タグ:年金手帳 ( 47 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 197

◇ 茶色の年金手帳 

昭和35年10月~49年9月までは、茶色の「国民年金手帳」が使用されていました(A゚∇゚)

氏名や生年月日のほかに、4桁の記号と6桁の番号が記載されており、資格取得日とその種別(強・任)及び資格喪失日を記載する欄もありました
茶色の年金手帳とオレンジ・青の年金手帳との大きな違いは、国民年金のみの記録のための手帳である点や、年度ごとの印紙検認記録(3×4のマス)の欄、切り取れる印紙検認台帳の欄があったことなどがあります

なお、当時、厚生年金保険の場合は、厚生年金保険被保険者証(緑の枠のカード)が使用されていました

by nenkin-matsuura | 2012-06-18 00:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 共通編その⑥

“年金証書や年金手帳等をなくしたら再発行”

年金受給者に対して交付される年金証書、年金に加入すると交付される年金手帳ですが、紛失してしまった場合などは、年金事務所の窓口等で再発行を受けることが可能です
年金証書は「年金証書再交付申請書」にて、年金手帳は「年金手帳再交付申請書」にて手続を行います(再発行後の年金手帳は青色となります)
年金証書は年金を受給しているあかしとなり、年金手帳は厚生年金保険や国民年金に加入する際に使用し、ともに大切なものとなります

ほかには、基礎年金番号通知書や年金振込通知書、年金額改定通知書なども再発行可能です

by nenkin-matsuura | 2012-03-21 00:25 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 176

◇ 厚生年金保険被保険者証年金手帳 

昭和29年5月から49年10月までに厚生年金保険の被保険者資格を取得した場合に、交付されていたのは「厚生年金保険被保険者証」というカード(薄い緑色の枠)でした
一方、昭和49年11月以降に厚生年金保険の被保険者資格を取得した場合にはオレンジ色の年金手帳(9年1月以降は青色)が交付されています

厚生年金保険被保険者証に記載されているのは、被保険者台帳の記号番号、被保険者の生年月日、はじめて資格を取得した年月日、被保険者の氏名、都道府県名です
オレンジの年金手帳にも厚生年金保険被保険者証と同じように、厚生年金保険の記号と番号、初めて(上記)被保険者となった日、氏名・フリガナ、男・女、年 月 日生(生年月日)などが記載されています

なお、現在交付されている青色の年金手帳における基礎年金番号記載面には、「初めて被保険者となった日」の記載はありませんが、「交付年月日」の記載があります

by nenkin-matsuura | 2012-01-18 00:38 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の番号 編5

<Q1> 昔、社会保険事務所に行ったときに、年金手帳の番号にハンコを押されて、登録しますと言われて手続をしてもらった記憶がありますが、漏れとかは無いでしょうか?

 <A1> はい、複数あった番号は一つに統合されているようです 年金手帳の国民年金の番号が基礎年金番号となります

<Q2-1> 年金の加入証ってこれなの?(基礎年金番号がわからない) (60代・会社役員)

 <A2-1> …はい、それはですね、昔の失業保険のですね被保険者証(茶色)となります 厚生年金保険被保険者証といって、同じサイズで黄緑色の紙は無かったでしょうか

<Q2-2> 総務の子に聞いたらこれが出てきたけど (60代・会社役員)

 <A2-2> …はい、この厚生年金保険被保険者証の番号が基礎年金番号となります はい、この番号を記入してください はい、大丈夫です、今まで同じ会社に勤められているため(転勤はあるが)、記録の漏れはなさそうです

by nenkin-matsuura | 2011-07-27 00:45 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第152問

Q 次のうち、健康保険被保険者証(全国健康保険協会)と年金手帳において、共通して記載のある項目を選んでください ?  

① 基礎年金番号
② 生年月日 
③ 保険者所在地
ねんきんQuiz-第152問_d0132289_2554984.jpg

                                        A ② 生年月日
point 氏名とともに生年月日は、健康保険被保険者証及び年金手帳に記載されています
なお、従前の年金手帳(オレンジ色)には、基礎年金番号の代わりに、厚生年金保険・国民年金・船員保険の記号番号(年金番号)がそれぞれ記載されていました

by nenkin-matsuura | 2011-06-09 03:19 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金の申請 編9

<Q1> 年金の請求をするときに、妻の年金番号の欄は、青い年金手帳の番号を書けばよいのでしょうか?(60代・会社員)

 <A1> そのとおりです 奥様の場合、最近、第3号被保険者になる手続を遡って行われているようです その際に年金手帳を再発行されており、色は青色となります その年金手帳に記載されている基礎年金番号を年金請求書に記載してください

<Q2> 会社の同僚に聞くと基金の年金を請求する際に、証書が必要と教えてもらいました まずは、年金事務所の方を終わらせた方がいいのでしょうか?

 <A2> 年金証書が必要ということであれば、まずは年金事務所に特別支給の老齢厚生年金の裁定請求を行い、その後(1月~2月ほど)、送付されて来るのが年金証書となります(もし紛失した場合は、再発行可能)

<Q3> 私は、障害厚生年金(2級)を受給していますが、60歳になって老齢年金の請求も行った方がよいのでしょうか? (59歳・年金受給者)

 <A3> 障害厚生年金と特別支給の老齢厚生年金は、どちらか一方を選択となりますが、特別支給の老齢厚生年金の請求手続も行った方がよいと思います 2年に一度障害年金の現況届を出されていますが、万が一そこで、障害の状態が軽くなったと判断され3級となった場合には、もう一方の特別支給の老齢厚生年金を選択した方が額が多くなります 3級以上の障害者であれば障害者特例として請求可能です 

by nenkin-matsuura | 2010-12-02 03:42 | ねんきんFAQ  | Trackback  

基礎年金番号通知書再交付申請書 (下部)

基礎年金番号通知書 再交付 申請書 (共済組合用) 下部

基礎年金番号通知書再交付申請書 (下部)_d0132289_0341230.jpg住所・電話番号・氏名・フリガナ(押印)を記入します

なお、この基礎年金番号通知書再交付申請書は、各種共済組合(国家公務員共済組合、日本私立学校振興・共済事業団など)の期間のみの人を対象とし、国民年金の第1号被保険者、第3号被保険者、厚生年金保険被保険者期間がある人は、「年金手帳再交付申請書(様式206号)」によって、年金手帳の再交付を受けることとなります

by nenkin-matsuura | 2010-08-12 00:46 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんQuiz-第102問

Q 次のうち年金手帳(青色)に記載されていない項目を選んでください ?    

① 基礎年金番号
② 本人の氏名・生年月日
③ 本人の住所
④ 交付年月日

ねんきんQuiz-第102問_d0132289_0313819.jpg


                                        A ③ 本人の住所
point 年金手帳(青色)に本人の住所に係る項目はありません 
交付を受けた際に印字されているのは、基礎年金番号・氏名・生年月日・性別・交付年月日・国民年金の記録などです
なお、青色の年金手帳は、平成9年1月以降に被保険者資格の取得手続きを行った方や再交付を受けた方がその交付対象者となります

by nenkin-matsuura | 2010-04-09 00:55 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の番号 編3

<問1> 年金手帳に挟まっていた緑色のカードの番号が気になります(現在は、紛失してわからない)

 <答1> 緑色であれば厚生年金保険被保険者証か基礎年金番号通知書だと思われます 番号がわからない場合は、会社名などから記録(番号)を割り出すことは可能です

<問2> 年金請求書に妻の年金手帳の番号を記入する必要があると思いますが、妻は公立学校共済のため年金手帳がありません 共済組合から教えてもらった基礎年金番号を記入すればよいのでしょうか?(60歳・男性)

 <答2> そうですね 基礎年金番号(通知書)があればその番号を記入してください

<問2-2> また、すみません 年金の手続きの際に、妻が昔掛けていた厚生年金保険の番号が見つかりましたが、共済との関係はどうなりますか?

 <答2-2> 見つかった厚生年金保険の番号は基礎年金番号と統合され、その厚生年金保険の記録は、(要件を満たしていた場合)将来老齢厚生年金として、共済組合の年金とは別に受給できます 

by nenkin-matsuura | 2010-02-15 01:26 | ねんきんFAQ  | Trackback  

障害給付 額改定請求書 1ページ目上部

障害給付 額改定請求書 1ページ目上部_d0132289_0544625.jpg障害年金の受給権者がその障害の程度が重くなったときに提出する書類です
①は、基礎年金番号と年金コードを記入します
②は、生年月日を記入します
③は、障害給付を受ける原因となった疾病または負傷の傷病名を記入します(現在受給権のある障害年金に係る傷病名のことです)
④は、障害給付を受ける権利が発生した年月日を記入します(現在受給権のある障害年金に係る受給権の発生日のことです 年金証書に記載されています)
⑤は、③以外の疾病または負傷の傷病名を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑥は、⑤の疾病または負傷の初診日を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑦は、障害給付を受ける権利が発生した以降に取得した年金手帳の基礎年金番号を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑧は、障害給付を受ける権利が発生した年月日以降の職歴を記入します

※なお、年金額の額改定請求は、「年金を受ける権利が発生した日から1年を経過した日」または「障害の程度の審査を受けた日から1年を経過した日」を過ぎるまでは請求できません(前回の審査より1年経つ必要があります)

by nenkin-matsuura | 2009-10-27 01:16 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback