タグ:精神遅滞 ( 3 ) タグの人気記事

 

障害年金の手続・仕組みなど第149回(病歴・就労状況等申立書を出生時から記入するケース)


◆ 病歴・就労状況等申立書を出生時から記入するケース


障害基礎年金や障害厚生年金の請求の際には「病歴・就労状況等申立書」を記入しますが、傷病によっては出生時から記入する場合があります。

先天性の傷病や知的障害(精神遅滞)などは、出生時から記入をします。
1つの期間が5年を超える場合は、3~5年ごとに区切って記入してください。

なお、知的障害(精神遅滞)の場合は、小学校入学前(保育園、幼稚園)、小学校低学年(小1~小3)、小学校高学年(小4~小6)、中学生、高校生、と区切って、日常生活や学校などの状況を記入します。

by nenkin-matsuura | 2019-02-22 00:15 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback(26)  

ねんきんQuiz-第392問(病歴・就労状況等申立書)

Q 障害年金の請求時における病歴・就労状況等申立書について、○か×かで答えてください ? ☆☆

① 受診していなかった期間は、その理由、自覚症状の程度、日常生活状況、就労状況などを記入する ○ or ×
② 生来性の知的障害(精神遅滞)の場合は出生日を発病日(初診日)とする ○ or ×
③ 事後重症による請求の場合は、裏面の「2.現在(請求日頃)の状況を記入してください。」を記入する ○ or ×

ねんきんQuiz-第392問(病歴・就労状況等申立書)_d0132289_00060036.jpg


                                     A ① ○ ② ○ ③ ○
point
① 受診していなかった期間は、「受診していない」に丸を付け、その理由、自覚症状の程度、日常生活状況、就労状況などを記入します
② 生来性の知的障害(精神遅滞)の場合、発病日(初診日)は出生日とし、出生日以降の経過を記入します
③ 事後重症による請求の場合は、裏面の「2.現在(請求日頃)の状況を記入してください。」を記入します

by nenkin-matsuura | 2016-03-31 00:41 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 扶養親族等申告書

<問1> 息子(20歳、同居、無職)を扶養していますので、申告したいのですが、息子は精神遅滞(療育手帳B)があります どのように記入すればよいですか

 <答1> 扶養親族欄に息子さんの氏名・特定(マルをつける)・続柄・生年月日・同居(マルをつける)・普(マルをつける)・0万円と記入し 左下の欄は普通1人とし、摘要欄に「〇〇は、療育手帳(程度B、平成〇年〇月〇日交付)」と記入します

<問2> 「現況届」ってなくなった(提出しなくてよい)のでは…

 <答2> 送付されているハガキは現況届ではありません「扶養親族等申告書」といって、年金額が108万円以上(65歳以上は158万円以上)の場合に例年11月中に提出するハガキです たまたま11月が誕生月の人は、「現況届」と間違われる場合もあります

<問3> 私の父の年金についてですが、先日届いた年金の振込通知を見てみると税金が3万ほどかかっているようです 父に尋ねてみると、「前は1万弱ぐらい税がかかっていた」と言っていたので何かの法律が変わったのですか? もしくは父が届をしていないからですか?

 <答3> 扶養親族等申告書が未提出となっている可能性があります 未提出の場合は所得税が多く引かれてしまいますので、未提出となっている年に対応した扶養親族等申告書の提出をすることによって多く引かれていた分は還付されます

by nenkin-matsuura | 2008-11-25 21:38 | ねんきんFAQ  | Trackback