タグ:支給率 ( 2 ) タグの人気記事

 

ねんきん豆知識145(特例老齢農林年金の支給率)

<特例老齢農林年金の支給率>


ねんきん豆知識145(特例老齢農林年金の支給率)_d0132289_03423145.jpg
・昭和18年4月2日~19年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.340/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.675/1000

・昭和19年4月2日~20年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.368/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.684/1000

・昭和20年4月2日~21年4月1日生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.397/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.703/1000

・昭和21年4月2日以降生まれ
 農林年金加入期間が20年以上‥1.425/1000
 農林年金加入期間が20年未満‥0.713/1000

by nenkin-matsuura | 2017-05-23 04:03 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第94問

Q 国民年金を480月掛けているSさん(昭和25年生まれ)が、60歳0か月で老齢基礎年金の繰上げをした場合に、次の文章の5つの緑色の個所のうち誤っている個所の数を答えてください?
                                                ☆☆☆

「Sさんが、遺族基礎年金を60歳0か月で繰下げ受給した場合は、支給率は75%で、年金額は554,500円となる。また、繰上げをすると厚生年金保険に加入できなくなる。」

① 5つ ② 4つ ③ 3つ ④ 2つ ① 1つ

ねんきんQuiz-第94問_d0132289_148244.jpg

                                              A ② 4つ
 point 正しくは、「Sさんが、老齢基礎年金を60歳0か月で繰上げ受給した場合は、支給率は70%で、年金額は554,500円となる。また、繰上げをすると国民年金に任意加入できなくなる。」です
遺族基礎年金は繰上げできず、繰下げ受給は66歳以降となります また、繰上げをしても厚生年金保険には加入できます
なお、上記の場合の算式は、
老齢基礎年金の額:792,100円×480月÷480月=792,100円
支給率:1-(60月×0.005)=0.7=70%
60歳から繰上げた場合の額:792,100円×70%=554,470円=端数処理をして554,500円となります

by nenkin-matsuura | 2010-02-05 02:38 | ねんきんQuiz | Trackback