タグ:法定免除 ( 13 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第556問(法定免除)

Q 国民年金保険料が法定免除となるケースを以下のうちから選んでください。



① 退職し、失業保険を受給している。
② 夫死亡による遺族厚生年金を受給している。
③ 障害基礎年金を受給している。


ねんきんQuiz-第556問(法定免除)_d0132289_22244743.jpg



                           A ③ 障害基礎年金を受給している。
point 障害基礎年金を受給している場合は届け出により、国民年金保険料が法定免除となります。
ほかには、生活保護を受給している場合なども届け出により法定免除となります。

by nenkin-matsuura | 2019-05-23 00:20 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第148回(障害基礎年金受給による法定免除と国民年金基金)


◆ 障害基礎年金受給による法定免除と国民年金基金


障害基礎年金の受給権がある場合は、手続きにより国民年金保険料は法定免除となります。

国民年金基金の加入者が障害基礎年金の受給権を有することとなり、法定免除になると、国民年金基金の加入資格は喪失します。

ただし、「国民年金保険料免除期間納付申出書」の提出により、引き続き国民年金保険料を納付する場合は、国民年金基金の資格は喪失になりません。

by nenkin-matsuura | 2019-01-18 00:36 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第131回(さかのぼっての法定免除と国民年金保険料の還付)

◆ さかのぼっての法定免除と国民年金保険料の還付


障害認定日による請求により、最大で過去の5年分、障害基礎年金や障害厚生年金を受給することが可能です。

もし、さかのぼって2級以上となった場合は、その期間の国民年金保険料は手続きにより法定免除となります。
また、当該期間の国民年金保険料を納付していた場合は、還付となります。(希望により追納することも可能)

手続きとしては、「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」を市区町村等へ提出し、認定された日を含む前月分から保険料が免除となります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-15 04:26 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第459問(国民年金保険料)

Q 国民年金の保険料について、〇か×かで答えてください。 ? ☆☆

① 障害基礎年金を受けている場合は届け出により法定免除となる場合がある 〇 or ×
② 納付猶予を受けた期間は2分の1が年金額に反映される 〇 or ×
③ 年齢によって保険料が違っていた年度(期間)もあった 〇 or ×


ねんきんQuiz-第459問(国民年金保険料)_d0132289_03395506.jpg


                                    A ① 〇 ② × ③ 〇
point
① 国民年金の第1号被保険者は障害基礎年金を受けている場合、届け出により法定免除となります。
② 納付猶予を受けていた期間は年金額の計算には反映されません。(追納した場合を除く。)
③ 昭和36年4月~45年6月までは35歳を境にして保険料が違っていました。

by nenkin-matsuura | 2017-07-06 04:09 | ねんきんQuiz | Trackback  

国民年金保険料免除理由該当届

「国民年金保険料免除理由該当届」


国民年金保険料の法定免除に該当した際に使用します(障害基礎年金や障害厚生年金などの1級または2級に該当した場合や生活保護を受給することとなった場合等)

③該当年月日については…
 免除該当日の前月から指定することができます

納付申出を希望しますか。については…
 任意にて納付申出をすることが可能です

納付申出を希望するときは、同該当届の「国民年金保険料免除期間納付申出書(任意)」も記入します

by nenkin-matsuura | 2016-08-09 02:17 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 保険料編17

<Q1> 学生の時の分を払うのは10年以内だったら可能でしょうか?

 <A1> はい、追納は10年以内なら可能です 3年度目以降に保険料を納付するときは加算額をプラスしたうえで支払う必要があります

<Q2> 現在、障害基礎年金をもらっていますが、夫が退職した後は納める必要があるのでしょうか?

 <A2> ご主人様が退職された後は第3号被保険者から第1号被保険者となりますが、症状が固定し診断書の提出が不要ということもあり、障害基礎年金の受給者は届出により法定免除となります

<Q3> 息子の扶養になる予定ですが… (57歳、パート)

 <A3> はい、健康保険は扶養となりますが、国民年金は第3号被保険者ではなく第1号被保険者のため、納付や免除が必要です

by nenkin-matsuura | 2016-07-19 00:34 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 共通編その⑭(法定免除期間は申出にて納付可能)

“国民年金保険料の法定免除期間は、申出にて納付することが可能”

障害基礎年金または障害厚生年金(障害共済年金)の1級・2級を受給するようになったときや生活保護法による生活扶助を受けるようになったときなどは、国民年金の第1号被保険者の場合、届出により保険料が全額免除(法定免除)になります

平成26年4月からは、法定免除となる場合でも、納付申出を希望すれば国民年金保険料(付加保険料も含む)を納付することができるようになっています

なお、2級以上の障害基礎年金・障害厚生年金の受給が決定し、証書が送付される際に、「国民年金保険料免除理由該当届」が同封されている場合があります 当該届出書により法定免除を受けることができますが、納付を希望する時は、同届出書下部の「国民年金保険料免除期間納付申出書(任意)」を記入することによって、法定免除期間を納付することが可能です(障害状態確認届(診断書)により等級が下がる可能性がある場合など)

by nenkin-matsuura | 2015-12-18 00:31 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第309問

Q 届出により国民年金保険料の法定免除となる人を以下のうちから選んでください ?  ☆☆

① Aさん(50歳)、障害基礎年金の2級を受給中、現在は厚生年金保険に加入中
② Bさん(30歳)、障害厚生年金の3級を受給中、現在は国民年金の第3号被保険者
③ Cさん(45歳)、障害基礎年金+障害厚生年金の2級を受給中、現在は国民年金の第1号被保険者

ねんきんQuiz-第309問_d0132289_23441936.jpg

A ③ Cさん(45歳)、障害基礎年金+障害厚生年金の2級を受給中、現在は国民年金の第1号被保険者
point 第1号被保険者は、1級または2級の障害の年金(障害基礎年金や障害厚生年金など)を受給している場合、届け出ることによって国民年金保険料の法定免除(全額免除)となります
なお、①のAさんは、2級ですが現在厚生年金保険に加入中のため法定免除とすることができず、また、②のBさんは、3級であることと第3号被保険者であることから法定免除とすることはできません

by nenkin-matsuura | 2014-08-21 00:06 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第294問

Q 以下の3つの国民年金保険料に関することについて、○か×かで答えてください ? 
☆☆
※いずれも平成26年4月からとする

① 「さかのぼって免除申請ができるようになった」 ○ or ×
② 「法定免除期間の保険料が納付できるようになった」 ○ or ×
③ 「付加保険料も2年間納付できるようになった」 ○ or ×

ねんきんQuiz-第294問_d0132289_00092931.jpg

                                  A ① ○ ② ○ ③ ○
point ① これまでは、さかのぼって免除申請ができる期間は、申請時点の直前の7月(学生納付特例は4月)まででしたが、26年4月からは過去2年間(2年1か月前)までさかのぼって申請ができるようになっています
② これまでは、法定免除を受けている期間については、追納のみ可能でしたが、26年4月からは、申出により法定免除期間について、 国民年金保険料を通常どおり納付することができるようになっています(申出ができるのは26年4月以降の期間)
③ これまでは、付加保険料は納期限(翌月末)までに納めなければ、自動的に 納めることができなくなる取扱いでしたが、26年4月からは、国民年金保険料と同様に、付加保険料も納期限から 2 年間納めることができるようになっています

by nenkin-matsuura | 2014-05-08 00:36 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第202問

Q 国民年金の保険料が届出により法定免除となる人を、以下のうちから選んでください ?  

① 空さん(40歳)、第2号被保険者、遺族基礎年金を受給中
② 月さん(50歳)、第3号被保険者、収入は無い
③ 星さん(33歳)、第1号被保険者、障害基礎年金を受給中 

ねんきんQuiz-第202問_d0132289_0232563.jpg

              A ③ 星さん(33歳)、第1号被保険者、障害基礎年金を受給中
point 第1号被保険者であり、障害基礎年金を受給している星さんは、届出により国民年金の保険料が法定免除(全額免除)となります また、生活保護法による生活扶助を受けているときなどもその対象となります

by nenkin-matsuura | 2012-08-09 00:53 | ねんきんQuiz | Trackback