タグ:年金請求書 ( 70 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第492問(年金請求書の記入項目)

Q 年金請求書(老齢給付)に記入する必要のない項目を選んでください ? 

① メールアドレス
② 住所のフリガナ
③ 口座番号

d0132289_20590183.jpg


                                     A ① メールアドレス
point メールアドレスは記入する必要がありません。
事前送付用の年金請求書にはあらかじめ住所が印字されていますが、住所のフリガナを記入する必要があります。
また、口座番号については、金融機関は左詰め、ゆうちょの記号については左詰めで番号は右詰めにて記入します。

by nenkin-matsuura | 2018-03-01 00:16 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第482問(管掌機関の略称)

Q 65歳時の年金請求書(ハガキ)において、管掌機関が「警共」となる制度名を選んでください ? 

① 船員保険
② 公立学校共済組合
③ 警察共済組合


d0132289_20433467.jpg


                                 A ③ 警察共済組合
point 65歳時の年金請求書(ハガキ)において、そのほかの年金を受けているときは、他の年金の管掌機関(制度名)と年金証書記号番号等を記入する必要があり、警察共済組合の場合は警共と略称にて記入します。
なお、船員保険は船保、公立学校共済組合は公立と略称にて記入します。

by nenkin-matsuura | 2017-12-20 00:20 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 477(緑色の封筒(年金請求書)をなくしたとき)

◇ 緑色の封筒(年金請求書)をなくしたとき


特別支給の老齢厚生年金や老齢基礎年金など、一定の年齢に達したら、その3か月くらい前に緑色の封筒に入った年金請求書が送られてきます。(゚v`d)

もし、その封筒をなくしたときは、年金機構のホームページから年金請求書(様式第101号)をダウンロードするか、年金事務所の窓口等にて同請求書を取得(提出)できます。

なお、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢(60歳時など)に年金請求書を提出していなかったときは、65歳の3か月前に再度、緑色の封筒に入った年金請求書が送られてきます。

by nenkin-matsuura | 2017-11-22 00:07 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金請求書(短縮用)(1ページ目)

年金請求書(短縮用)」(1ページ目)


黒の太枠内を記入します。

住所や氏名などはあらかじめ印字されていますが、印字された内容が異なっているときは二重線にて訂正をします。

住所のフリガナを記入します。
署名欄を自ら署名した場合は、押印は不要です。

電話番号は固定電話や携帯電話(あれば電話番号1と2にその両方を記入)の番号を記入します。

金融機関またはゆうちょ銀行の証明の欄は、通帳等の写しを添付すれば、証明印は不要です。

by nenkin-matsuura | 2017-05-16 02:03 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方編28(10年短縮)

<Q1> 書き方がわかりません(年金請求書、短縮用)

 <A1> 太枠内をご記入ください 雇用保険のところは65歳以上の為、書かなくても大丈夫です

<Q2> 戸籍上の配偶者はいますが、十年以上あっておらず住所もわからず生計関係はありません

 <A2> いいえで構いません 奥様との婚姻期間や基礎年金番号はわかる範囲でご記入ください

<Q3> 黄色の封筒が届いていたけどなくしちゃって・・

 <A3> 年金請求書(101号)にご記入いただいて・・別途、合算対象期間(カラ期間)に関する申立書などもご記入ください

by nenkin-matsuura | 2017-04-24 00:03 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第448問(年金請求書(短縮用))

Q 期間短縮用の年金請求書(送付用)の色を以下のうちから選んでください ? 

① 青色
② 黄色
③ 紫色

d0132289_03370751.jpg


                                        A ② 黄色
point 平成29年8月1日より、老齢の年金の受給資格期間が10年に短縮されるところ、該当する方へ、黄色の封筒に入った黄色の年金請求書(短縮用)が順次送付されています。
なお、裁定請求の手続きは8月1日より前であっても可能です。

by nenkin-matsuura | 2017-04-20 03:54 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 444(期間短縮用の年金請求書(振替加算))

◇ 期間短縮用の年金請求書(振替加算)


老齢年金の受給資格期間が10年(120月)へ短縮されることに伴って、対象者には黄色の年金請求書が順次発送されています。
もし、配偶者が厚生年金保険(共済組合等)に20年以上加入していた場合は、要件を満たすと老齢基礎年金に振替加算がプラスされます。( ^-^)

期間短縮用の年金請求書を提出後、平成29年8月1日時点の生計維持関係を確認するため、「生計維持関係現況届(振替加算用)」が送付されてきたら、記入の上提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2017-04-05 03:58 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮)

Q 法改正(期間短縮)により年金を受給できることとなる人を次のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも65歳の者とする

① Aさん、厚生年金保険に100月加入、カラ期間なし
② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
③ Cさん、国民年金を20月納付、厚生年金保険に40月加入、カラ期間は20月あり

d0132289_02573823.jpg


      A ② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
point Bさんは合計で120月となるため、平成29年8月1日に老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給権が発生します。
なお、条件を満たす者に対しては、順次、年金請求書(黄色)が送付されます。

by nenkin-matsuura | 2017-03-29 03:08 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金加入記録について その127(年金請求書(短縮用)の送付スケジュール)

 年金請求書(短縮用)の送付スケジュール


d0132289_04113224.jpg

・大正15年4月2日生まれ~昭和17年4月1日生まれ
 → 平成29年2月下旬~3月下旬に送付

・昭和17年4月2日生まれ~昭和23年4月1日生まれ
 → 平成29年3月下旬~4月下旬に送付

・昭和23年4月2日生まれ~昭和26年7月1日生まれ
 → 平成29年4月下旬~5月下旬に送付

・昭和26年7月2日生まれ~昭和30年10月1日生まれ(女性)及び昭和26年7月2日生まれ~昭和30年8月1日生まれ(男性)
 → 平成29年5月下旬~6月下旬に送付

・昭和30年10月2日生まれ~32年8月1日生まれ(女性)、大正15年4月1日以前生まれ、共済組合等の期間を有する者
 → 平成29年6月下旬~7月下旬に送付

by nenkin-matsuura | 2017-02-21 04:26 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんQuiz-第423問(年金請求書の◆の欄)

Q 遺族年金の年金請求書において、「◆」の箇所について正しいものを①~③のうちから選んでください ? ☆☆☆

① 必ず本人か記入する箇所
② 場合によって記入する箇所
③ 記入しなくてよい箇所


d0132289_13032249.jpg


                              A ③ 記入しなくてよい箇所
point 年金請求書において、◆の箇所は記入しなくてよい箇所になります
例えば、続柄は左の白い欄に記入し右は空白のままとします
また、金融機関コードや支店コードも記入しなくてもよい箇所です。

by nenkin-matsuura | 2016-11-03 13:20 | ねんきんQuiz | Trackback