タグ:年金請求書兼加給金勧奨状 ( 7 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 556(加給年金額加算開始事由該当届の提出が必要なケース)


◇ 加給年金額加算開始事由該当届の提出が必要なケース


配偶者加給年金額などの加給年金額が支給開始となる際などにおいて、「加給年金額加算開始事由該当届(生計維持申立書)」の提出が必要となるケースがあります。

例えば、
・長期加入者の特例に該当する場合
・定額部分支給開始後に初めて年金の請求を行う場合
・65歳時の年金請求書兼加給金勧奨状に対象者の氏名を書かずに提出した場合
などがあります。

なお、加給年金額対象者がすでに死亡や、離婚等により生計維持関係がなくなった場合には、別途、手続きが必要です。φ(・ェ・`。)

by nenkin-matsuura | 2019-05-30 00:03 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(429)  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編28


<Q1> 配偶者加給年金をもらうには手続きが必要なんでしょ?

 <A1> 年金請求時に戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者の所得証明書などを添付していると、65歳時に年金請求書兼加給金勧奨状が送付されてきて、その加給金勧奨状の提出により配偶者加給年金が加算されます。

<Q2> 繰上げをすると配偶者加給年金ももらえるのですか?

 <A2> 繰上げ時点からではなく、特例を除けば65歳時からもらえます。

<Q3> 私の祖母は振替加算をもらっていないようです。

 <A3> 旧法の対象者だと振替加算は加算されません…。

by nenkin-matsuura | 2019-04-15 00:03 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 519(加給年金額の支給開始時の手続き(65歳時))


◇ 加給年金額の支給開始時の手続き(65歳時)


65歳になると、要件を満たすことにより、老齢厚生年金に配偶者加給年金額が加算されます。(o’ω’o)ノ

その手続きに関しては、65歳の誕生月に送付されてくる「年金請求書兼加給金勧奨状」(ハガキ)の提出にて行います。

本人の氏名や配偶者の氏名等を記入し提出を行うことによって、加給年金額が加算開始となります。



by nenkin-matsuura | 2018-09-12 00:14 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(34)  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編26


<Q1> 最近入籍しましたが、加給年金はもらえますか?(68歳)

 <A1> 加給年金の開始年齢の65歳までに、その対象者がいる必要があります。生計維持の開始が68歳の場合は対象外になります。

<Q2> 65歳から配偶者加給年金額をもらえると思うんですが、何か手続きが必要ですか?(64歳)

 <A2> 誕生月にハガキ(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきたら、お二人の氏名等を書いて提出をお願いします。

<Q3> 今回年金が64,000円ほど下がりました。。

 <A3> 誕生月に送付の生計維持確認届が出ていないときは、配偶者加給年金額がいったん保留となります。今までどおり生計維持がある場合は、提出によりさかのぼって加給年金が支払われます。

by nenkin-matsuura | 2018-09-10 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編25


<Q1> 配偶者加給年金額の加算は65歳でしょ?62歳の時点で書類(戸籍など)が必要?

 <A1> 最初に書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者の所得証明書など)を提出しておけば、65歳時は案内(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきます。

<Q2> 妻は239月までのほうがいいですか?

 <A2> 年上の夫の厚生年金保険が240月以上あるときは、妻へ振替加算が加算されます。妻の厚生年金保険が240月以上あると、夫への配偶者加給年金額の加算期間が短くなったりすることがあります。

<Q3> 妻が年金をもらったら加給年金額は停止ですか?(妻は32年生まれ。厚生年金保険に20月、共済組合に300月加入)

 <A3> はい。奥様が60歳時の特別支給の老齢厚生年金の受給時はまだ加算されますが、63歳時の共済組合からの特別支給の共済年金の受給時に配偶者加給年金額は停止となります。

by nenkin-matsuura | 2018-06-25 00:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編22

<Q1> 書類(生計維持関係現況届)を出しましたが、どのくらいもらえるんですか?(昭和22年5月生まれ)

 <A1> 振替加算としては年に98,692円です。振替加算の額は生年月日によって決まっています。

<Q2> テレビで申請しないともらえない、と・・(配偶者加給年金額)

 <A2> 60歳の裁定請求時に戸籍謄本、世帯全員の住民票、奥様の所得証明書等を提出されている場合は、65歳時に年金請求書兼加給金勧奨状が送られてきます。

<Q3> 知り合いの人が、厚生年金保険は239月までがいいと言っていました・・

 <A3> 厚生年金保険の被保険者期間が240月未満の場合は振替加算が加算されます。また、その場合、配偶者加給年金額は対象者が65歳になるまで受給できます。

by nenkin-matsuura | 2017-08-14 01:23 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 378(65歳時のハガキに配偶者の氏名を書き忘れて提出したとき)

◇ 65歳時のハガキ(年金請求書兼加給金勧奨状)に配偶者の氏名を書き忘れて提出したとき

特別支給の老齢厚生年金を受給していた(在職による全額停止も含む)場合は、繰下げの意思確認を兼ねた65歳時に年金請求書(ハガキ)が送られてきます
また、加給年金額の対象者となる配偶者がいるときは、年金請求書兼加給金勧奨状として、加給年金額対象者の欄が設けられたハガキが送られてきます

もし、配偶者の氏名を書き忘れて提出してしまったときは、後日、「届出書の記入内容確認のお願い」として、「加給年金額加算開始事由該当届(生計維持申立書)」が送付されてくることがあります 
その提出が遅れると、いったん配偶者加給金額が加算されない状態で年金が支払われることとなります(/□≦、)

by nenkin-matsuura | 2015-12-23 07:32 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback