タグ:年金制度 ( 8 ) タグの人気記事

 

年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)(3ページ目)

年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」(30年3月以降分
(3ページ目)


(1)
 加入したことのある年金制度に丸を付けます。(ア.国民年金法、イ.厚生年金保険法、など)

(2)
 年金制度の加入歴を記入します。(署名により記入を省略できる場合があります。)

(3)
 改姓・改名をしているときは、旧姓名を記入します。旧姓名があるときは、わかる範囲で、改姓・改名をした時期も記入します。

by nenkin-matsuura | 2018-04-10 00:20 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんnews 2017年7月号(ルクセンブルクとの社会保障協定)

日本とルクセンブルク大公国との間の社会保障協定が平成29年8月1日より効力発生となります。
この協定の規定により、派遣期間が5年以内の一時派遣被用者等は、原則として、派遣元国の年金制度、医療保険制度等にのみ加入することとなります。また、両国での保険期間を通算してそれぞれの国における年金の受給権を確立できることとなります。

なお、同協定は、既に発効済みのドイツ、英国、韓国、米国、ベルギー、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダ、チェコ、スペイン、アイルランド、ブラジル、スイス、ハンガリー及びインドに続く、日本との間の17番目の社会保障協定となります。

by nenkin-matsuura | 2017-07-28 03:54 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2016年10月号(平成28年公的年金加入状況等調査)

平成28年公的年金加入状況等調査は、日本年金機構が、国(厚生労働大臣)から事務の委託を受けて実施する統計調査です。

調査の実施期間については、平成28年10月28日(金)~11月14日(月)です。日本年金機構より委託された調査員が調査を行います。

調査の対象は、平成28年国民生活基礎調査(同年6月~7月に厚生労働省が実施)に基づき、調査地区から無作為に1,800地区(約9万世帯)を抽出し、その世帯の15歳以上の者となります。

調査票は、年齢別、地域別などに分類され、統計数値としてまとめられ、その結果は、年金制度の運営に不可欠な資料として、国会やさまざまな審議会・研究会などで利用される予定です。

by nenkin-matsuura | 2016-10-28 03:40 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2014年6月号

 中国人力資源社会保障部は24日、昨年、3万5000人が社会保険1億2700万元(日本円で約20億7450万円)を不正受給し、そのうち1億2200万元分を回収したことを公表した。6月25日、人民網が伝えた。
2013年末の各種養老保険、医療保険、労災保険、失業保険、出産保険基金の資産総額は4兆7727億元だった。


中国には、公務員、都市企業従業員、農村居住者、都市居住者などによる複数の年金制度があり、昨年の定年退職後の年金の平均月額は1856元だった

なお、日本と中国との社会保障協定は、現在はまだ結ばれていません(平成23年10月から協議中)

by nenkin-matsuura | 2014-06-27 03:20 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2012年6月号

民主党の長妻昭元厚生労働相は14日午前、税と社会保障の一体改革関連法案修正協議で、低所得者への基礎年金加算について、「年金制度の外で同様の給付ができないか」と述べ、年金と異なる形で現金給付を検討する考えを示した。東京都内で記者団に語った。
 年金加算は政府案の「一律月6000円」に対し、自民党は「低年金対策は年金制度以外で対応すべきだ」と主張し、公明党は「定率25%加算」を提案。民主党は、公明案を取り入れて保険料納付期間に応じた定率とし、年金から切り離して決着を図りたい考え。高所得者の基礎年金減額案は見送る方針。


年金には、報酬の額(平均標準報酬(月)額)や加入月数などによって額が決まる老齢厚生年金・遺族厚生年金等と、額が定められている障害基礎年金・遺族基礎年金等があること、まじめに支払ってきた人とのバランスなどを考慮したうえで、現実的な対応が求められるところです

by nenkin-matsuura | 2012-06-27 00:27 | ねんきんnews | Trackback  

年金加入記録について その29

d0132289_093790.jpg短期在留外国人に支給する脱退一時金

平成7年4月1日の法改正で、老齢または退職給付の受給権者とならない短期在留外国人への脱退一時金が制度化されました
支給要件は、
・国民年金保険料を納付した期間が6か月以上ある者又は厚生年金保険の被保険者期間が6か月以上ある者で、
・日本国籍を有しない者が、
・被保険者資格喪失後に帰国し、
・帰国後2年以内に請求すること
です
ただし、日本国内に住所がある時や、外国の類似する年金制度に加入しているときは支給されません

by nenkin-matsuura | 2009-02-20 00:29 | 年金加入記録 | Trackback  

外国の年金の申請

3月1日よりカナダの年金が申請できるようになりました
社会保険事務所や共済組合の窓口で、65歳の6か月前から申請できます
あと、カナダの年金加入期間は日本の年金受給要件期間(25年)と通算することもできます

日本からカナダへ派遣される場合は、派遣期間によってどちらで年金に加入するのかが違ってきます
・派遣期間が5年を超えないと見込まれる場合 
   日本の年金制度に加入し、カナダの年金制度(CPP)は免除となります
・派遣期間が5年を超えると見込まれる場合
   日本の年金制度は免除となり、カナダの年金制度(CPP)に加入します

※協定により二重加入が防止されるのはカナダ年金制度(CPP)で、老齢保障制度(OAS)やケベック年金制度(QPP)は対象となりません

by nenkin-matsuura | 2008-03-01 18:57 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきん豆知識③

d0132289_22241099.jpg
各国との社会保障協定について

国際的な人的交流の活発化に伴い二国間で、年金制度等の二重加入防止・年金加入期間の通算などを目的として協定が結ばれるようになりました
平成19年11月1日現在の締結国は
ドイツ       平成10年4月署名 平成12年2月発効
イギリス     平成12年2月署名 平成13年2月発効 
韓国       平成16年2月署名 平成17年4月発効
アメリカ     平成16年2月署名 平成17年10月発効
ベルギー    平成17年2月署名 平成19年1月発効
フランス     平成17年2月署名 平成19年6月発効
カナダ      平成18年2月署名 発効に向け準備中
オーストラリア 平成19年2月署名 発効に向け準備中
オランダ     現在交渉中

年金制度も国際化の時代を迎えました(’▽’)

by nenkin-matsuura | 2007-11-28 21:43 | ねんきん豆知識 | Trackback