タグ:療育手帳 ( 3 ) タグの人気記事

 

障害年金の手続・仕組みなど第150回(障害基礎年金請求の際の添付書類(状況に応じて必要なもの))


◆ 障害基礎年金請求の際の添付書類(状況に応じて必要なもの)


障害基礎年金の請求時において、本人の状況によって必要となる書類があります。

・本人の所得証明書
 20歳前傷病による障害基礎年金を請求する場合

・身体障害者手帳など
 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などがある場合

・大学等の在籍期間証明書など
 合算対象期間などを確認する必要がある場合

・交通事故証明書
 事故などが原因の場合

by nenkin-matsuura | 2019-03-19 00:14 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第139回(病歴・就労状況等申立書の障害者手帳の欄)

◆ 病歴・就労状況等申立書の障害者手帳の欄


病歴・就労状況等申立書の裏面には、「障害者手帳」の欄があります。

身体障害者手帳の交付を受けていますか。については、
「1 受けている」
「2 受けていない」
「3 申請中」
のいずれかに丸を付けます。

受けている場合は、交付されている障害者手帳の交付年月日、等級、障害名などを記入します。

なお、障害者手帳の略字の意味については、
「身」は、身体障害者手帳
「療」は、療育手帳
「精」は、精神障害者保健福祉手帳
となります。

by nenkin-matsuura | 2018-04-13 00:13 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback(5)  

障害年金の手続・仕組みなど第108回(障害者手帳を所持している場合)

◆ 障害者手帳を所持している場合(病歴・就労状況等申立書)

障害基礎年金・障害厚生年金の申請の際に障害者手帳を所持している場合は、その写しも添付します

また、病歴・就労状況等申立書の裏面にある就労・日常生活状況の障害者手帳の欄には、
・交付されている障害者手帳の種類(身=身体障害者手帳、精=精神障害者保健福祉手帳、療=療育手帳、他=その他の手帳)
・交付年月日
・等級
・障害名
などを記入します

なお、受診状況等証明書が取れない時は、障害手帳を申請時の診断書の控えがあれば、障害基礎年金・障害厚生年金の裁定請求時にその写しも添付します

by nenkin-matsuura | 2015-09-18 00:27 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback