タグ:坑内員 ( 10 ) タグの人気記事

 

ねんきんnews 2017年8月号(平成29年9月からの厚生年金保険料)

● 平成29年9月からの厚生年金保険料


平成29年9月分より厚生年金保険料が改定となります。

また、平成29年9月分(10月納付分)から、一般の被保険者と坑内員の被保険者の厚生年金保険料率が同率となります。

なお、事業主は、児童⼿当等の⽀給に要する費⽤の⼀部として⼦ども・⼦育て拠出⾦を全額負担することになりますが、当該⼦ども・⼦育て拠出⾦の額は、被保険者個々の厚⽣年⾦保険の標準報酬⽉額及び標準賞与額に拠出⾦率(0.23%)を乗じて得た額の総額となります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-25 04:14 | ねんきんnews | Trackback  

年金制度における坑内員

■ 年金制度における坑内員


厚生年金保険の被保険者のうち、坑内員と船員は「第3種被保険者」として区別されています(一般男子は「第1種被保険者」、女子の被保険者は「第2種被保険者」)

坑内員とは、鉱物を採掘または試掘したり、それに付属する運鉱等の事業を業務とする事業場に使用され、かつ、常時坑内作業に従事している人とされています。(同じ事業所で使用されている人であっても、坑外で作業したり、事務を行っている人を除く。)

なお、第3種被保険者は、一定の期間については、実期間を3分の4倍または5分の6倍として計算されます

by nenkin-matsuura | 2016-10-14 05:10 | 年金 あれこれ | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その77(第3種被保険者期間があるときの取扱い(遺族年金))

“第3種被保険者期間があるときの取扱い(第1種被保険者期間へのみなし)”


昭和32年9月以前に坑内員や船員などの第3種被保険者期間があり、51年7月までの被保険者期間3年以上あって厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある(中高齢の資格期間短縮の特例を含む)者の死亡の場合…

昭和55年10月31日以前の第3種被保険者期間を一般の第1種被保険者期間とみなして計算した方が年金額が高額になるときは、受給権者は高額となった年金の支給を請求することができ、請求した日の属する月の翌月から年金額が改定されます(厚生年金保険老齢・障害・遺族厚生年金額改定請求書(様式第227号)を提出)

by nenkin-matsuura | 2016-06-24 01:39 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その72(坑内員・船員の中高齢者の特例)

“坑内員・船員の中高齢者の特例”


昭和26年4月1日以前に生まれの坑内員・船員の場合は、35歳に達した月以降の厚生年金保険の被保険者期間が、生年月日に応じて以下の期間以上あれば、老齢基礎年金(老齢厚生年金、特別支給の老齢厚生年金を含む)の受給資格期間を満たしたことになります

・昭和22年4月1日以前 … 15年(180月)
・昭和22年4月2日~昭和23年4月1日まで … 16年(192月)
・昭和23年4月2日~昭和24年4月1日まで … 17年(204月)
・昭和24年4月2日~昭和25年4月1日まで … 18年(216月)
・昭和25年4月2日~昭和26年4月1日まで … 19年(228月)

※ただし、上記のうち、7年6か月以上は、第4種被保険者の期間又は船員保険の任意継続期間以外の厚生年金保険の被保険者期間である場合に限ります
※船員の場合は、上記期間のうち10年以上は、船員保険の任意継続被保険者としての厚生年金保険の被保険者期間以外の期間である場合に限ります

by nenkin-matsuura | 2016-01-22 01:49 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第320問

Q 昭和19年1月1日から20年8月31日までの坑内員であった期間について、被保険者期間の計算法を以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 3分の4倍とする
② 5分の6倍とする
③ 3分の4倍し、さらに3分の1倍した期間を加算する


d0132289_00020320.jpg

                   A ③ 3分の4倍し、さらに3分の1倍した期間を加算する
point 坑内員であった第2次世界大戦中の昭和19年1月1日から20年8月31日までの20か月については、実期間を3分の4倍した期間にさらに3分の1倍した期間を加算する戦時加算が行われます
なお、坑内員や船員であった第3種被保険者の期間は、年金の受給資格期間や年金額の計算において、期間によっては3分の4倍または5分の6倍して計算をします(さらに戦時加算もあり)

by nenkin-matsuura | 2014-11-05 00:40 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきん豆知識88

<老齢年金の支給要件(旧法の厚生年金保険)>

d0132289_083960.jpg① 被保険者期間が20年(240月)以上あること

② 40歳以降(女子と坑内員は35歳以降)の被保険者期間が15年(180月)以上あること

③ 昭和29年5月1日前の被保険者期間を有する坑内員で継続する15年間に16年(実期間12年)以上の坑内員であった被保険者期間(第三種被保険者)があること(旧交渉法により第三種被保険者期間とみなされる旧船保被保険者期間はこの場合の期間には算入されない)

by nenkin-matsuura | 2014-02-04 00:29 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その47

“資格期間短縮の特例(昭和29年4月以前の坑内員)”

継続した15年間において、
①第3種被保険者(坑内員)とみなされた期間による昭和29年4月以前の厚生年金保険の被保険者期間が16年(3分の4倍するため実期間は12年)あるか、
②第3種被保険者とみなされた昭和29年4月以前の期間と昭和29年5月以降の第3種被保険者期間による厚生年金保険の被保険者期間が16年(実期間12年)
あれば…
25年(300月)に満たなくても、老齢基礎年金の資格期間を満たしたものとされます

この特例は、坑内員について、継続した15年間に坑内員の期間が被保険者期間に換算して16年あれば養老年金が支給されていたことを、法改正後も引き継いだことによります

by nenkin-matsuura | 2012-11-16 00:41 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第188問

Q 以下の3つの語句のカッコ内に入る数字の合計を、次のうちから選んでください ? ☆☆☆ 
・総報酬制の導入 … 平成( )年4月
・坑内員や船員の被保険者 … 第( )種被保険者
・寡婦年金 … 夫との婚姻関係が( )年以上必要 

① 25
② 28 
③ 31

d0132289_162020.jpg

                                            A ② 28
point 総報酬制の導入 … 平成(15)年4月、坑内員や船員の被保険者 … 第(3)種被保険者、寡婦年金 … 夫との婚姻関係が(10)年以上必要
カッコ内の合計は、15 + 3 + 10 = 28 となります

by nenkin-matsuura | 2012-04-12 01:36 | ねんきんQuiz | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その46

“坑内員と船員に対する戦時加算”

坑内員や船員であった期間に対して、年金額を計算する際に、実期間より多く期間を計算する戦時加算という制度があります

・坑内員の場合
昭和19年1月1日から20年8月31日までの間に坑内員であった期間について、実期間を3分の4倍した期間の3分の1の期間が戦時加算の期間となる

・船員の場合
昭和16年12月8日から18年12月31日までに、太平洋及び印度洋を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して3分の1を加算
昭和19年1月1日から21年3月31日までに、太平洋及び印度洋を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して2月を加算
昭和19年1月1日から21年3月31日までに、日本海及び渤海を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して1月を加算

なお、戦時加算により被保険者期間に端数が出た場合は、受給資格をみるときは切り捨てられ、年金額を計算する際には1か月に切り上げられて計算されます

by nenkin-matsuura | 2011-10-17 00:33 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金加入記録について その31

d0132289_20475944.jpg坑内員・船員の戦時加算

戦時加算とは、
・坑内員で昭和19年1月1日から昭和20年8月31日までの期間
・船員で昭和16年12月8日から昭和21年3月31日までの期間
を指します
※船員期間については、航路によって戦時加算の取り扱いが違います

例えば、坑内員で戦争中(上記の期間)も働いていた場合は、
20月 × 3分の4 × 3分の1 となります
「20月」は、19年1月から20年8月までの期間、「3分の4」は坑内員であることの加算、「3分の1」が戦時加算となります
上記の例だと、「8月と9分の8」が戦時加算となり、
被保険者月数をみるときは9分の8を1月に切り上げて、計9月が戦時加算分となります
受給資格期間をみるときは9分の8を切り捨て、計8月が戦時加算分となります

坑内員や船員は年代によっては実期間より多く計算しますが、戦時中だとさらに加算がついて、期間がプラスされます

by nenkin-matsuura | 2009-03-18 21:24 | 年金加入記録 | Trackback