タグ:社会保険業務センター ( 4 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 68

◇ 年金振込通知書って?

毎年6月に順次、社会保険業務センターから発送されている「年金振込通知書」は、今後1年間の2か月に1度の年金振込額が記載されています 記載されている内容は、いつからいつまでの支払い期間なのか・年金の種類(老齢・障害など)・基礎年金番号と年金コード・氏名・振込先・年金支払額(控除前)・介護保険料額(該当者のみ)・国保保険料(税)額か長寿医療保険料額(該当者のみ)・所得税額(該当者のみ)・控除後振込額(介護保険料や所得税額などを引いた後の実際の年金振込額)が記載されています
この振込通知書はただのお知らせだと思い捨ててしまわれるケースもあるみたいですが、実は重要な書類の一つですw(°o°)w 年金の裁定請求が済んで最初に届いた年金振込通知書には、過去に受給できた年金額も含めて記載されます(年金時効特例にかかるものを除く) また、健康保険の被扶養者になる場合にこの年金振込通知書の添付が必要な場合があります
あと、在職老齢年金などで年金が全額支給停止になっている等の場合は送付されてきません(年金受給額が変わったり、介護保険料額が変わったりすると送付されてくるので年に数回届く場合もあります)
年金振込通知書と一緒に「年金改定通知書」が届く年もありますが18年に送付された以降は、年金額の改定が行われていないため改定通知書は届かず振込通知書のみの送付となっています

by nenkin-matsuura | 2009-06-12 00:59 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ある人の手続き (第1回)

ある人の元に黄緑色の封筒が届きました。
封筒には親展の赤い文字、重要書類在中、、社会保険業務センターの文字。

谷田剛(仮名)さんは、60歳の3か月前に年金の裁定請求書(ターンアラウンド方式)が届いたため、社会保険事務所へ出向くことにしました。初めて訪れることになり、まずは、会社の先輩にアドバイスを得ることにしました。先輩が言うには、「1回では済まない、2~3回はかかる」「1時間以上待たされた」。
谷田さんはアドバイスを踏まえ平日の朝9時に、社会保険事務所へ行くことを決めました。

その日は少し寒い冬の日。駐車場はまだ空きが目立つ状態。入口に入って案内係の誘導に沿って番号札をとる、番号は17番。受付票に氏名や住所を書き待合室で待つ。待ち人数は5人。新聞を読みながら待つ。番号札を呼ばれ、6番の窓口へ。

少し緊張して、谷田さんは年金の書類が来たことを伝えました。窓口では書類の書き方や必要な書類を教えてもらう。送られてきた書類には年金の履歴が載っています。そこで、「このなかに載っていない会社や期間はありますか?」と聞かれ、おおむね記録は合っていたものの、ひとつだけ勤めていた会社が抜けているようなので会社名を言いました。(第2回へ続く)

by nenkin-matsuura | 2009-01-28 21:59 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきん豆知識26

ねんきん豆知識26_d0132289_2015283.jpg年金生活情報(社会保険業務センターによる)
・新規の年金受給者(8月、9月)
 老齢年金(292,569人)
 障害年金(13,963人)
 遺族年金(46,768人)

・失権の年金受給者(8月、9月)
 老齢年金(139,685人)
 障害年金(9,383人)
 遺族年金(24,130人)

・裁定請求書の事前送付(送付件数)
 9月  143,969件
 10月 206,223件

by nenkin-matsuura | 2009-01-15 20:40 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その23

“短期在留外国人の国民年金の脱退一時金”

日本へ来た外国人が、国民年金を掛けていて、短期間で帰国する場合もあると思います
年金制度への保険料の拠出が老齢給付に結びつかない状況を考慮して、「脱退一時金」という制度があります

支給要件は、
・国民年金の第1号被保険者としての保険料納付済期間が6か月以上あり、
・年金を受けることができない、
・帰国後2年以内に、請求を行うこと です

支給額は、
・6か月以上12か月未満  41,580円   ・12か月以上18か月未満 83,160円
・18か月以上24か月未満 124,740円  ・24か月以上30か月未満 166,320円
・30か月以上36か月未満 207,900円  ・36か月以上  249,480円  です

手続きは、出国後2年以内に、請求書に必要書類を添付して、社会保険業務センターに郵送します 用紙は、社会保険事務所、市区町村役場、国際化協会などにあります

by nenkin-matsuura | 2008-08-06 20:53 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback