タグ:報酬比例部分 ( 59 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編35


<Q1> 61歳からもらった方がいいのでしょうか?知り合いはもう手続きをしたと言っていました。(33年11月生まれ、女性)

 <A1> 61歳からは特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が受給できます。もらったから額が少なくなるということはなく、もらわなかったから増えるということもありません。

<Q2> テレビで特別支給の老齢厚生年金は手続きをしないともらえないと放送していました。(68歳)

 <A2> 特別支給の老齢厚生年金の手続きは過去になされていて、在職中のため停止になられていたようです…。

<Q3> 公務員を退職後、民間に勤めていますが、先輩が手続きをしたほうがいいと言っていましたが…(63歳)

 <A3> 共済組合の期間を含め厚生年金保険を12月(実質1か月)加入したら権利が発生となります。1カ月分に対しての額で計算され、特別支給の老齢厚生年金を受給できます。



by nenkin-matsuura | 2019-11-11 00:19 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編34


<Q1> 加入月数が多いと特例があるのですか?

 <A1> 528月(44年)以上厚生年金保険に加入し資格喪失すると長期加入者の特例により、報酬比例部分に加え定額部分や加給年金額を受給できる場合があります。(65歳まで)

<Q2> テレビで61歳から特別支給がもらえると放送されていましたよ。

 <A2> 支給開始年齢は生年月日や性別で変わります。32年7月お生まれの男性だと、繰上げなしの場合63歳からの支給開始になります。

<Q3> 特別支給の老齢厚生年金の請求用紙をもらう必要がありますか?

 <A3> 支給開始となる誕生月の約3か月前に、緑色の封筒に入って特別支給の老齢厚生年金の年金請求書が送られてきます。

by nenkin-matsuura | 2019-07-29 00:17 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ編23


<Q1> みんなもらっているみたいです。早く取ろうかな。(63歳)

 <A1> 繰上げではなく、報酬比例部分の受給の可能性があります。繰上げの場合は65歳からの老齢基礎年金が減額となります。

<Q2> 私が繰上げをしたら、夫がもらっている年金が減るんですか?

 <A2> 奥様が繰上げをしても、ご主人の年金や配偶者加給年金に影響はありません。奥様が65歳になると配偶者加給年金額が加算されなくなります。

<Q3> 繰上げをして在職中ならば、年金は減額となりますか?

 <A3> 繰上げ受給の老齢基礎年金は、在職による停止の対象外です。老齢厚生年金などが支給停止の対象になります。


by nenkin-matsuura | 2019-02-12 00:17 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第488問(支給開始年齢)

Q 報酬比例部分の支給開始年齢が60歳からの人を選んでください ? ☆☆
※繰上げを除く

① 陸さん、昭和31年2月3日生まれ、男性、厚生年金保険に40年加入
② 海さん、昭和33年1月7日生まれ、男性、船員保険に30年加入
③ 空さん、昭和33年4月5日生まれ、女性、厚生年金保険に20年加入


d0132289_21360579.jpg


   A ② 海さん、昭和33年1月7日生まれ、男性、船員保険に30年加入
point 船員として実際の被保険者期間が15年以上あり、昭和33年4月1日生まれまでの人は、60歳から報酬比例部分が支給開始となります。
なお、①の陸さんは62歳から、③の空さんは61歳からの支給開始になります。

by nenkin-matsuura | 2018-01-31 00:31 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 484(在職老齢年金と配偶者加給年金額)

◇ 在職老齢年金と配偶者加給年金額


在職し厚生年金保険に加入している場合は、標準報酬月額や標準賞与額などにより、年金の一部または全額が停止となることがあります。

一定の要件を満たすと、配偶者加給年金額が加算されますが、在職中により報酬比例部分(基金代行額を含む)が全額支給停止となるときは、配偶者加給年金額も停止となってしまいます。( ✧Д✧)

例えば、
本人66歳、配偶者加給年金額の対象者ありの場合
在職老齢年金の仕組みにより報酬比例部分が全額支給停止の場合は、配偶者加給年金額も停止になります。

なお、在職中の場合でも報酬比例部分が一部でも支給されているときは、配偶者加給年金額が加算されます。

by nenkin-matsuura | 2018-01-11 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編28

<Q1> 63歳からもらおうと思っています。

 <A1> はい、報酬比例部分は60歳からもらえます。その後、63歳時に繰上げの請求が必要です。

<Q2> マイナンバーを書いておけば書類は省略できるんでしょ?

 <A2> 振替加算の対象者となっておられるときは、戸籍謄本(世帯全員の住民票や所得証明書)などの書類も必要です。

<Q3> 企業年金の請求をしたいのですが年金証書の写しが必要のようで・・

 <A3> はい、まずは特別支給の老齢厚生年金の請求が必要です。請求後に年金証書が送られてきます。

by nenkin-matsuura | 2017-12-18 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その88(特別支給の老齢厚生年金の繰上げ)

゛特別支給の老齢厚生年金の繰上げ”


生年月日と性別により、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は違いますが、早ければ60歳から繰上げにより年金を受けることもできます。

例えば、
昭和32年11月24日生まれの男性は、報酬比例部分が63歳からの支給開始のところ、繰上げにより、60歳から特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分+老齢基礎年金を減額となりますが受給することが可能です。

なお、繰上げの際に共済組合や基金の代行部分があるときは、同様に繰上げにて受給することとなります。(基金へ別途請求が必要。)

by nenkin-matsuura | 2017-11-24 00:14 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきん豆知識142(特定の地方公務員の支給開始年齢)

<特定の地方公務員の支給開始年齢>


d0132289_03102924.jpg
・昭和24年4月2日~26年4月1日
 →報酬比例部分は60歳、定額部分は62歳

・昭和26年4月2日~28年4月1日
 →報酬比例部分は60歳、定額部分は63歳

・昭和28年4月2日~30年4月1日
 →報酬比例部分は60歳、定額部分は64歳

・昭和30年4月2日~34年4月1日
 →報酬比例部分は60歳

・昭和34年4月2日~36年4月1日
 →報酬比例部分は61歳

・昭和36年4月2日~38年4月1日
 →報酬比例部分は62歳

・昭和38年4月2日~40年4月1日
 →報酬比例部分は63歳

・昭和40年4月2日~42年4月1日
 →報酬比例部分は64歳

・昭和42年4月2日以降
 →65歳

by nenkin-matsuura | 2017-03-07 03:20 | ねんきん豆知識 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 433(在職中の停止(厚生年金基金ありの場合))

◇ 在職中の停止(厚生年金基金ありの場合)


特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金などは、在職中にて厚生年金保険に加入している場合は、その報酬によっては一部または全部が停止となるときがあります。(´・ω・`)

厚生年金金基金に加入していた期間がある場合は、基金の代行部分も含めて在職停止の計算を行いますが、停止があるときは、まず国の支給部分が停止となり、足りないときは次に基金の代行部分が停止となります。

例えば、
報酬比例部分(国)が50万、基金代行部分が80万、在職による停止が70万の場合…
まず、報酬比例部分の50万が停止に充てられ、残りの20万は基金代行部分より停止となります(基金は80万-20万で60万となる)

by nenkin-matsuura | 2017-01-19 03:41 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編24

<Q1> 最初にもらうのが基礎年金でしょ?

 <A1> 最初は報酬比例部分で65歳から支給されるのが基礎年金(老齢基礎年金)です

<Q2> 同時に共済の年金も請求したことになるのですか? (61歳、男性)

 <A2> はい、特別支給の老齢厚生年金と特別支給の退職共済年金を申請したことになります

<Q3> 厚生年金保険は6か月しかかけていませんでしたけど…

 <A3> はい、共済組合に460月加入されており、合計で12月以上のため、平成27年10月1日をもって権利が発生したこととなります(受給は11月分から)

by nenkin-matsuura | 2016-04-18 00:26 | ねんきんFAQ  | Trackback