タグ:社会保険庁 ( 7 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第585問(年金制度)

Q 以下の4つの事柄を、年代順に並べたものを①~④のうちから選んでください。
☆☆☆☆

「社会保険庁の発足」「船員保険を厚生年金保険に統合」「被保険者証の共通化」「労働者年金保険の保険料徴収開始」

① 「被保険者証の共通化」→「社会保険庁の発足」→「船員保険を厚生年金保険に統合」→「労働者年金保険の保険料徴収開始」
② 「被保険者証の共通化」→「社会保険庁の発足」→「労働者年金保険の保険料徴収開始」→「船員保険を厚生年金保険に統合」
③ 「労働者年金保険の保険料徴収開始」→「社会保険庁の発足」→「被保険者証の共通化」→「船員保険を厚生年金保険に統合」
④ 「労働者年金保険の保険料徴収開始」→「被保険者証の共通化」→「船員保険を厚生年金保険に統合」→「社会保険庁の発足」



ねんきんQuiz-第585問(年金制度)_d0132289_21141116.jpg



 A ③ 「労働者年金保険の保険料徴収開始」→「社会保険庁の発足」→「被保険者証の共通化」→「船員保険を厚生年金保険に統合」
point
昭和17年6月:労働者年金保険の保険料徴収開始
昭和37年7月:社会保険庁の発足
昭和49年10月:被保険者証の共通化
昭和61年4月:船員保険を厚生年金保険に統合


by nenkin-matsuura | 2019-12-11 00:11 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんnews 2008年4月号

 政府の社会保険庁改革で、社保庁が日本年金機構へと衣替えすることに伴う、人員削減計画案が9日、明らかになった。

2005年度末に、約2万3800人いた、社保庁職員を段階的に減らし、2014年度をめどに職員数を1万4800人まで削減を目指す 年金業務は外部委託を推進する

日本年金機構は平成22年1月より発足予定、職員は民間人となり、サービスの向上を徹底する 今年の10月からは全国健康保険協会が発足する

by nenkin-matsuura | 2008-04-09 20:10 | ねんきんnews | Trackback  

社会保険労務士によるねんきん特別便の対応

各都道府県にある社会保険労務士会により
①都道府県にある社会保険労務士会の年金相談センター
②各地の市区町村役場・郵便局等の協力により提供していただいた窓口
において、社会保険労務士による「ねんきん特別便」に関する無料相談を実施できるようになります
相談窓口の開設日時及び場所の情報は、都道府県社会保険労務士会の窓口または、地方社会保険事務局のホームページを御覧ください
全国社会保険労務士会連合会ホームページ
社会保険庁ホームページ
社会保険事務所以外でも年金記録の確認が可能となるようです( ._.)φ

by nenkin-matsuura | 2008-03-13 21:41 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんnews 2008年2月号

舛添要一厚生労働相は7日、社会保険庁が源泉徴収の計算方法を誤って税金を取り過ぎていた問題で「早急に国税庁と調整し、きちんと計算して(税金を)お戻しする」と述べた。

例えば、未払い分の年金5年分、500万円(100万×5年)が還付された際に、100万円×税率ではなく、500万円×税率として税金の計算をしていた この場合受給者は確定申告をして還付を受けていた

今後は国税庁と調整し、還付となる年金全額に対して課税ではなく、年別に内訳を出して
課税するよう検討する また、過去に税金を多くとられた方にも税金の還付する考えを示している

by nenkin-matsuura | 2008-02-07 21:06 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきん特別便 2

「ねんきん特別便」と記録統合までの流れとして

① ねんきん特別便を送付

② 送付されてきた記録を確認する

③ 訂正あるかないかを回答する

④ 社会保険庁による調査・確認

⑤ 記録の統合(確認完了)

※ ③で訂正がない場合は中に入っている「確認はがき」を切り取って(訂正がないに丸をつけ)郵便ポストへ、訂正がある場合は年金加入記録照会票を記入して社会保険事務所で手続きをする 

by nenkin-matsuura | 2008-01-25 19:42 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 3

◇ 現況届について
 年金を受給している方は、年に一回誕生月に現況届を出さなくてはなりません(生存確認のため) ただ平成18年12月より、住民基本台帳ネットワークシステムを活用した現況確認が行われるようになって現況届の提出が不要となりました しかし、すべて方というわけではなく、社会保険庁にて住民票コードが確認できない等の場合は現況届が送付されてきます 送付されてきた現況届の中に住民票コードを記入する欄があり、住民票コードを記入して提出すれば来年からは現況届は提出不要となります 住民票コードは市区町村役場にて確認ができます 現況届の提出が遅れると年金が停止になる場合があり(ToT)、住民票コードがわかる場合は記入しておいた方が(来年からは現況届の提出が不要となり)便利です(*^.^*)

by nenkin-matsuura | 2007-12-14 19:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews12月号 号外

 宙に浮く5000万件の年金記録のうち945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け11日午後、舛添厚生労働相は記者会見した
 それと、統合の可能性のある記録とされた1100万件の持ち主と想定される850万人に対して、順次「ねんきん特別便」を送付する方針を公表した

by nenkin-matsuura | 2007-12-12 02:35 | ねんきんnews | Trackback