タグ:繰上げ ( 85 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 578(月末月初での請求手続き)


 ◇ 月末月初での請求手続き


繰上げや繰下げ、事後重症請求など、月をまたぐかどうかで年金受給の損得がある場合があります。(´・ω・`)

例えば、

・繰上げ
 10月31日と11月1日での手続きの違いは、率で0.5%の違いがあり、10月31日だと11月分から11月1日だと12月分からの受給になります。

・繰下げ
 10月31日と11月1日での手続きの違いは、率で0.7%の違いがあり、10月31日だと11月分から11月1日だと12月分からの受給になります。

・障害年金の事後重症による請求
 10月31日に裁定請求だと11月分から、11月1日に裁定請求だと12月分からの受給になります。

by nenkin-matsuura | 2019-10-31 00:17 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 併給調整(選択)編23


<Q1> 今は障害者特例にて受給していますが、65歳以降は、手続きをして少し増えると聞いていました。

 <A1> はい。65歳以降は、老齢厚生年金+障害基礎年金を併給することができます。医師の診断書とともに年金受給選択申出書を提出します。

<Q2> 夫の遺族厚生年金を選ぶことができますか?(66歳)

 <A2> 65歳以降は、老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として自動的に支払われることになります。

<Q3> 繰上げをしていますが、夫が亡くなって遺族厚生年金を受給できるときのもらい方は?(61歳)

 <A3> 65歳まではどちらかを選択となります。遺族厚生年金のほうが多いときは、そちらを選択し、繰上げをしている老齢基礎年金+老齢厚生年金は選択により停止になります。(65歳以降は老齢基礎年金+老齢厚生年金+老齢厚生年金との差額分の遺族厚生年金を併給)

by nenkin-matsuura | 2019-09-02 02:12 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編24


<Q1> 遺族厚生年金を受給していますが、繰上げはしない方がいいのでしょうか?

 <A1> 繰上げ受給の老齢基礎年金及び老齢厚生年金と遺族厚生年金は、65歳までは選択になります。遺族厚生年金の額が多い場合は繰上げは控えていた方がいいかもしれません。

<Q2> 年金の額が少ないのは?

 <A2> (理由の)一つは、繰上げによって老齢基礎年金の額が少なくなっています…。

<Q3> 総受給逆転年月を超えると、額が元に戻るんですか?

 <A3> いいえ。本来受給と繰上げ受給の総額が同じとなるが総受給逆転年月です。繰上げを選択するときの一つの考慮ポイントです。

by nenkin-matsuura | 2019-08-05 01:42 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第554問(繰上げ)

Q 老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰上げができる人を以下のうちから選んでください。
☆☆

① Aさん、昭和31年生まれ(63歳)、男性、厚生年金保険に30年加入している。
② Bさん、昭和33年生まれ(61歳)、女性、国民年金に40年加入している。
③ Cさん、昭和34年生まれ(60歳)、女性、厚生年金保険に10年加入している。



d0132289_21592286.jpg



 A ③ Cさん、昭和34年生まれ(60歳)、女性、厚生年金保険に10年加入している。
point Cさんは報酬比例部分が61歳から支給開始のところ、老齢厚生年金と老齢基礎年金について、減額となりますが繰上げにより受給可能です。
なお、AさんとBさんは老齢基礎年金の繰上げは可能です。(Aさんは支給開始年齢に到達しているため、特別支給の老齢厚生年金は繰上げではなく通常受給になります。)

by nenkin-matsuura | 2019-05-09 00:10 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編23


<Q1> みんなもらっているみたいです。早く取ろうかな。(63歳)

 <A1> 繰上げではなく、報酬比例部分の受給の可能性があります。繰上げの場合は65歳からの老齢基礎年金が減額となります。

<Q2> 私が繰上げをしたら、夫がもらっている年金が減るんですか?

 <A2> 奥様が繰上げをしても、ご主人の年金や配偶者加給年金に影響はありません。奥様が65歳になると配偶者加給年金額が加算されなくなります。

<Q3> 繰上げをして在職中ならば、年金は減額となりますか?

 <A3> 繰上げ受給の老齢基礎年金は、在職による停止の対象外です。老齢厚生年金などが支給停止の対象になります。


by nenkin-matsuura | 2019-02-12 00:17 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編22


<Q1> 給与が多くても繰上げの老齢基礎年金はもらえるんですね。

 <A1> はい。在職中だと報酬の額によっては特別支給の老齢厚生年金は停止となりますが、老齢基礎年金は停止となりません。

<Q2> 繰上げをして、その後再就職をしたら厚生年金保険料は掛けることとなるのですか?

 <A2> はい。繰上げをしていても、厚生年金保険の適用事業所にて一定時間以上の勤務だと厚生年金保険に加入することとなります。

<Q3> (繰上げについて)ほかに注意することは?(60歳、男性)

 <A3> 老齢厚生年金も繰上げすることになりますが、同時に企業年金も繰上げをすることとなるため、企業年金連合会への手続きも必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-11-19 00:57 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編21


<Q1> 60歳の時に手続きは必要ですか?(59歳、女性)

 <A1> 繰上げ希望の場合は早ければ60歳時に手続きを行うことが可能です。通常の受給だと61歳時に年金請求書が送られてきて、誕生日の前日以降に手続きを行います。

<Q2> 障害厚生年金の請求と障害者特例の請求をしていますが、通らなかったときは繰上げもできますか?

 <A3> はい。3級未満の場合で該当しなかったときは、繰上げ請求をし、繰上げにて受給することも可能です。

<Q3> 在職中で年金が停止ですが、繰上げをすると老齢基礎年金はもらえるんですよね?

 <A3> はい。在職中で報酬が高い場合であっても、繰上げ受給による老齢基礎年金は受給できます。(停止とならない。(選択停止の場合を除く。))

by nenkin-matsuura | 2018-06-11 00:17 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 503(繰上げの契機による書類の違い)

◇ 繰上げの契機による書類の違い


老齢基礎年金や老齢厚生年金は、早ければ60歳より減額により受給することも可能です。

繰上げの際に記入する書類は、「厚生年金保険・国民年金 老齢厚生年金・老齢基礎年金支給繰上げ請求書(様式第102号)」と「特別支給の老齢厚生年金受給権者支給繰上げ請求書(様式第234号)」の二種類があります。(・ω・´)ゝ

・「厚生年金保険・国民年金 老齢厚生年金・老齢基礎年金支給繰上げ請求書(様式第102号)」
 … 年金請求書と同時に提出する際の書式です。

・「特別支給の老齢厚生年金受給権者支給繰上げ請求書(様式第234号)」
 … 特別支給の老齢厚生年金をすでに受給している(停止を含む)者が繰上げをする際に使用する書式です。

by nenkin-matsuura | 2018-05-24 00:10 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編20

<Q1> 60歳からでももらえるんでしょ?

 <A1> はい。老齢基礎年金と老齢厚生年金を繰上げにて受給可能です。申請した月により率が決まります。

<Q2> 繰上げの時の必要書類は?(特別支給の老齢厚生年金を受給中)

 <A2> 年金証書と認め印などです。直筆の場合は押印は必要ありません。

<Q3> 78歳になったら元に戻るんですか?

 <A3> いいえ、額は減額のままです。78歳は総受給逆転年月で本来受給と繰上げ受給の総受給額が逆転する年齢になります。

by nenkin-matsuura | 2018-03-05 00:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編19

<Q1> 現在、特別支給の老齢厚生年金をもらっていますが、繰上げの際は戸籍謄本などの書類は必要ですか?

 <A1> すでに受給されているときは、繰上げ請求書(234号)を記入し、戸籍謄本などの添付は不要です。

<Q2> 老齢厚生年金のみの繰上げをしたいんですけど。(32年生まれ、男性)

 <A2> 老齢基礎年金も同時に繰上げになります。基金代行部分があるときは、さらに基金も繰上げになります。

<Q3> 障害基礎年金をもらっていますが、繰上げをするとどうなりますか?

 <A3> 繰上げした老齢基礎年金+特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の額と障害基礎年金とどちらか一方の選択になります。

by nenkin-matsuura | 2017-11-27 04:25 | ねんきんFAQ  | Trackback