タグ:昭和61年4月1日 ( 3 ) タグの人気記事

 

障害年金の手続・仕組みなど第156回(旧法の障害福祉年金と障害基礎年金(裁定替え))


◆ 旧法の障害福祉年金と障害基礎年金(裁定替え)


昭和61年3月31日に障害福祉年金の受給権がある場合、同年4月1日に障害基礎年金の障害等級に該当する障害があるときは、障害福祉年金を受ける権利が消滅し新たに障害基礎年金として受給することになっています。

また、障害福祉年金の受給権のある人が、昭和61年4月1日に障害等級に該当しなくても、障害の状態に該当しなくなった日から3年以内に該当するようになれば、障害基礎年金を受給することができました。

なお、初診日が昭和36年4月1日前の傷病が治らないで、39年8月1日に国民年金法の障害年金を受けられる障害の状態になかった人が、61年4月1日以後で70歳に達する日の前日までに障害基礎年金を受けられる障害の状態になったときは、本人の請求により、障害基礎年金を受給できます。

by nenkin-matsuura | 2019-10-25 00:12 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback(40)  

ねんきんFAQ カラ期間編18

<Q1> 各種学校に在籍していたことはありました・・(昭和50年代)

 <A1> 各種学校の場合、昭和61年4月1日以降であればカラ期間とできたところです。

<Q2> 元妻は同じ厚生年金保険だったと思います

 <A2> 期間がずれていればカラ期間の可能性もあったのですが、お二人とも同時期に厚生年金保険の加入だとカラ期間とはならず・・

<Q3> カラ期間を含めて300月以上となると、さかのぼってもらえるんですか?

 <A3> 最大5年分(時効特例なしとして)さかのぼってもらうことが可能です。

by nenkin-matsuura | 2017-05-08 00:15 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第234問

Q 次のうち、対象期間をカラ期間とできる人を選んでください ? ★☆★ 
※すべて、20歳以降60歳未満の期間とする

① キリコさん、昭和58年4月~60年3月まで各種学校の生徒であった期間
② ミロさん、平成5年4月~7年3月まで大学生であった期間
③ ダリさん、昭和57年4月~58年3月まで高等専門学校の学生であった期間 
④ エルンストさん、昭和60年4月~62年3月まで大学生(夜間制)であった期間
d0132289_23221319.jpg

   A ③ ダリさん、昭和57年4月~58年3月まで高等専門学校の学生であった期間
point 昭和36年4月から平成3年3月31日までの、20歳以上60歳未満の学生であった期間はカラ期間として合算できます 学生とは、大学、短期大学、大学院、高等専門学校の学生であった期間や、昭和61年4月1日以降の各種学校(理容師、歯科技工士など)の学生をいいます 
なお、定時制(夜間制)および通信制の学部に在籍していた期間は除かれます

by nenkin-matsuura | 2013-03-21 00:03 | ねんきんQuiz | Trackback