タグ:第2号被保険者 ( 13 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第572問(第1号被保険者)

Q 第1号被保険者となる人を以下のうちから選んでください。
※第2号被保険者ではなく、国内居住であるものとする。


① 壱さん、38歳、既婚、パート、収入は年150万
② 弐さん、61歳、既婚、無職
③ 参さん、19歳、独身、アルバイト、収入は年120万


ねんきんQuiz-第572問(第1号被保険者)_d0132289_18484410.jpg


               A ① 壱さん、38歳、既婚、パート、収入は年150万
point 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満で、第2号被保険者と第3号被保険者以外の人は、国民年金の第1号被保険者となります。

by nenkin-matsuura | 2019-09-12 18:59 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第547問(第3号被保険者)

Q 第3号被保険者となれる人を次のうちから選んでください。
(ほかの要件は満たしているものとする)


① Aさん、30歳、配偶者は第1号被保険者
② Bさん、61歳、配偶者は第2号被保険者
③ Cさん、40歳、配偶者は第2号被保険者


ねんきんQuiz-第547問(第3号被保険者)_d0132289_21192292.jpg



                       A ③ Cさん、40歳、配偶者は第2号被保険者
point 厚生年金保険に加入している被保険者(65歳以上で老齢または退職を理由とする年金の受給権を有する人は除く)に扶養される20歳以上60歳未満の配偶者は、国民年金の第3号被保険者となれます。
なお、Aさんは配偶者が第1号被保険者のため第3号被保険者となれず、また、Bさんは60歳以上のため第3号被保険者とはなれません。

by nenkin-matsuura | 2019-03-20 00:18 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第118回(65歳以降の厚生年金保険加入中に初診日があるとき)

◆ 65歳以降の厚生年金保険加入中に初診日があるとき


65歳以降の厚生年金保険加入中(老齢年金の受給権があり第2号被保険者ではない場合)に初診日があり障害等級に該当する時は、2級以上となっても障害基礎年金は受けられず障害厚生年金のみの受給となります

この場合の障害厚生年金の1級・2級には、3級の場合と同様の最低保証額が設けられています

なお、障害厚生年金は、老齢基礎年金・老齢厚生年金との選択関係にあり、どちらかを選択により受給することになります

by nenkin-matsuura | 2016-08-19 04:03 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんnews 2012年11月号

 「消費税率引き上げ」ばかりに焦点が当たる税と社会保障の一体改革だが、8月に成立した関連法には、パートなどで働く非正規雇用労働者が厚生年金に加入できる制度改革も盛り込まれた。現在は週の労働時間が約30時間(正社員の4分の3)以上でないと厚生年金に加入できないが、16年10月からは、週20時間以上でも加入できる。新たに約25万人が厚生年金の適用対象となる計算で、非正規労働者の社会保障は、やや充実する。
 ただ、適用対象をどこまで広げるかについては、民主党内でも、民主党と自民党の間でも意見が食い違った。結局、勤続年数や勤め先の規模などさまざまな条件がつき、当初民主党政権が目標にしていた「100万人に拡大」には、遠く及ばなかった。
 

現在、パートタイマーの場合、常用的使用関係(労働時間と勤務日数で一般社員の4分の3以上等)にある場合は、厚生年金保険・健康保険の被保険者となる

給付の面でみると、第1号被保険者や第3号被保険者よりも厚生年金保険(第2号被保険者)に加入した方が、基礎年金(定額部分)に加え報酬比例部分も加算されるため、受給できる年金額は多くなります

by nenkin-matsuura | 2012-11-30 00:10 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第166問

Q 次の加入記録の場合における老齢基礎年金の額として正しい額(23年度額)を選んでください ?  

Aさん(男子) 昭和21年4月2日生まれ
昭和41年4月1日に〇△株式会社本社にて厚生年金保険の被保険者資格を取得、
63年4月1日に資格喪失、
63年4月1日に〇△株式会社大阪支店にて厚生年金保険の被保険者資格を取得、
平成18年10月1日に資格喪失

① 800,000円
② 788,900円 
③ 792,100円
ねんきんQuiz-第166問_d0132289_049556.jpg

                                      A ② 788,900円
point Aさんは20歳になった昭和41年4月から60歳の前月である平成18年3月までの480月が、厚生年金保険の被保険者(第2号被保険者)であるため、老齢基礎年金の額は、満額である788,900円(平成23年度額)となります なお、Aさんの場合、65歳からは老齢基礎年金のほかに老齢厚生年金も受給できることとなります

by nenkin-matsuura | 2011-10-20 01:22 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 113

