タグ:第1種被保険者 ( 4 ) タグの人気記事

 

厚生年金保険(老齢・障害・遺族)厚生年金額改定請求書

「厚生年金保険(老齢・障害・遺族)厚生年金額改定請求書」(様式第227号)


昭和32年9月以前の被保険者期間があって、44年11月1日以後に受給権が発生する場合は、55年10月31日以前の第3種被保険者の期間を第1種被保険者の期間とみなして計算した方が年金額が高額となるときは、受給権者はその高額となった年金の支給を請求することができ、請求した日の属する月の翌月から年金額が改定されます。

改定請求には「厚生年金保険(老齢・障害・遺族)厚生年金額改定請求書」を使用し、基礎年金番号・年金コード・生年月日・住所氏名などを記入します。

by nenkin-matsuura | 2016-09-13 03:30 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

年金加入記録について その51

☆ 被保険者の種別(一覧) 

年金加入記録について その51_d0132289_1247893.jpg「1」 … 第1種被保険者 
「2」 … 第2種被保険者
「3」 … 第3種被保険者
「4」 … 第4種被保険者
「5」 … 特例第1種被保険者
「6」 … 特例第2種被保険者
「7」 … 特例第3種被保険者
「8」 … 船員保険の漁船以外の被保険者
「9」 … 船員保険の漁船の被保険者
「5H」 … 特例第1種被保険者(基金代行返上後)
「6H」 … 特例第2種被保険者(基金代行返上後)
「7H」 … 特例第3種被保険者(基金代行返上後)

被保険者の種別は、「被保険者記録照会回答票(資格画面)」などに記載される

なお、各被保険者種別(一部)についてはこちら(別枠で開きます)

また、特例第1種被保険者などの「特例」は、厚生年金基金の加入者をあらわす 種別「6」であれば、厚生年金基金に加入する女子をあらわす 

by nenkin-matsuura | 2010-11-20 13:02 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきん豆知識47

被保険者の種別と月数 

ねんきん豆知識47_d0132289_12445293.jpg・123489種 
 「総報酬前」 … 1,2,3,4,8,9種及び平成3年4月以降の3,8,9種の合計月数 
 「総報酬後」 … 1,2,3,4,8,9種及び平成3年4月以降の3,8,9種の合計月数 

・前389種
 「総報酬前」 … 昭和61年4月以前の3,8,9種の合計月数
 「総報酬後」 … (0月と表示される)

・後389種
 「総報酬前」 … 昭和61年4月から平成3年3月までの3,8,9種の合計月数
 「総報酬後」 … (0月と表示される)

・567種
 「総報酬前」 … 5,6,7種および平成3年4月以降の7種の合計月数 
 「総報酬後」 … 5,6,7種および平成3年4月以降の7種の合計月数

・前7種
 「総報酬前」 … 昭和61年4月前の7種の月数
 「総報酬後」 … (0月と表示される) 

・後7種
 「総報酬前」 … 昭和61年4月から平成3年3月までの7種の月数
 「総報酬後」 … (0月と表示される)

・(前9種再掲)
 「総報酬前」 … 昭和61年4月前の9種の月数
 「総報酬後」 … (0月と表示される)

被保険者の種別と月数は、制度共通年金見込額照会回答票(同名称でも表示されない場合あり)などに表示される

※種別は「1」であれば第1種被保険者、「2」は第2種被保険者、「5」は特例第1種被保険者、「9」は船員保険の漁船の被保険者など(年金加入記録について その51にて掲載予定)

by nenkin-matsuura | 2010-11-03 13:21 | ねんきん豆知識 | Trackback  

第3種被保険者期間がある場合(障害厚生年金)

■ 障害厚生年金において、第3種被保険者期間がある場合の取扱い

第3種被保険者期間(坑内員・船員の期間)がある場合、障害厚生年金(被保険者期間が25年以上あるものに限る)については、次の①~③それぞれの期間について計算した額を合算した額となります

① 昭和61年3月31日以前の第3種被保険者期間(実際の加入期間を3分の4倍した期間)
② 昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの第3種被保険者期間(実際の加入期間を5分の6倍した期間)
③ ①及び②以外の被保険者期間

※3分の4倍、5分の6倍した被保険者期間を合計した期間に、1か月に満たない端数がある場合、1か月に引き上げられます

また、昭和32年9月以前に第3種被保険者期間があり、51年7月までの被保険者期間が3年以上ある場合は、55年10月31日以前の第3種被保険者期間を一般の第1種被保険者の被保険者期間とみなして計算した方が年金額が高額になるときには、受給権者はその高額となった年金の支給を請求することができ、請求した日の属する月の翌月から年金額が改定されます

by nenkin-matsuura | 2010-10-28 02:15 | 年金 あれこれ | Trackback