タグ:社会保険料控除 ( 11 ) タグの人気記事

 

ちょっとお得な年金情報 共通編その㉓(様々な社会保険料控除)


゛様々な社会保険料控除”


社会保険料を支払った金額について、所得控除を受けることができます。

社会保険料控除の対象となるは‥
・健康保険、国民年金、厚生年金保険及び船員保険の保険料で被保険者として負担するもの
・国民健康保険の保険料又は国民健康保険税
・高齢者の医療の確保に関する法律の規定による保険料
・介護保険法の規定による介護保険料
・雇用保険の被保険者として負担する労働保険料
・存続国民年金基金の加入員として負担する掛金
・独立行政法人農業者年金基金法の規定により被保険者として負担する農業者年金の保険
・厚生年金基金の加入員として負担する掛金
・国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、恩給法等の規定による掛金、納付金又は納金
などがあります。

by nenkin-matsuura | 2019-03-15 00:34 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第533問(社会保険料控除)

Q 以下の3つの保険料について、社会保険料控除の対象となるものの数を答えてください。 ☆☆

「介護保険料」 「国民年金保険料」 「厚生年金保険料」

① 1つ
② 2つ
③ 3つ


d0132289_21450614.jpg



                                            A ③ 3つ
point 介護保険料、国民年金保険料、厚生年金保険料の3つとも社会保険料控除の対象となります。社会保険料を支払った金額について、年末調整や確定申告の際に所得控除(社会保険料控除)を受けることができます。

by nenkin-matsuura | 2018-12-12 00:13 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 528(2年前納と社会保険料控除の適用)


◇ 2年前納と社会保険料控除の適用


国民年金保険料は、最大で2年分をまとめて前納することが可能です。

2年前納をした年の11月上旬ごろには、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送られてきます。(*ゝω・)ノ

2年前納により納めた国民年金保険料について、社会保険料の適用を受けるには2つの方法があります。

① 納付した年に2年分まとめて控除
  …控除証明書の納付済額(納付済み保険料の証明額)が証明額となります。

② 各年分の保険料に相当する額を各年に控除
  …3年分の各年に分けた額が証明額になります。

by nenkin-matsuura | 2018-11-15 00:20 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2017年10月号(社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の送付)

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の送付


平成29年1月1日から同年10月2日までの間に国民年金保険料を納付した場合、その被保険者に対して、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送付されます。

「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」は、年末調整や確定申告の際に使用し、国民年金保険料は、全額が社会保険料控除の対象になります。

もし、2年前納をしていた場合は、「全額を納めた年に控除」する方法と、「各年分の保険料に相当する額を各年に控除」する方法があります。

by nenkin-matsuura | 2017-10-30 00:11 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第454問(国民年金保険料)

Q 国民年金保険料について○か×かで答えてください ? ☆☆☆

① 最大で2年前納できる ○ or ×
② 国民年金保険料は全額社会保険料控除の対象となる ○ or ×
③ 1枚の納付書の保険料額が30万円を超えるとコンビニでの支払はできない ○ or ×


d0132289_04232927.jpg


                                    A ① ○ ② ○ ③ ○
point
① 国民年金保険料は最大で2年前納が可能です。
② 支払った国民年金保険料は確定申告などの際に社会保険料控除の対象となります。
③ 1枚の納付書の国民年金保険料額が30万円を超えるとコンビニでの支払はできないため、バーコードの印字がありません。(金融機関等にて納付する。)

by nenkin-matsuura | 2017-05-31 04:40 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第424問(国民年金保険料の控除証明書)

Q 国民年金保険料の控除証明書において、納付した保険料額が3年度分にわたって記載されている場合の納付方法について、①~③のうちから正しいものを選んでください ? ☆☆

① 2年前納をしたため
② 1年前納(現金払い)をしたため
③ 口座振替(早割)をしたため

d0132289_03015063.jpg


                                   A ① 2年前納をしたため
point 国民年金保険料の2年前納をした場合は、控除証明書にその総額と3年度分に分けた保険料が記載されます。
なお、申告の際に社会保険料控除の適用を受ける場合、①全額を納めた年に2年分まとめて控除する方法と、②各年分の保険料に相当する額を3年分に控除する方法の二通りがあります。

by nenkin-matsuura | 2016-11-10 03:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第322問

Q 「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送付(発行)される人を、次のうちから選んでください ? 

① 東さん、61歳、老齢基礎年金を繰上げして受給している
② 西さん、29歳、2年前から現在まで第3号被保険者となっている
③ 南さん、38歳、26年4月に国民年金保険料を1年分前納している
④ 北さん、53歳、30年前から現在まで共済組合に加入中

d0132289_23523524.jpg


         A ③ 南さん、38歳、26年4月に国民年金保険料を1年分前納している
point 国民年金保険料を納付(1月1日から9月30日まで)した場合は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書が送付されてきます
記載内容は、納付済保険料の証明額(納付済額)や、納付状況の内訳などです
なお、国民年金保険料を社会保険料控除として申告(年末調整・確定申告)する際には、当該控除証明書や領収証書を使用します

by nenkin-matsuura | 2014-11-20 00:13 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第273問

Q 以下の問いについて、〇か×で答えてください ? 

① 障害基礎年金は20歳からでも受給できる 〇 or ×
② 遺族厚生年金は在職による停止はない 〇 or ×
③ 国民年金保険料は社会保険料控除の対象となる 〇 or ×
d0132289_0232432.jpg

                                 A ① 〇 ② 〇 ③ 〇
point 
① 要件を満たせば20歳から障害基礎年金を受給可能です
② 遺族厚生年金(遺族基礎年金も含む)は、在職(収入)による停止はないです
③ 納付した国民年金保険料は、所得税及び住民税等の申告において、全額が社会保険料控除の対象となります

by nenkin-matsuura | 2013-12-11 00:38 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第217問

Q 国民年金の保険料を納付した場合において、11月頃に送付されてくるハガキを次のうちから選んでください ?  

① 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書 
② 年金支払通知書
③ 扶養親族等申告書
d0132289_1291029.jpg

                    A ① 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
point 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書には、9月30日現在において、1月1日から9月30日までに納付した国民年金保険料の額などが記載されています
社会保険料控除の適用を受ける場合には、申告書の提出の際に、保険料を納付したことを証明する当該控除証明書などの添付が必要となります 
なお、10月以降で年内に納付した保険料についても、今年分として申告することができます(領収証書等を添付)

by nenkin-matsuura | 2012-11-22 01:51 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 169

◇ 控除証明書の送付後の年内に、国民年金保険料を納付した場合

平成23年中(1月1日から9月30日まで)に国民年金保険料を納付(追納を含む)した場合は、日本年金機構より、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがきサイズ、左右にはがすタイプ)が、11月上旬までに送付されてきます(なくした場合は再発行が可能)

この控除証明書は、年末調整や確定申告などの際に、社会保険料控除の適用を受けるために添付する必要があります φ(゚-゚=)

11月上旬に送付される控除証明書には、本年の9月30日までに納付した国民年金保険料(見込額を含む)が記載されていますが、10月1日以降に、控除証明書記載の合計額及び見込額以上に保険料を追加で納付した場合は、申告の際に控除証明書とともに追加で納付した分の領収証書を添付します(インターネットバンキングを利用して保険料を納付した場合は、当該保険料を反映させた控除証明書の再発行が可能)

なお、本年の9月30日までに国民年金保険料を納付実績がなく、10月1日以降12月31日までに初めて保険料を納付した場合は、来年2月に控除証明書が送付されてくることになります

by nenkin-matsuura | 2011-11-09 01:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback