タグ:所定給付日数 ( 5 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 年金額編22


<Q1> 年金額が下がったのは?

 <A1> 額そのものは変わっていませんが、介護保険料や国保保険料などが上がった分、年金の振込額が下がっているようです。

<Q2> 65歳以降年金額を増やすには?

 <A2> 繰下げにより増やす方法と、厚生年金保険に加入し増やす方法があります。

<Q3> 支給額変更通知書には0円と記載されていましたが、、もらえるんですか?

 <A3> はい。雇用保険の基本手当の所定給付日数が残っているため、イレギュラーですが年金は3か月遅れの毎月払いとなることがあります。

by nenkin-matsuura | 2018-11-26 00:22 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 498(支給額変更通知書に0円と記載されていても年金が支払われる場合)

◇ 支給額変更通知書に0円と記載されていても年金が支払われる場合


年金額が変更となった場合には「年金決定通知書・支給額変更通知書」が送られてきます。

支給額変更通知書のおもて面上部には総支給額が記載されますが、0円と記載されていても年金が支払われる場合があります。Σ(-∀-;)

例えば、
雇用保険の基本手当の所定給付日数が残っている場合(アルバイト等の仕事をしていて雇用保険をもらっていない場合など)は、3か月遅れで毎月年金が支払われる場合があり、その際に、0円と記載された支給額変更通知書が送られてきます。

by nenkin-matsuura | 2018-04-18 00:04 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(3)  

ねんきんQuiz-第410問(雇用保険との調整)

Q 次のうち、雇用保険と年金との調整がない人を選んでください ? ☆☆☆
※すべて、特別支給の老齢厚生年金の受給権者で、基本手当受給における待機期間はなくすぐに受給したものとする(所定給付日数は90日とする)


① Aさん、昭和29年5月5日生まれ、平成28年6月30日に退職、同年7月15日に求職の申込み
② Bさん、昭和26年8月30日生まれ、平成28年7月31日に退職、同年8月10日に求職の申込み
③ Cさん、昭和26年9月5日生まれ、平成28年7月31日に退職、同年8月17日に求職の申込み

ねんきんQuiz-第410問(雇用保険との調整)_d0132289_03301019.jpg


 A ② Bさん、昭和26年8月30日生まれ、平成28年7月31日に退職、同年8月10日に求職の申込み
point ハローワークで求職の申込みを行った日の属する月の翌月から、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となりますが、65歳となった月の翌月分から支給される老齢基礎年金及び老齢厚生年金は停止とならないため、Bさんは停止がなく年金も受給できます
なお、①のAさんは8月分より、③のCさんは9月分の年金が支給停止となります

by nenkin-matsuura | 2016-08-04 03:55 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 329(雇用保険の基本手当の受給期間が延びた場合)

◇ 雇用保険の基本手当を受けることができる期間が延長となった場合

特別支給の老齢厚生年金について、雇用保険の基本手当を受給するとその間は年金が支給停止となります
調整となるのは、求職の申込みを行った日の属する月の翌月から基本手当の受給期間が経過するに至った日の属する月または所定給付日数を受け終わった日の属する月までとなります

一方、基本手当を受給できる期間は、離職の翌日から原則1年間となっていますが、もし定年退職後しばらく休養したいなどの場合は、手続きにより受給期間が1年(病気、出産等の場合などは3年)を限度に延長されます

延長で基本手当を受給できるときに、年金事務所等への届出は必要ありませんが、その間は特別支給の老齢厚生年金は支給停止となります(´・ω・`)

by nenkin-matsuura | 2015-01-14 00:42 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 324(基本手当の所定給付日数が残っているとき)

◇ 基本手当の所定給付日数が残っているときの年金との調整

雇用保険より基本手当を受給している間については、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となります(>ω<。)

もし、途中で失業給付を受給しなくなった場合は年金が支給されるようになりますが、基本手当の所定給付日数が残っているときは、受給期間満了(1年間)までは、失業給付が行われていないかを確認しながら年金を支給するため、3か月遅れの1月分ずつの年金の支給となります(厚生年金保険加入での再雇用を除く)

なお、雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間です(所定給付日数330日の場合は1年と30日、360日の場合は1年と60日)

by nenkin-matsuura | 2014-12-11 00:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback