タグ:年金加入期間確認通知書 ( 44 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 449(農林年金への請求手続き)

◇ 農林年金への請求手続き


農林漁業団体職員共済組合に対し、特例老齢農林年金や特例老齢農林一時金の請求を行う際には、年金証書の写しまたは年金加入期間確認通知書が必要になる場合があります。〆(・ω・o)

年金証書については、特別支給の老齢厚生年金などの裁定請求を行い、その後送付されてくる証明書になります。もし、紛失等の場合は、再交付を受けることもできます。

また、年金加入期間確認通知書については、年金事務所の窓口等にて申込が必要です。同通知には年金の加入歴が記載されており、後日の交付となります。

by nenkin-matsuura | 2017-05-10 04:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第404問(一元化)

Q 年金の一元化について、○か×かで答えてください ? ☆☆

① 年金加入期間確認通知書は、原則、不要となった ○ or ×
② 端数処理が1円単位となった ○ or ×
③ 長期加入者の特例には共済加入期間を合算できる ○ or ×

d0132289_01021636.jpg


                                 A ① ○ ② ○ ③ ×
point ③長期加入者の特例をみる際には、共済組合の期間を含めずに厚生年金保険のみで44年(528月)加入している必要があります
①の年金加入期間通知書は、裁定請求の際等に添付してましたが、原則、不要となりました
②端数処理は100円単位から1円単位となりました

by nenkin-matsuura | 2016-06-22 01:21 | ねんきんQuiz | Trackback(1)  

ねんきんQuiz-第366問(一元化)

Q 被用者年金の一元化により、原則添付が不要となる書類を以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 預金通帳
② 住民票
③ 年金加入期間確認通知書


d0132289_00031779.jpg

                            A ③ 年金加入期間確認通知書
point 平成27年10月1日から厚生年金保険と各共済組合が統合されますが、手続きの際の年金加入期間確認通知書等の書類は原則として添付不要になります
なお、統一後の支払関係については、これまでどおり日本年金機構または各共済組合等がそれぞれ行います

by nenkin-matsuura | 2015-10-01 00:25 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第362問(特別支給の老齢厚生年金)

Q 以下の例について、特別支給の老齢厚生年金の請求の際に必要な書類の組み合わせ(抜粋)を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
※ Aさん、女性、昭和30年9月3日生まれ、厚生年金保険は420月、国民年金は40月、共済組合は20月加入しており、現在は厚生年金保険(プラス雇用保険)に加入している、配偶者や子はいない、手続きは9月20日に行うものとする

① 戸籍抄本、雇用保険被保険者証、所得証明書
② 住民票、源泉徴収票、大学の在籍期間証明書
③ 住民票、年金加入期間確認通知書、雇用保険被保険者証

d0132289_00015083.jpg

               A ③ 住民票、年金加入期間確認通知書、雇用保険被保険者証
point 住民票(27年9月2日以降に取得したもの)と共済組合からの年金加入期間確認通知書と雇用保険被保険者証(雇用保険被保険者番号のわかるものの写しでも可)などが必要です なお、住民票は住民票コードの記入により省略も可能です
このほかには、認め印、年金手帳、通帳(又は金融機関等からの証明印)などが必要なものとしてあります

by nenkin-matsuura | 2015-09-03 00:19 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 359(防衛省共済組合の年金の請求)

◇ 防衛省共済組合(自衛隊)の年金の請求

自衛隊に勤めていた場合の年金は、退職共済年金として受給することになります
その請求先については、自衛隊に在職中の場合は所属の支部(駐屯地)、すでに退職している場合は退職時に所属していた支部(駐屯地)となります(。っ・Д・)っ

もし、共済組合以外に国民年金や厚生年金保険に加入していた場合は、年金事務所より年金加入期間確認通知書を取り寄せ、退職共済年金の裁定請求の際に添付します(場合によっては資格画面も添付する)
また、年金事務所へ老齢厚生年金や老齢基礎年金の請求を行う際には、国家公務員共済組合連合会より年金加入期間確認通知書を取り寄せて当該請求時に添付します

by nenkin-matsuura | 2015-08-13 00:20 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金編21(添付書類)

<Q1> あと書類は何か必要ですか? (夫は共済組合と厚生年金保険の加入歴有)

 <A1> あとは…共済組合からの年金加入期間確認通知書が…共済組合へお電話等にての取り寄せが必要です

<Q2> 仕事の都合上、夫とは別住所でした…(死亡時別住所)

 <A2> 生計同一関係に関する申立書をお書きいただいたうえで第三者からの証明書をとって、ご主人様からの口座への入金がわかる通帳の写しなどとともに提出を…

<Q3> 上の子は17歳、下は14歳です…(遺族厚生年金と遺族基礎年金の請求)

 <A3> 高校在籍がわかる学生証などの写しを…これは所得証明書の代わりになります…下のお子様の場合は中学生以下(義務教育終了前)のため不要です…

by nenkin-matsuura | 2015-07-13 00:43 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加入記録 編20

<Q1> 加入していなかったのかな?

 
 <A1> はい…お勤めされていた数年後の昭和○○年から厚生年金保険の適用事業所となっているようで…当時はまだ…はい、適用前の期間に…

<Q2> 共済組合から、「国民年金があるときは年金加入期間確認通知書を」といわれて…夫の扶養だっと思うんです(昭和50年代)

 <A2> はい、記録上は共済組合のみのようで…当時は扶養の場合は、国民年金が任意加入の時代でした…3号被保険者は61年4月からになります…

<Q3> あいているところはありますか?

 <A3> …はい、平成21年の8、9月の2か月が国民年金の未納期間になります 後納により今からでも納付することは可能です

by nenkin-matsuura | 2014-10-24 00:37 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第293問

Q 以下の場合において共済組合から取り寄せる必要のあるものについて、正しいものを①~③のうちから選んでください ? 
※Aさん、60歳、女性、単身、厚生年金保険に400月、国家公務員共済組合に60月加入しており、これから特別支給の老齢厚生年金を請求する

① 源泉徴収票
② 雇用保険被保険者証
③ 年金加入期間確認通知書

d0132289_23595972.jpg


                               A ③ 年金加入期間確認通知書
point 特別支給の老齢厚生年金の裁定請求時において、国家公務員や地方公務員など共済組合の加入期間がある場合は、共済組合から年金加入期間確認通知書を取り寄せて、年金請求書に添付し年金事務所等へ提出します

by nenkin-matsuura | 2014-04-30 00:17 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金加入記録について その91

 年金加入期間確認通知書における表示(私学共済編:加入者期間②と退職共済年金の対象期間)

d0132289_029850.jpg「加入者期間」欄の表示について②

・沖教
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、沖縄の私学の教職員等であった期間

・沖厚
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、沖縄の厚生年金保険の被保険者であった期間

・切厚
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、昭和49年4月1日前の厚生年金保険の被保険者であった期間


「退職共済年金の対象期間」欄の表示について
一部繰上げ支給の老齢基礎年金の請求時点における、退職共済年金の算定対象期間(退職共済年金の支給開始年齢の特例に該当しない加入者については、表示していない場合あり)

by nenkin-matsuura | 2014-03-11 00:40 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その90

 年金加入期間確認通知書における表示(私学共済編:加入者期間①)

d0132289_0103419.jpg「加入者期間」欄の表示について①

・厚年
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、昭和29年1月1日前の厚生年金保険の被保険者であった期間

・恩財
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、旧私学恩給財団の加入教職員であった期間

・恩従
 …私学共済制度の加入者期間とみなす、旧私学恩給財団の加入教職員であった期間であって恩給財団の従前の例によるもの(この場合の年金の資格期間は、私学共済制度の期間単独で15年)

by nenkin-matsuura | 2014-02-25 00:16 | 年金加入記録 | Trackback