◇ 夫婦間の年齢差が5歳以上である第3号被保険者

第3号被保険者は、厚生年金保険や共済組合の組合員等の被扶養配偶者で、20歳以上60歳未満の人がなることができ、保険料の納付が不要なため、お得な制度といえます

ただし、配偶者が厚生年金保険等に加入して、60歳未満である間は第3号被保険者となり続けることができるかというと、そういうわけではなく・・・
扶養者である配偶者が65歳になると、その被扶養者である第3号被保険者は資格を喪失する場合があります( ̄□ ̄;)!!
例えば、
夫:昭和20年9月2日生まれ、厚生年金保険に加入中、特別支給の老齢厚生年金を受給している
妻:昭和27年7月7日生まれ、第3号被保険者
この場合、夫は平成22年9月1日で65歳となるため、妻は58歳ですが第3号被保険者の資格を同日に喪失することとなります
65歳以上の厚生年金保険の被保険者で老齢又は退職を支給事由とする年金の受給権をもっている場合は、国民年金の被保険者(第2号被保険者)とはならないためです

なお、上記の例の場合、妻は、国民年金の第1号被保険者への切り替え手続きが必要となります

by nenkin-matsuura | 2010-09-02 00:37 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ ねんきん定期便 編8

<Q1> これまでに、共済組合と国民年金と厚生年金保険に加入しましたが、共済組合の期間が記載されていないようです 加入月数は通算されるのでしょうか?

 <A1> はい 共済組合の期間(月数)は、ねんきん定期便の「1 これまでの年金加入期間」の欄には記載されていませんが、年金の加入期間(老齢・退職の年金であれば、25年の受給資格期間)には通算されます

<Q2> 国民年金には加入したことがないですが、老齢基礎年金ももらえるのでしょうか?

 <A2> 厚生年金保険や共済組合に加入した期間(第2号被保険者期間)のうち、20歳以上60歳未満の期間は、老齢基礎年金の計算のもととなります ねんきん定期便には、国民年金に加入したことがない場合でも老齢基礎年金の見込額が載っていると思います

<Q3> 標準報酬月額に誤りがある場合は、どうすればよいですか(98,000円ではなく200,000円ぐらいの給与であった) ?

 <A3> ねんきん定期便に入っている「年金加入記録回答票」を記入し、返送します 誤りのある期間を記入し、(例)「98,000→平成21年3月~8月までの月給は、約200,000円だった」などと記入します

by nenkin-matsuura | 2010-08-18 04:06 | ねんきんFAQ  | Trackback  

合算対象(カラ)期間のあれこれ その②

合算対象期間とは、受給資格要件としての期間には算入されるが、年金額算定の基礎としないいわゆるカラ期間のことで、日本人の海外在住期間や被用者年金制度(厚生、共済)加入者の配偶者期間などがあります

この合算対象期間には二つの性質があり、

① 「年金権の確保を目的としたもの」 … 合算対象期間の仕組みを導入しているという主眼点が目的となったもの(例として、昭和36年4月1日から平成3年3月31日までの学生であった期間のうち、20歳未満60歳以上の期間など)

② 「公平性の確保を目的としたもの」 … 老齢基礎年金の年金額の計算の基礎となる期間を公平に統一するため、被用者年金制度の加入期間の一部が合算対象期間とされています(例として、第2号被保険者であった期間のうち、20歳未満および60歳以上の期間など)

by nenkin-matsuura | 2010-01-05 00:48 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんQuiz-第86問

Q 次のうち国民年金の第2号被保険者となるのは?                     

① Aさん、31歳、公立学校共済組合に加入中
② Bさん、21歳、大学生
③ Cさん、67歳、老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給中
ねんきんQuiz-第86問_d0132289_0341399.jpg

                          A ① Aさん、31歳、公立学校共済組合に加入中
 point 厚生年金保険・共済組合など被用者年金の加入者本人は、国民年金の第2号被保険者となります
学生や自営業・農業・無職など日本国内に住む20歳以上60歳未満の人は国民年金の第1号被保険者となります また、③のCさんが仮に、厚生年金保険に加入していても65歳以上で老齢基礎年金等の受給権者となるため国民年金の第2号被保険者とはなりません

by nenkin-matsuura | 2009-12-11 01:12 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんnews 2009年8月号  

 民主党は20日、衆院選で政権獲得した場合にはマニフェスト(政権公約)で掲げた公的年金制度改革を実行するため、2013年の通常国会に関連法案を提出し、成立を図る方向で調整に入った。
改革に先立ち11年度までは年金記録問題の解決へ向けた対応を優先。新制度への移行は14年度以降となる。改革案の柱は消費税を財源とする月7万円の「最低保障年金」創設で、法案提出までに消費税率引き上げの論議が起こることは必至だ。
 一方、自民、公明の与党は無年金、低年金対策に着目。受給資格を得られる最低加入期間を現行の「25年」から「10年」に短縮する関連法案を10年の通常国会に提出し、成立を期すことを共通公約に盛り込んだ。


 まずは年金制度に対する誤解を解き、信頼を回復させつつ、2階部分の一元化や第2号被保険者の適用範囲の拡大や、受給資格期間が不足する人への国民年金の任意加入期間の延長、納付に係る2年の時効を伸ばすなどの措置なども考える必要がります

by nenkin-matsuura | 2009-08-22 16:25 | ねんきんnews | Trackback