げとなります

<Q1-2> この用紙は共済組合(提出用)ね、はーい、わかりました (60歳、男性、共済組合あり)

 <A1-2> はい、この繰上げ請求書(複写式、様式第102号-1)は、国家公務員共済(組合)へ提出してください

<Q2> 繰上げをすると基礎年金が下がって…スライドでまた下がるんでしょ?

 <A2> おっしゃるとおりです 12月支払分からは繰上げをしてもしなくても下がります・・

by nenkin-matsuura | 2013-10-21 00:12 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 262

◇ 昭和28年4月2日以降の男子による繰上げ(共済組合+国民年金)

昭和28年4月2日以降生まれの男子の場合、報酬比例部分の受給開始が61歳からとなりますが、繰上げ受給により減額となった年金を受給することも可能です(´ー`*)
厚生年金保険や国民年金のほかに共済組合に加入していた場合には、「老齢基礎・老齢厚生・退職共済年金支給繰上げ請求書(様式第102号-1)」(4枚複写)を使用します

例えば…
昭和28年10月2日生まれ、男子、共済組合に400月加入、国民年金を80月納付、60歳0月で繰上げを希望する場合…
老齢基礎・老齢厚生・退職共済年金支給繰上げ請求書(様式第102号-1)及び年金請求書を記入します
(老齢基礎年金と退職共済年金の繰上げ)

by nenkin-matsuura | 2013-10-02 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識80

<旧国民年金法における繰上げと繰下げの支給率>

d0132289_23541577.jpg△繰上げ
 60歳 … 58%
 61歳 … 65%
 62歳 … 72%
 63歳 … 80%
 64歳 … 89%

▽繰下げ
 66歳 … 112%
 67歳 … 126%
 68歳 … 143%
 69歳 … 164%
 70歳 … 188%

旧国民年金法の繰上げと繰下げは年単位で行われていました
なお、繰上げによる支給制限として、旧寡婦年金の失権や旧障害年金の事後重症制度の非適用などがあります

by nenkin-matsuura | 2013-08-06 00:05 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第253問

Q 65歳以降に老齢厚生年金の請求が必要となる人を、次のうちから選んでください ? ☆☆
※全て60歳で、老齢基礎年金の受給権はあるものとする

① Aさん 繰上げ受給をしている 厚生年金保険は300月加入
② Bさん 長期加入者の特例を受給している 厚生年金保険は528月加入
③ Cさん 繰上げ受給をしている 厚生年金保険は5月加入 
d0132289_0181334.jpg

             A ③ Cさん 繰上げ受給をしている 厚生年金保険は5月加入
point 老齢基礎年金を繰上げ受給しており、厚生年金保険の被保険者期間が12月未満であるCさんは、65歳以降に「老齢基礎年金受給権者 老齢厚生年金請求書(様式第233号)」の提出が必要となります

by nenkin-matsuura | 2013-07-30 00:31 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金額 編12

<Q1> 240月以上となって退職すると…夫の年金が減るんですよね… (60歳・女性)

 <A1> はい、ご主人様に加算されている配偶者加給年金額が停止となります あと…65歳時の振替加算が付かなくなります

<Q2> 妻はフィリピンの出身で…外国人でも配偶者加給年金額の対象となるのでしょうか?

 <A2> 配偶者加給年金額に国籍は関係ありません 生計維持がポイントとなります

<Q3> 妻が繰上げをすると、私に加算されている加給年金はもらえなくなるのでしょうか? (66歳・男性)

 <A3> いえ、妻65歳までは配偶者加給年金はもらえます 奥様が繰上げをされても加給年金に影響はありません

by nenkin-matsuura | 2013-06-28 00:12 | ねんきんFAQ  | Trackback(1)  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方 編17(年金振込通知書編)

<Q1> この前は8月から増えると聞いていたけど、このハガキをみると10月までこの額ですか? (年金振込通知書)

 <A1> はい、5月に繰上げをされていて…、おっしゃるとおり8月からの増額となります 8月の支払前に再度、年金振込通知書が送付されてきます

<Q2> こういうハガキが来て…初めてでわからなくて… (61歳、男性)

 <A2> はい、毎年6月に送付されてくる年金振込通知書というハガキで…はい、手続等は必要ないからですね、このまま保管していただければですね、はい

<Q3> なんか…今年は封書で来ていて、去年までは、はがきで来ていたでしょ? 年金が減ったりするの?

 <A3> はい、遺族厚生年金と老齢基礎・老齢厚生年金など2つ以上の年金を受けられている場合は、封筒の中に受けている年金の枚数分の年金振込通知書が「年金振込通知書の送付について(送付状)」という紙とともに送付されています 今回は年金額は変わらないからですね、大丈夫です

by nenkin-matsuura | 2013-06-12 00:07 | ねんきんFAQ  | Trackback  

老齢厚生年金・老齢基礎年金繰上げ請求書

老齢厚生年金・老齢基礎年金繰上げ請求書 (様式第102号)

d0132289_032310.jpg

d0132289_034577.jpg

昭和28年4月2日以降生まれの男子は、60歳から経過的な繰上げ支給の老齢厚生年金(同時に繰上げ支給の老齢基礎年金)を受給することができるようになっています
年金請求書とセットで当該繰上げ請求書を提出します
28年4月2日以降生まれの男子で繰上げを希望する場合(障害や長期加入の特例なしの場合)は、「ウ.老齢厚生年金の繰上げおよび老齢基礎年金の全部を繰上げ請求します。」の「ウ.」にマルを付けます

by nenkin-matsuura | 2013-06-11 00:28 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ 編11

<Q1> うん、今繰上げすると報酬比例も繰上げ?61歳以降は老齢基礎年金のみということでしょ (28年5月生まれ、男子)

 <A1> はい、今繰上げをすると…減額された老齢基礎年金+減額された老齢厚生年金となります そうですね61歳以降は…老齢基礎年金のみの繰上げとなります

<Q2> (妻に繰下げをさせようか…)それじゃ…私がもしもの場合は妻が繰上げをしても遺族厚生年金の方が高いから…そうか、遺族年金のことを考えると後からでも…選択しなきゃいけないから (夫と妻)

 <A2> はい、もしもの場合の遺族厚生年金が発生すると、繰上げをしていてもおそらく…遺族厚生年金の方が額が多く…老齢基礎年金も減ってしまうからですね、はい

<Q3> じゃあ、もう…とります 77歳でしょ、その頃お金があってもねぇ (繰上げと通常受給との総受給逆転年月)

 <A3> はっ、わかりました この緑色の用紙を…あっ自署の場合は押印は大丈夫です、はい

by nenkin-matsuura | 2013-05-31 00:12 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 242

◇ 繰上げと配偶者加給年金額(よくある質問)

繰上げと配偶者加給年金額に関して、Q&A方式にまとめると…(゚~゚o)

Q.「私が繰上げをすると、夫がもらっている年金が減るのですか?(配偶者加給年金額が付かなくなる?)」

A.「いいえ、奥様が繰上げをされても、ご主人様の年金に加算されている配偶者加給年金額はそのままで、奥様が65歳時に付かなくなります その後は老齢基礎年金に振替加算が付くこととなります」


Q.「繰上げをすると配偶者加給年金額も早くもらえるのでしょうか…?」(昭和28年5月生まれ・男性)

A.「いいえ、繰上げをしても配偶者加給年金額が加算されるのはあくまで65歳(定額部分支給開始時)となります」

by nenkin-matsuura | 2013-05-15 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback