タグ:経過的職域加算額 ( 3 ) タグの人気記事

 

年金加入記録について その151(ねんきん定期便の老齢年金の種類と見込額(50歳以上、59歳を除く))

 ねんきん定期便の老齢年金の種類と見込額(50歳以上、59歳を除く)


d0132289_23525650.jpg

ねんきん定期便には、老齢年金の種類と見込額が表示されます。

老齢基礎年金
               円

老齢厚生年金
 (報酬比例部分)       円
 (経過的加算部分)     円※1
 (経過的職域加算額)    円※2

※1
 65歳未満は(定額部分)と表示されます。
※2
 経過的職域加算額の年金額は共済組合の加入がある場合に表示されます。

by nenkin-matsuura | 2019-03-12 00:07 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 遺族年金編31


<Q1>
 共済組合から遺族年金の証書が2枚届きましたが。

 <A1> 遺族厚生年金の証書と遺族共済年金(経過的職域加算額)の証書になります。奥様の老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されます。(プラス遺族共済年金)

<Q2> 企業年金ももらっていました。(夫が死亡)

 <A2> 基金の代行部分も含めて遺族厚生年金は計算されます。企業年金へは未支給年金の請求が必要です。

<Q3> 遺族年金はいつまでもらえるんですか?(40代)

 <A3> 中高齢の加算(約58万)は65歳までですが、遺族厚生年金は終身です。(ただし65歳以降は老齢厚生年金との差額が支給。)

by nenkin-matsuura | 2018-05-07 00:09 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 遺族年金編24

<Q1> 私の年金のほうが多かったんですけど、共済組合には申し込みが必要なんですか? (70代、妻)

 <A1> はい、職域部分(経過的職域加算額)を受給可能なため、共済組合の方へお手続きをお願いします

<Q2> 65歳になって、遺族厚生年金の3分の2と自分の老齢厚生年金の2分の1というもらい方にするにはどうしたらいいですか? (64歳、遺族厚生年金を選択受給中)

 <A2> 65歳以降は自動的に計算され、老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されます 確かに遺族厚生年金の3分の2と老齢厚生年金の2分の1が多くなるようです

<Q3> 戸籍謄本はこれでいいですか?

 <A3> ご主人様の死亡日等が記載されているものが必要です…

by nenkin-matsuura | 2016-05-23 00:02 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)