タグ:就労・日常生活状況 ( 3 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第354問(障害年金)

Q 以下の3つのワードに最も関係のある書類を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
「年月順」、「3年から5年ごと」、「日常生活状況」

① 年金加入期間確認請求書
② 生計同一関係に関する申立書
③ 病歴・就労状況等申立書

ねんきんQuiz-第354問(障害年金)_d0132289_00080597.jpg


                              A ③ 病歴・就労状況等申立書
point 障害基礎年金や障害厚生年金の請求時には病歴・就労状況等申立書を添付しますが、記入に当たっては、発病から現在までを年月順に記載します
また、一つの期間が長くなるときは3年から5年ごとに区切って記入します
病歴・就労状況等申立書の裏面は就労・日常生活状況を記入するようになっており、その請求の仕方によって、障害認定日のころと現在の状況を記入します

by nenkin-matsuura | 2015-07-09 00:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど 第103回(病歴・就労状況等申立書(認定日請求))

◆ 障害認定日による請求をする際の病歴・就労状況等申立書(裏面)

障害基礎年金や障害厚生年金を請求する際には、病歴・就労状況等申立書を添付する必要があります(代筆による記入も可能です)

病歴・就労状況等申立書の裏面は「就労・日常生活状況」を記入するようになっていますが、障害認定日による請求の場合は、上のほうの「1.障害認定日」の状況を記入します

なお、障害認定日は、初診日から1年6か月または、それ以前に治った(症状固定)場合は治った日となります

もし、障害認定日と障害年金を請求する日が1年以上離れている場合は、上の「1.障害認定日頃の状況」と下の「2.現在(請求日頃)の状況」の両方を記入します

by nenkin-matsuura | 2015-04-17 00:31 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第312問

Q  病歴・就労状況等申立書の裏面の「就労・日常生活状況」について、平成26年9月11日に障害認定日による請求(障害認定日は平成24年1月10日)を行う際に記入する箇所を、以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 障害認定日頃の状況のみを記入する
② 現在の状況のみを記入する
③ 障害認定日頃の状況と現在の状況の両方を記入する


ねんきんQuiz-第312問_d0132289_00044781.jpg


             A ③ 障害認定日頃の状況と現在の状況の両方を記入する
point 障害認定日による請求の場合で、障害認定日と(障害年金の)請求日が1年以上離れている場合は、病歴・就労状況等申立書の裏面の「障害認定日頃の状況」と「現在の状況」の両方について、就労や日常生活の状況を記入します

by nenkin-matsuura | 2014-09-11 00:18 | ねんきんQuiz | Trackback