タグ:申請 ( 3 ) タグの人気記事

 

ブログ de 健康保険 6

★ 療養のために給料が出ないときは…
次の4つの条件を満たしたときは「傷病手当金」が支給されます

① 病気・けがで療養中であること

② 仕事につけないこと(労務不能)

③ 4日以上仕事を休むこと

④ 給料を受けられないこと

休業1日につき標準報酬日額の3分の2が、支給開始日から最大1年6か月、支給要件を満たした期間について支給されます
例えば、給料(標準報酬月額)が24万の人が長期入院のため仕事ができず給料が受けられない場合は、 
24万円を日額に換算して → 24万円 ÷ 30日 = 8千円(標準報酬日額)
8千円 × 3分の2 = 5,333円
例の場合、1日につき5,333円が傷病手当金として支給されます
申請には事業主の証明と医師の意見が必要です

by nenkin-matsuura | 2008-03-09 13:28 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

外国の年金の申請

3月1日よりカナダの年金が申請できるようになりました
社会保険事務所や共済組合の窓口で、65歳の6か月前から申請できます
あと、カナダの年金加入期間は日本の年金受給要件期間(25年)と通算することもできます

日本からカナダへ派遣される場合は、派遣期間によってどちらで年金に加入するのかが違ってきます
・派遣期間が5年を超えないと見込まれる場合 
   日本の年金制度に加入し、カナダの年金制度(CPP)は免除となります
・派遣期間が5年を超えると見込まれる場合
   日本の年金制度は免除となり、カナダの年金制度(CPP)に加入します

※協定により二重加入が防止されるのはカナダ年金制度(CPP)で、老齢保障制度(OAS)やケベック年金制度(QPP)は対象となりません

by nenkin-matsuura | 2008-03-01 18:57 | 年金 あれこれ | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その②

“繰上げのタイミング”

65歳からの老齢基礎年金を減額して早くもらう繰り上げ制度
繰上げの申請をした月によって減額率が異なってきます
近く退職の予定がある方で、失業保険を受けられる場合もあると思います
老齢年金 と 失業保険の基本手当 どちらか一方しかもらえませんので考えどころです
例えば
    失業保険(月換算で)15万円
    繰り上げの年金   14万円
こういう場合では金額の多い失業保険をもらって、もらい終えた月に繰上げをした方が得となります 理由は、繰上げはひと月でも遅い方が率が良いということと、失業保険をもらっている間は年金が停止になるということです

by nenkin-matsuura | 2007-11-24 15:28 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback