タグ:後納 ( 26 ) タグの人気記事

 

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その64(後納制度は30年9月まで)

゛後納制度は30年9月まで”


過去5年以内の納め忘れた国民年金保険料を納付することができる後納制度が平成30年9月30日で終了となります。

後納により、老齢基礎年金の額を増やしたり、受給資格期間に算入することもできます。

申込には「国民年金後納保険料納付申込書」の提出が必要です。
平成30年9月30日が日曜日であるため、平成30年9月28日(金)までに最寄りの年金事務所で申し込みをする必要があります。

by nenkin-matsuura | 2018-09-21 00:14 | ねんきん以外で | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 513(国民年金保険料の大切なお知らせ(後納))


◇ 国民年金保険料の大切なお知らせ(後納)


後納制度の利用期限は平成30年9月30日までとなっており、後納の申し込み可能な被保険者に対して、案内のハガキが送付されています。σ(o・ω・o)

当該案内のハガキには、年度ごとの後納可能月数やその保険料額などが記載されています。

後納により、老齢基礎年金の額を増やしたり、受給資格期間に算入することもできます。

後納の申し込みには、「国民年金後納保険料納付申込書」の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-08-02 00:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2018年6月号(国民年金保険料の後納は30年9月まで)


● 国民年金保険料の後納は30年9月まで


過去5年以内の期間の納め忘れた国民年金保険料を納付できる後納制度ですが、平成30年9月までで終了となります。

後納により、老齢基礎年金の額を増やしたり、年金の受給資格期間に算入することもできます。

後納制度を利用するには「国民年金後納保険料納付申込書」を提出しますが、平成30年9月30日が日曜日であるため、同年9月28日の金曜日までに最寄りの年金事務所での申し込み手続きが必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-06-29 00:17 | ねんきんnews | Trackback  

年金加入記録について その138(後納の対象者)

 後納の対象者


年金加入記録について その138(後納の対象者)_d0132289_20355907.jpg
平成30年9月までは、国民年金保険料の後納により過去5年分まで納付をすることができます。

その対象者は、

①20歳以上60歳未満で、5年以内に納め忘れ(免除以外)や未加入期間がある場合

②60歳以上65歳未満で、①の期間のほか、任意加入中に納め忘れの期間がある場合

③65歳以上で、老齢年金の受給資格がなく任意加入中の場合
など

※老齢基礎年金を受け取っている人は申込できません。

by nenkin-matsuura | 2018-01-16 00:16 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんQuiz-第483問(後納)

Q 次のうち、国民年金保険料の後納が可能な人を選んでください ? ☆☆


① 申さん、65歳、老齢基礎年金を受給中
② 酉さん、25歳、20歳より厚生年金保険に加入中
③ 戌さん、40歳、国民年金に加入中、3年前に未納期間あり


ねんきんQuiz-第483問(後納)_d0132289_21023474.jpg


      A ③ 戌さん、40歳、国民年金に加入中、3年前に未納期間あり
point 5年以内に未納の期間(未加入を含む)がある場合は、後納を申し込むことによって国民年金保険料を納付することが可能です。
後納が可能なのは平成30年9月までです。
なお、①の申さんは老齢基礎年金を受給中のため後納できず、また②の酉さんは5年以内に国民年金の未納期間がないため後納をすることができません。

by nenkin-matsuura | 2017-12-28 00:28 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第398問(納付書の使用期限)

Q 以下の例の場合において、国民年金保険料の納付書の使用期限を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
※ 平成26年9月の半額免除期間の保険料(2分の1)を納付する場合とする(平成28年5月12日現在、未納)

① 平成28年9月1日まで
② 平成28年9月30日まで
③ 平成28年10月31日まで

ねんきんQuiz-第398問(納付書の使用期限)_d0132289_01212396.jpg


                              A ③ 平成28年10月31日まで
point 平成26年9月分の半額免除期間の納付書の使用期限(納付期限)は、28年10月31日までとなります
なお、2年を経過して未納となってしまった時は、後納制度を利用することによって過去5年分までは納付することが可能です 後納の際には当時の保険料額に加算額を足したうえで納付することとなります

by nenkin-matsuura | 2016-05-12 01:40 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 保険料編15

<Q1> 国民年金保険料の納付が一番お得な方法は?

 <A1> 口座振替での2年前納だと15,690円ほど安くなります(28年度額) ただ締め切りがあります… 6か月前納だと1,110円の割引です

<Q2> 厚生年金保険料を自分で掛けることはできますか?あと少しで特例なもので…

 <A2> あくまで事業主と折半で厚生年金保険料をかけることになります 健康保険は任意継続がありますが…

<Q3> 後納が1か月可能なようですが、どのくらい年金額に影響が出ますか?

 <A3> ひと月分だと年1,625円ほどの違いです 後納をするには申し込みが必要です

by nenkin-matsuura | 2016-03-22 00:21 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編13

<Q1> 戸籍の附票と居住証明書があります…

 <A1> はい、戸籍の附票と居住証明書から○年ごろから海外へ出ておられることがわかります…60歳までの期間はカラ期間とすることが可能です

<Q2> 後納と任意加入をしようか迷っていて…わかれた妻からのカラ期間がどのくらいあるか…

 <A2> はい、前の奥様との婚姻期間等がわかる戸籍謄本をとってみて、カラ期間がどのくらいとれるかによって判断されては…

<Q3> 専修学校に昭和59年ごろ通っていたような…

 <A3> はい、61年3月以前の期間は専修学校・各種学校は対象外で…ただ…自衛隊の期間をプラスすれば300月以上にはなります

by nenkin-matsuura | 2015-10-19 00:33 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第356問(合算対象期間)

Q 老齢基礎年金の計算において、合算対象期間(カラ期間)となるものを以下のうちから選んでください ? ☆☆☆
※全て昭和36年4月1日以降の期間とする

① 前の夫に係る第3号被保険者期間(32歳時の期間)
② 後納によって納付した期間(58歳時の期間)
③ 1か月厚生年金保険に加入した期間(19歳時の期間)


ねんきんQuiz-第356問(合算対象期間)_d0132289_00122208.jpg


                 A ③ 1か月厚生年金保険に加入した期間(19歳時の期間)
point 老齢基礎年金の計算において、厚生年金保険など第2号被保険者としての被保険者期間のうち、20歳未満の期間又は60歳以上の期間は合算対象期間とされます
なお、①の第3号被保険者であった期間や②の後納した期間は保険料納付済期間として計算されます

by nenkin-matsuura | 2015-07-22 00:28 | ねんきんQuiz | Trackback  

国民年金後納保険料納付申込書

「国民年金後納保険料納付申込書」

国民年金保険料の後納を申し込む際に使用する用紙です

記入するのは、
・基礎年金番号
・生年月日
・申込1~4(期間がわかれているときは分けて記入します)
・申込日、住所、氏名、電話番号
です(太枠内を記入します)

後納制度により過去10年前までさかのぼって国民年金保険料を納付可能ですが、期限は平成27年9月末までになっています

by nenkin-matsuura | 2015-06-09 00:18 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback