タグ:特例老齢農林年金 ( 10 ) タグの人気記事

 

ねんきん豆知識184(農林年金の一時金を請求する際に記入する用紙)


<農林年金の一時金を請求する際に記入する用紙>


ねんきん豆知識184(農林年金の一時金を請求する際に記入する用紙)_d0132289_19404037.jpg
農林年金の一時金を請求する際には、同封されている以下の書類を記入します。

①特例老齢農林年金・一時金請求書
②退職所得申告書
③特例年金・一時金の支給事務に必要な情報の提供について
④特例年金の受給者の扶養親族等申告書

上記以外の添付書類としては、戸籍抄本、年金証書のコピー、個人番号カードの両面のコピー等(個人番号記載の住民票など)が必要です。

by nenkin-matsuura | 2020-01-07 00:17 | ねんきん豆知識 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 557(農林年金の受給手続き(同封の書類))


◇ 農林年金の受給手続き(同封の書類)


農協などで農林共済に加入していた場合は、農林漁業団体職員共済組合から、年金の請求用紙が送られてくる場合があります。

同封の書類を記入し、農林共済へ返信しますが、年金での受け取りか、一時金での受け取りかによって、記入する書類も違います。(。・ρ・。)

一時金での受け取りを希望する場合は、「特例老齢農林年金・一時金請求書」、「退職所得申告書」、「特例年金・一時金の支給事務に必要な情報の提供について」、「特例年金の受給者の扶養親族等申告書」などを記入します。

一方、年金での受け取りを希望の場合、上記書類のうち「退職所得申告書」の提出は不要です。

by nenkin-matsuura | 2019-06-05 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

特例老齢農林一時金の額


■ 特例老齢農林一時金の額


農林共済組合に加入したことがある人は、一定の要件を満たせば、農林漁業団体職員共済組合より特例老齢農林一時金を受給することができます。

一時金の額は、一時金を選択した時点から終身にわたり受給する年金給付総額を一定の割引率により割り引いて得た現在価値相当額(生命年金現価)になります。

一時金の額 = 特例老齢農林年金額 × 年金原価率(一時金換算率)

※年金現価率は予定利率(割引率)と予定生存率を用いて算定します。


by nenkin-matsuura | 2019-03-22 00:06 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 462(年金証書の写しの添付が必要なケース)

◇ 年金証書の写しの添付が必要なケース


特別支給の老齢厚生年金など裁定請求ののちに、年金証書が送られてきます。o(*’з’)o”
年金証書には氏名や基礎年金番号のほか、年金コードなどが記載されています。

各種手続き等においては、年金証書の写しが必要となる場合があるため大切に保管しておくことが必要です。

企業年金連合会への年金の請求の際や、農林共済への特例老齢農林年金の請求の際にも年金証書の写しが必要となる場合があります。(企業年金には年金手帳の写しや基金の加入員証の写し、農林共済へは年金加入期間確認通知書でも可能)

また、受給者が死亡時の未支給年金(死亡届)の請求時には年金証書を添付します。(見当たらないときはその旨丸を付ける。)

by nenkin-matsuura | 2017-08-10 04:32 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識145(特例老齢農林年金の支給率)

<特例老齢農林年金の支給率>


ねんきん豆知識145(特例老齢農林年金の支給率)_d0132289_03423145.jpg
・昭和18年4月2日~19年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.340/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.675/1000

・昭和19年4月2日~20年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.368/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.684/1000

・昭和20年4月2日~21年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.397/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.703/1000

・昭和21年4月2日以降生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.425/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.713/1000

by nenkin-matsuura | 2017-05-23 04:03 | ねんきん豆知識 | Trackback  

特例老齢農林年金の受給要件

■ 特例老齢農林年金の受給要件

特例老齢農林年金を受給するには次の3つの要件を満たす必要があります
① 支給開始年齢に到達すること(生年月日によって違っており、例えば、昭和30年4月2日から32年4月1日生まれの男女は62歳から)
② 公的年金の加入期間が合計で25年以上あること
③ 平成14年3月までの農林年金の加入期間が1年以上あること

申し込みは、農林漁業団体職員共済組合に対して行います(支給開始年齢となる誕生月の前月に請求書類や試算額が郵送にて送られてきます)

なお、特例老齢農林年金は、厚生年金保険の被保険者である間は全額支給停止になります


by nenkin-matsuura | 2015-08-28 00:47 | 年金 あれこれ | Trackback  

いろんな年金シリーズ⑳

☆ 特例老齢農林年金

特例老齢農林年金は、農林漁業団体職員共済組合から支給される年金で、平成22年4月からは一時金での受給も可能となっています
農林漁業団体勤務期間については2つの年金を受給でき、特例老齢農林年金は農林漁業団体職員共済組合へ、老齢厚生年金は年金事務所へ、それぞれ請求をします

・受給するには、次のいずれかの年数が必要です
① 農林年金を含めた厚生年金保険・共済組合の合計加入期間が20年
② 上記①に国民年金の加入期間(納付・免除)を含めた期間が25年(合算対象期間も含む)

・請求に必要な添付書類としては、
戸籍抄本(1か月以内のもの)、年金証書の写しなどを添付して提出(郵送)します


by nenkin-matsuura | 2014-06-02 00:19 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 281

◇ 特例老齢農林年金の請求に添付する書類

農協などの農林漁業団体に勤務していた期間について、老齢厚生年金は年金事務所へ、特例老齢農林年金は農林漁業団体職員共済組合へ請求をします(。・o・。)ノ
また、特例老齢農林年金は、平成22年4月1日から年金による受給のほか、本人の選択により年金に代えて一時金で受給できるようになっています

請求の際に添付する書類としては、
・「戸籍抄本」(60歳以降に交付されたもので、提出する日から1か月以内のもの)
・「老齢厚生年金の年金証書の写し」、または、「年金加入期間確認通知書」
・情報提供に係る同意書
・「特例年金の受給者の扶養親族等申告書」(同意しないときは提出不要)
一時金で受け取る場合はさらに、
・「退職所得の受給に関する申告書・退職所得申告書」
・「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」(課税年に他からも退職手当等を受けた場合)

なお、提出は、農林漁業団体職員共済組合へ郵送により行います

by nenkin-matsuura | 2014-02-12 00:16 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第281問

Q 農林漁業団体職員共済組合から支給される年金について、以下のうちから選んでください ? ☆☆☆

① 遺族厚生年金
② かん夫年金
③ 特例老齢農林年金 
ねんきんQuiz-第281問_d0132289_011319.jpg

                                  A ③ 特例老齢農林年金
point 農協など農林漁業団体勤務期間については、老齢厚生年金は年金事務所等へ請求し、特例老齢農林年金はは農林漁業団体職員共済組合へ請求します
なお、特例老齢農林年金は、平成22年4月より一時金で受け取る方法も選択することができるようになっています

by nenkin-matsuura | 2014-02-06 00:27 | ねんきんQuiz | Trackback  

いろんな年金シリーズ②

☆ 特例老齢農林年金

農林漁業団体職員共済組合加入者に対する3階部分に該当する年金です

受給要件としては、
① 支給開始年齢に達していること(昭和28年4月1日以前生まれは男女とも60歳から)
② 公的年金に通算して25年以上加入していること
③ 平成14年3月までに農林年金に1年以上加入していること

支給されるのは、
平成14年3月までの給与(賞与を除く)の平均を基に、
平均給与月額×生年月日に応じた支給率×加入月数
で計算される
なお、農林年金に20年以上加入しているか否かで支給率が異なる

※特例老齢農林年金は、農林漁業団体職員共済組合(農林年金)から支給されます

by nenkin-matsuura | 2009-09-30 14:57 | 年金 あれこれ | Trackback