タグ:審査請求 ( 2 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 395(再び障害年金を受けられる程度になったとき)

◇ 障害年金が支給停止となっていて、再び障害年金を受けられる程度になったとき


障害基礎年金や障害厚生年金を受けていて、定期的に提出する診断書により、その程度が軽くなったと診断されると、障害年金が停止となるときがあります(ノω・、)
(障害基礎年金は2級未満、障害厚生年金は3級未満と判断されたとき)

その後、再び障害年金を受けられる程度の症状となったときは、「老齢・障害給付 受給権者支給停止事由消滅届」(様式第207号)に診断書等を添えて年金事務所の窓口等へ提出します

なお、結果は郵送にて送付されますが、もし該当しないとき(不支給のとき)は、支給停止事由消滅不該当通知書が届きます(不服があれば、期日以内ならば審査請求が可能)

by nenkin-matsuura | 2016-04-20 00:28 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 49

◇ 不服申立て

年金に関して、「被保険者の資格に関する処分」、「給付に関する処分」、「保険料その他の徴収金に関する処分」に関して不服がある場合は、社会保険審査官に対して審査請求をし、その決定に不服がある者は、社会保険審査会に対して、再審査請求をすることができます(`з´)

ポイントとしては、処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に審査請求をする必要があることです
社会保険審査官は各地方の社会保険事務局に置かれています(社会保険事務所ではありません)
年金に関する通知書の裏面などには、不服がある時には、審査請求をすることができる旨が記載されている場合があります

審査請求の後、社会保険審査会に対して再審査請求をし、裁決を経た後は、裁判所に対して処分の取消の訴えをすることもできます

by nenkin-matsuura | 2009-01-08 20:29 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback