タグ:期間短縮 ( 12 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第475問(期間短縮)

Q 以下の4つの年金のうち、10年の期間短縮の対象となる年金の数を選んでください ? ☆☆☆
「特別支給の老齢厚生年金」「障害基礎年金」「寡婦年金」「老齢基礎年金」

① 4つ
② 3つ
③ 2つ
④ 1つ

ねんきんQuiz-第475問(期間短縮)_d0132289_21274598.jpg


                                          A ② 3つ
point 「特別支給の老齢厚生年金」と「寡婦年金」と「老齢基礎年金」は10年の期間短縮の対象になります。(ほかには老齢厚生年金や通算老齢年金や退職共済年金などがあります。)
なお、障害基礎年金は10年の期間短縮の対象ではなく別の納付要件があります。

by nenkin-matsuura | 2017-11-02 00:06 | ねんきんQuiz | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その87(期間短縮となった寡婦年金)

゛期間短縮となった寡婦年金”


平成29年8月1日より、寡婦年金は、25年から10年へと受給資格期間が短縮となっています。

寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上ある夫が亡くなったときに、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計維持されていた妻が受けることができます。

なお、寡婦年金の年金額は、夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金額の4分の3の額になります。

by nenkin-matsuura | 2017-10-20 00:10 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 472(遺族厚生年金の受給権者と期間短縮)

◇ 遺族厚生年金の受給権者と期間短縮


遺族厚生年金の受給権者が、期間短縮により老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給権が発生したときは、遺族厚生年金の受給権の発生時期によって、受ける年金を選択できる場合があります。

選択可能なのは、平成19年3月31日以前に65歳以上(昭和17年4月1日以前生まれ)であり、かつ、すでに遺族厚生年金の受給権がある場合です。

その場合は、①老齢基礎年金+老齢厚生年金、②老齢基礎年金+遺族厚生年金、③老齢基礎年金+老齢厚生年金の2分の1+遺族厚生年金の3分の2のうちから、年金受給選択申出書により選択することが可能です。(^▽^)

by nenkin-matsuura | 2017-10-19 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 466(期間短縮と繰上げ(65歳未満の場合))

◇ 期間短縮と繰上げ(65歳未満の場合)


受給資格期間が10年に短縮されたことにより、60歳以上65歳未満で10年以上の加入期間があれば、繰上げにより受給することも可能です。d(゚∀゚。)

すでに期間短縮用の年金請求書を提出していて繰上げの希望がある場合は、緑色の繰上げ請求書(様式第234号)にて繰上げ請求を行います。

なお、繰上げ請求を行った翌月分からの増となります。(いったん通常請求後の繰上げの場合年金証書は、特別支給の老齢厚生年金の額のみが記載されます。)

by nenkin-matsuura | 2017-09-06 04:25 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 465(期間短縮と寡婦年金)

◇ 期間短縮と寡婦年金


平成29年8月1日より、老齢年金の受給資格期間が10年へと短縮となっています。(゚v`d)

また、寡婦年金についても、それまでの25年(300月)以上という要件から、10年(120月以上)という要件に短縮となっています。

寡婦年金の要件は、
① 夫が亡くなったとき
② 夫が第1号被保険者として国民年金保険料(一部免除期間を含む)を10年以上納付している(老齢基礎年金や障害基礎年金の受給前)
③ 10年以上継続して婚姻関係にある
④ 生計を維持されていた妻がいる
場合などを満たす必要があります。

なお、寡婦年金は、夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金の額の4分の3の額で、妻が60歳から65歳の間に受けることができます。(妻が繰上げをしている場合を除く)

by nenkin-matsuura | 2017-08-31 04:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 456(年金の受給手続きをしていなかった場合(期間短縮))

◇ 年金の受給手続きをしていなかった場合(期間短縮)


年金を受けるために必要な受給資格期間が25年から10年となることに伴って、対象者には「短縮」と書かれた黄色の封筒が送付されています。

手続きをされていない場合は、「短縮と記載した黄色の封筒で年金請求書をお送りしました 年金請求手続きをお急ぎ下さい」と書かれたハガキが送られてきます。m(*・´ω`・*)m

もし、黄色の封筒を紛失した場合でも手続きは可能です。(予約による7月の土曜日相談も実施されています。)



by nenkin-matsuura | 2017-06-29 04:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第458問(受給権発生日)

Q 次のうち、受給権発生日が一番早い人を選んでください ? ☆☆
※繰上げは行わないものとする

① Aさん、昭和22年5月8日生まれ、男性、厚生年金保険に120月加入している
② Bさん、昭和32年6月29日生まれ、女性、厚生年金保険に320月加入している
③ Cさん、昭和27年9月3日生まれ、男性、国民年金を200月掛けている


ねんきんQuiz-第458問(受給権発生日)_d0132289_03491956.jpg


 A ② Bさん、昭和32年6月29日生まれ、女性、厚生年金保険に320月加入している
point ②のBさんの場合は、特別支給の老齢厚生年金の受給権が、平成29年6月28日に発生します。
なお、①のAさんは、期間短縮の施行日である29年8月1日に受給権が発生し、
また、③のCさんは、65歳となる29年9月2日に受給権が発生します。

by nenkin-matsuura | 2017-06-28 04:12 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 443(期間短縮用の年金請求書(雇用保険番号))

◇ 期間短縮用の年金請求書(雇用保険番号)


老齢年金の受給資格期間が10年(120月)へ短縮されることに伴って、対象者には黄色の年金請求書が順次発送されています。

年金請求書(6ページ目)には、(2)に雇用保険被保険者番号を書く欄がありますが、
①加入した年金制度が国民年金のみ
②平成29年8月1日時点で65歳以上
の場合は、(2)と(3)の記入は不要です

また、上記①と②に該当するときは、雇用保険被保険者番号のわかる書類の添付も不要です。(′ – ′)

by nenkin-matsuura | 2017-03-30 02:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮)

Q 法改正(期間短縮)により年金を受給できることとなる人を次のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも65歳の者とする

① Aさん、厚生年金保険に100月加入、カラ期間なし
② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
③ Cさん、国民年金を20月納付、厚生年金保険に40月加入、カラ期間は20月あり

ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮)_d0132289_02573823.jpg


      A ② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
point Bさんは合計で120月となるため、平成29年8月1日に老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給権が発生します。
なお、条件を満たす者に対しては、順次、年金請求書(黄色)が送付されます。

by nenkin-matsuura | 2017-03-29 03:08 | ねんきんQuiz | Trackback  

合算対象期間(カラ期間)に関する申立書

「合算対象期間(カラ期間)に関する申立書」


10年の期間短縮用の年金請求書には、合算対象期間(カラ期間)に関する申立書のページがあります。(101号の場合は別紙での様式)

①婚姻している(していた)期間はありますか。
 「はい」に丸を付けた場合は必要項目を記入します
 ・婚姻期間
 ・配偶者の氏名、生年月日、わかれば基礎年金番号
 ・配偶者が年金を受けていたかどうか

②20歳以降に大学院・大学・短期大学・専修学校・各種学校の学生であった期間がありますか?(夜間部・通信制は除きます)
 「はい」に丸を付けた場合は、学生であった期間(何歳ごろ)を記入します。

③海外に住んでいた期間がありますか?
 「はい」に丸を付けた場合はその期間(何歳ごろ)を記入します。

④外国籍である方(あった方)で帰化または永住許可を受けていますか?
 「はい」に丸を付けた場合は、帰化または永住許可を受けた期間(何歳ごろ)を記入します。

⑤ア~ウに該当するものがありますか?
 ア.厚生年金保険・船員保険・共済年金で一時金を受けたこと
 イ.公的年金制度から障害年金または遺族年金を受けたこと
 ウ.本人か配偶者が昭和61年3月以前に国会議員や地方議会議員であった期間があること
 「はい」に丸を付けた場合は、ア~ウの該当するものに丸を付けます。

最後に下の請求者氏名に、氏名を記入します。

by nenkin-matsuura | 2017-03-28 04:29 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback