タグ:生活保護 ( 4 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第556問(法定免除)

Q 国民年金保険料が法定免除となるケースを以下のうちから選んでください。



① 退職し、失業保険を受給している。
② 夫死亡による遺族厚生年金を受給している。
③ 障害基礎年金を受給している。


ねんきんQuiz-第556問(法定免除)_d0132289_22244743.jpg



                           A ③ 障害基礎年金を受給している。
point 障害基礎年金を受給している場合は届け出により、国民年金保険料が法定免除となります。
ほかには、生活保護を受給している場合なども届け出により法定免除となります。

by nenkin-matsuura | 2019-05-23 00:20 | ねんきんQuiz | Trackback  

国民年金保険料免除理由該当届

「国民年金保険料免除理由該当届」


国民年金保険料の法定免除に該当した際に使用します(障害基礎年金や障害厚生年金などの1級または2級に該当した場合や生活保護を受給することとなった場合等)

③該当年月日については…
 免除該当日の前月から指定することができます

納付申出を希望しますか。については…
 任意にて納付申出をすることが可能です

納付申出を希望するときは、同該当届の「国民年金保険料免除期間納付申出書(任意)」も記入します

by nenkin-matsuura | 2016-08-09 02:17 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんQuiz-第106問

Q 次のうち、受給していれば国民年金の法定免除を受けることができる年金の名称を選んでください ?                                            

① 寡婦年金
② 老齢基礎年金
③ 障害基礎年金

ねんきんQuiz-第106問_d0132289_281852.jpg

                                        A ③ 障害基礎年金
point 第1号被保険者で障害基礎年金を受給している場合は、国民年金の法定免除を受けることができます
また、第1号被保険者で生活保護法による生活扶助を受けている場合も同様に、法定免除とすることが可能です

by nenkin-matsuura | 2010-05-07 02:14 | ねんきんQuiz | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その28

“老齢年金の裁定請求時に所得証明書を省略できる場合あり”

振替加算の対象者(配偶者が配偶者加給年金を受給可能な場合)が特別支給の老齢厚生年金(老齢基礎年金+老齢厚生年金を含む)を請求する時には、請求者の所得証明書が必要となりますが、次のいずれかに該当すれば、所得証明書の添付を省略できお得です
・健康保険の被扶養者(健康保険被保険者証等)
・国民年金の第3号被保険者
・公的年金の加給年金額の対象者
・国民年金保険料免除者
・生活保護受給者(生活保護証明等)

振替加算を受給するためには、本人の収入要件として収入が850万円以下である必要があり、その証明として所得証明書を添付しますが、上記のいずれかに該当すれば、850万円以下の収入であることの証明となり、所得証明書の添付が省略できます

by nenkin-matsuura | 2009-01-04 18:47 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback