タグ:特別加算額 ( 5 ) タグの人気記事

 

ねんきん豆知識111 (平成27年4月からの年金額・③)

<平成27年4月からの年金額・③>


ねんきん豆知識111 (平成27年4月からの年金額・③)_d0132289_00223048.jpg
・配偶者加給年金額
 … 224,500円
 特別加算額
  昭和9年4月2日~15年4月1日生まれ
  … 33,200円
  昭和15年4月2日~16年4月1日生まれ
  … 66,200円
  昭和16年4月2日~17年4月1日生まれ
  … 99,400円
  昭和17年4月2日~18年4月1日生まれ
  … 132,500円
  昭和18年4月2日生まれ以降
  … 165,600円

・振替加算の額(※生年月日によって額が変わる)
 昭和25年4月2日~26年4月1日生まれの場合
 … 80,800円

by nenkin-matsuura | 2015-05-12 00:35 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第304問

Q 次の5つの年金(加給金・加算金を含む)のうち、生年月日によって額が変わるものとして正しい数を選んでください ? ☆☆☆
「遺族基礎年金」、「配偶者加給年金額」、「付加年金」、「障害基礎年金」、「経過的寡婦加算額」

① 3つ
② 2つ
③ 1つ

ねんきんQuiz-第304問_d0132289_23541981.jpg

                                        A ② 2つ
point 配偶者加給年金額は受給者の生年月日に応じ額(特別加算額)が違います また、経過的寡婦加算の額も受給者の生年月日によって変わります
なお、上記のうち、遺族基礎年金と障害基礎年金は額が定額で、付加年金は付加保険料の納付月数により額が変わります

by nenkin-matsuura | 2014-07-17 00:25 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきん豆知識83

<平成25年10月からの年金額>

ねんきん豆知識83_d0132289_23412271.jpg・老齢基礎年金
 …778,500円
・障害基礎年金(1級)
 …973,100円
・障害基礎年金(2級)
 …778,500円
・遺族基礎年金
 …778,500円
(子の加算額)
 …224,000円
・配偶者加給年金額
 …224,000円
(特別加算額)
 …165,200円(※生年月日により異なる)

※平成25年10月分(12月支払)から1%の引き下げとなります なお、配偶者加給年金額には特別加算があり、昭和18年4月2日以降生まれの場合は合計すると389,200円となります(224,000円+165,200円)

by nenkin-matsuura | 2013-10-01 00:03 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第244問

Q 以下の文章の3つのカッコ内に入る文字の頭文字を並べてできる地名を、次のうちから選んでください ? ☆☆☆ 
「障害厚生年金に加算される(   )は、60歳台前半の老齢厚生年金の配偶者の加給年金額(特別加算額を除く)と同額で、障害基礎年金に加算される(   )は、60歳台前半の老齢厚生年金の子の加給(   )額と同額となる」 

① 博多(はかた)
② 山根(やまね)
③ 箱根(はこね) 
ねんきんQuiz-第244問_d0132289_002715.jpg

                                       A ③ 箱根(はこね) 
point「障害厚生年金に加算される(配偶者加給年金額)は、60歳台前半の老齢厚生年金の配偶者の加給年金額(特別加算額を除く)と同額で、障害基礎年金に加算される(子の加算額)は、60歳台前半の老齢厚生年金の子の加給(年金)額と同額となる」
なお、配偶者加給年金額(特別加算額を除く)及び子の加算額は、年226,300円です(平成25年5月時点)

by nenkin-matsuura | 2013-05-30 00:33 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 137

◇ 2つの配偶者加給年金額

お得な、配偶者加給年金額が付く年金としては、「老齢厚生年金」(特別支給の老齢厚生年金を含む)と「障害厚生年金」(1級または2級)があげられます

老齢厚生年金及び障害厚生年金に付く配偶者加給年金は、受給権取得時に生計を維持していた配偶者がいる必要がありますが、
そのほかの要件として異なるのは、
老齢厚生年金の場合 → 厚生年金保険の被保険者期間が240月以上(中高齢者の特例だと180月~228月以上)ある必要があります
障害厚生年金の場合 → 受給権取得時に1級または2級の障害の状態(障害等級)である必要があります

また、その額は、
老齢厚生年金の場合 → 生年月日により227,900円~396,000円(平成22年度額)
障害厚生年金の場合 → 227,900円(平成22年度額)
となり、老齢厚生年金には、昭和9年4月2日以降生まれの場合、生年月日に応じた特別加算額が付きます

by nenkin-matsuura | 2011-03-05 01:42 | 年金アドバイスv(∩.∩)v