タグ:年金送金通知書 ( 2 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第324問

Q 年金の支払(受取)について、○か×かで答えてください ?  

① 年金は、原則2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に支払われる ○ or ×
② 毎年6月に年金振込通知書が送付されてくる ○ or ×
③ 郵便局の窓口受取によって年金を受けることもできる ○ or ×

ねんきんQuiz-第324問_d0132289_23593783.jpg

                                 A ① ○ ② ○ ③ ○
point ① 原則として偶数月の15日に支払われ、初めて年金の支払いが行われるときや、遡って年金額が増額されたときなどは、奇数月に支払われることもあります
② 今後の年金額(2か月分)が記載された年金振込通知書は6月に送付されます また、年金額が変更になった際にも送付されてきます
③ 申し込みにより、郵便局の窓口受取とすることも可能で、「年金送金通知書」と「年金証書」を指定した郵便局へ持参して年金を受け取ります  

by nenkin-matsuura | 2014-12-04 00:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 191

◇ 通帳のあれこれ

年金の請求(老齢、遺族、障害、未支給、死亡一時金など)においては、受取りを希望する機関(銀行、ゆうちょ銀行など)を記入します(*・.・)ノ
記入に際しての注意事項等をあげると…
・金融機関の場合、普通口座の本人名義であること
・通帳のフリガナと年金の記録におけるフリガナが一致しているかどうか
・年金事務所等へ通帳を持参すると金融機関での証明印は不要(「印」の欄に自分のハンコを押さない)
・金融機関(銀行、農協等)の場合、口座番号は左詰めで書く
・ゆうちょ銀行の場合、記号は左詰め、番号は右詰めで書く
・1つの年金を、2つの口座に分けることはできないが、種類の違う年金(障害基礎年金と老齢厚生年金、特別支給の老齢厚生年金と基金の年金など)は別の口座でも可
・後に受取機関の変更も可能

なお、口座が無い場合や口座での受取が困難な事情がある場合は、郵便局(ゆうちょ銀行)窓口にて、年金送金通知書+年金証書による現金での受取り方法もあります

by nenkin-matsuura | 2012-05-05 01:42 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback