タグ:支給停止事由該当届 ( 14 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第367問(高年齢雇用継続給付との調整)

Q 特別支給の老齢厚生年金の受給における雇用保険の高年齢雇用継続給付との調整について、「○」or「×」で答えてください ? ☆☆☆

① 最高で標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となる ○ or ×
② 受給の際には「支給停止事由該当届(様式第583号)」の提出が必要である(平成27年4月より受給開始の者とする) ○ or ×
③ 障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合は、高年齢雇用継続給付との調整はない ○ or ×

ねんきんQuiz-第367問(高年齢雇用継続給付との調整)_d0132289_22451042.jpg

                                  A ① ○ ② × ③ ○
point
① 高年齢雇用継続給付の支給の割合に応じて調整されますが、最大だと標準報酬月額の6%相当額が年金より支給停止となります
② 平成27年4月より受給開始の場合は、「支給停止事由該当届」の提出は不要です もし、25年10月1日より前の受給があった時は当該届の提出が必要です
③ 調整の対象となるのは特別支給の老齢厚生年金で、障害基礎年金・障害厚生年金や遺族厚生年金を選択受給の場合、調整はありません


by nenkin-matsuura | 2015-10-08 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届(平成25年9月30日以前の受給の場合)

「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届(様式第583号)」
(25年9月30日以前の受給の場合)

支給停止事由該当届は、平成25年9月30日以前に、ハローワークで求職の申込みをしたときや、雇用保険の高年齢雇用継続給付金等を受けられるようになった時に提出する書類です(遡って特別支給の老齢厚生年金の申請をする際などに使用)

・④の欄
 1の基本手当に丸を付けた場合は、雇用保険受給資格者証(両面をコピーしたもの)を添付します
 2の高年齢雇用継続基本給付金に丸を付けた場合は高年齢雇用継続給付支給決定通知書(コピー)などを添付します

・⑤の欄
 ④の「1.基本手当」に丸を付けた場合に、その求職の申込みを行った年月日を記入します

・⑥の欄
 ④の「2.高年齢雇用継続給付金」または「3.高年齢再就職給付金」に丸を付けた場合は、その給付の対象となり始めた年月を記入します

by nenkin-matsuura | 2014-08-12 00:23 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんQuiz-第272問

Q 雇用保険に関する届出(支給停止事由該当届)をしなくてもよい人を次のうちから選んでください ? ☆☆
※全て、60歳から特別支給の老齢厚生年金を受給している者(現在は62歳)とする

① ももさん、平成25年4月20日に雇用保険の基本手当の受給申し込みをした
② りんごさん、平成25年8月から雇用保険の高年齢雇用継続給付を受給している
③ なしさん、平成25年12月5日に雇用保険の基本手当の受給申し込みをした 
ねんきんQuiz-第272問_d0132289_015142.jpg

 A ③ なしさん、平成25年12月5日に雇用保険の基本手当の受給申し込みをした
point 平成25年10月1日以降において、ハローワークに求職の申し込みをしたときや高年齢雇用継続給付を受けることができるようになったときは、支給停止事由該当届の提出は不要です
なお、遡って年金の受給手続きを行う場合など、特別支給の老齢厚生年金の受給権発生後で平成25年10月1日前に基本手当や高年齢雇用継続基本給付金を受けていた場合には、年金請求書とともに支給停止事由該当届の提出が必要となります

by nenkin-matsuura | 2013-12-05 00:32 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第265問

Q 以下の3つのキーワード全てに関係のある語句を①~③から選んでください ? ☆☆ 
「基本手当」 「平成25年10月1日」 「特別支給の老齢厚生年金」

① 障害基礎年金
② 支給停止事由該当届 
③ 繰上げ
ねんきんQuiz-第265問_d0132289_022180.jpg

                                 A ② 支給停止事由該当届
point 「特別支給の老齢厚生年金」は、雇用保険の「基本手当」や高年齢雇用継続給付を受けられる場合は、全額または一部が停止となり、『支給停止事由該当届』の提出が必要となっていましたが、「平成25年10月1日」より当該届出の提出が原則不要となっています
なお、年金を受け取る権利が発生した日と、求職の申込みをした日または高年齢雇用継続給付を受けられるようになった日が、ともに平成25年10月1日よりも前の場合は、支給停止事由該当届の届出が必要です

by nenkin-matsuura | 2013-10-16 00:27 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方 編18

<Q1> …わかりました、あと一点、えーっとこの通知が来ていて…月数が合わないようですが…私42年くらいかけているはずなんですけど、すいません(支給額変更通知書)

 <A1> はい、おっしゃるとおり、9月までで42年以上加入されています この月数は…60歳までの月数となります 退職された際など年金額が変更となったときに再度通知が送られてきます

<Q2> 書き方がわからなくて…(支給停止事由該当届)

 <A2> はい、1番の基本手当にマルを付けて…求職の申し込みを行った年月日は…雇用保険受給資格者証の、はい、この日付ですね

<Q3> あっ、すいません…(項目の「生年月日」の間に生年月日を記入した)

 <A3> あっいえ、申し訳…右の方に…はい、「昭5」を丸で囲んで…19年の05月07日ではい、大丈夫です

by nenkin-matsuura | 2013-10-15 00:24 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その57

“雇用保険の給付を受けた際の届出が原則不要に”

これまでは、年金(特別支給の老齢厚生年金)の受給権者が雇用保険の基本手当や高年齢雇用継続給付を受給した際には、「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届」の届出が必要でしたが…

平成25年10月1日より、同届出の提出が原則不要となりました(年金の停止はいままでどおり有り)

ただし、年金を受ける権利が発生した日と、求職の申込みをした日または高年齢雇用継続給付を受けられるようになった日が、共に平成25年10月1日よりも前の場合は、上記届の提出が必要です(例:遅れて、過去に遡って年金を請求するときなど)

by nenkin-matsuura | 2013-10-07 00:02 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 251

◇ 高年齢雇用継続給付支給決定通知書が来たら…

特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、厚生年金保険被保険者であり、かつ、雇用保険の高年齢雇用継続給付を受けられる場合は、特別支給の老齢厚生年金が割合に応じて停止となります(´;ω;`)

調整となるときは、標準報酬月額の賃金月額(60歳到達時または離職時)に対する割合に応じた調整額が支給停止となります(最大で標準報酬月額の6%相当額)

高年齢雇用継続給付を受けられるようになったら、「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届」(様式第583号)に高年齢雇用継続給付決定通知書(細長い用紙)を添付して年金事務所の窓口等へ提出します(提出は初回のみ)

by nenkin-matsuura | 2013-07-18 00:26 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 248

◇ 雇用保険受給資格者証とともに

特別支給の老齢厚生年金等を受給(停止中、未請求を含む)しており、雇用保険の基本手当を受給するようになった場合は、ハローワークにて交付された雇用保険受給資格者証(裏面に写真付き)を「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届」(様式第583号)に添えて年金事務所等へ提出します

雇用保険の求職者給付の基本手当を受給している間は、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となりますが、「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届」を提出しておけば、基本手当の受給期間が終了した際には自動的に年金が支払われるようになります(〃 ‘ o’)

ただ、共済組合や厚生年金基金によっては、基本手当受給終了後にも届出が必要な場合があり、その時は、雇用保険受給資格者証の写しを添えて、共済組合や厚生年金基金に届出をします

by nenkin-matsuura | 2013-06-26 00:45 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金 編14

<Q1> ここは? はいの方にマルを付けるんですか? 今はパートをしているのでもらっていません…

 <A1> はい、60歳以降に雇用保険の基本手当を受けられた期間があるため、はいの方にマルを付け、支給停止事由該当届(583号)の記入もお願いします

<Q2> 住民票コードだけでいいと思って…よく読むとたしかに…

 <A2> 将来、65歳になってから、配偶者加給年金が加算されるため、戸籍謄本と世帯全員の住民票と配偶者の所得証明書も必要となります

<Q3> 給料が下がったので、年金額がどうなるのかと思って…、基金の方からでるんでしょ?

 <A3> はい、月額変更届により36万が32万になっています 国(機構)の年金は支給停止ですが、厚生年金基金からの支給額が増えそうです

by nenkin-matsuura | 2012-08-31 00:51 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金額 編9

<Q1> 物価スライドで下がったにしては額が多いので…

 <A1> はい、65歳になられ、6月分からは介護保険料と国民健康保険料が徴収されているため、年金の受取額が下がっているようです

<Q2> まだ一度も年金をもらっていませんが、何か理由があるのでしょうか?

 <A2> 高年齢雇用継続給付金を受給されているため、「老齢厚生・退職共済年金受給権者支給停止事由該当届(様式第583号)」の提出が必要となります(いったん保留の状態)

<Q3> どちらか一方しかもらえないと思っていましたが… (70代・女性)

 <A3> ご自分の年金と遺族厚生年金、両方受給することができます ご自分の年金額100万円(老齢厚生年金30万+老齢基礎年金70万円)はそのままで、今回遺族厚生年金が150万円ですが、そこからご自分の老齢厚生年金30万円を差し引いた120万円が遺族厚生年金となり、合計すると220万円(老齢厚生年金30万円+老齢基礎年金70万円+遺族厚生年金120万円)となります

by nenkin-matsuura | 2012-07-13 00:44 | ねんきんFAQ  | Trackback