タグ:在職老齢年金 ( 101 ) タグの人気記事

 

ちょっとお得な年金情報 受給者編その94(在職老齢年金の停止基準の変更(46万→47万))


゛在職老齢年金の停止基準の変更(46万→47万)”


平成31年4月分の年金額からは、60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額について、46万円だったのが47万円に改定されています。

在職老齢年金の停止の基準が少し緩和されたことにより、停止の額が減り受給する年金額が増える場合があります。

なお、60歳台前半の支給停止調整開始額(28万円)については、変更ありません。

by nenkin-matsuura | 2019-05-17 00:10 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金編24


<Q1> 退職金をもらいましたが調整はありますか?

 <A1> 調整があるのはお勤め先で厚生年金保険(健康保険)に加入している場合です。退職金をもらっても在職による年金との調整はありません。

<Q2> 今まで在職老齢年金によって一部停止となっていましたが、この度退職をして、年金をもらうための手続きは必要ですか?

 <A2> 事業所からの喪失届の後の退職時の改定にて自動的に老齢厚生年金の停止はなくなります。(支給額変更届が届く)

<Q3> 今年の4月、5月、6月の給与が反映されるのはいつからですか?

 <A3> 通常は9月からです。固定的賃金の変動があった場合などを除きます。

by nenkin-matsuura | 2019-05-06 23:07 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんnews 2019年3月号(平成31年度の在職老齢年金について)


● 平成31年度の在職老齢年金について


平成31年度の在職老齢年金について、60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額が、30年度と比べそれぞれ変更となっています。
(60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額は前年度と同じ28万円のままです。)

・60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額
 30年度 = 28万円 、 31年度 = 28万円

・60歳台前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額
 30年度 = 46万円 、 31年度 = 47万円

・60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額
 30年度 = 46万円 、 31年度 = 47万円

by nenkin-matsuura | 2019-03-29 00:15 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんFAQ 在職老齢年金編23


<Q1> 2月から勤務予定ですが、停止になる限度額を聞きたい。(66歳)

 <A1> ひと月46万が限度額ですが、年金額のうち、老齢基礎年金や配偶者加給年金額などを除いた報酬比例部分及び給与(標準報酬月額+標準賞与額)が計算のもとになります。

<Q2> 在職老齢年金の停止額を計算するときは、職安からの高年齢雇用継続球菌の額も足すのですか?

 <A2> いいえ。高年齢雇用継続給付金をもらったときは、別枠にて計算し停止がかかります。

<Q3> 停止がかかるので65歳からもらうことはできますか?

 <A3> 特別支給の老齢厚生年金に関しては、繰下げはできず、在職による停止は‥やはり停止です。

by nenkin-matsuura | 2019-01-07 00:23 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 527(停止となっていた年金の支払いが自動的に再開となるとき)


◇ 停止となっていた年金の支払いが自動的に再開となるとき


在職老齢年金や雇用保険の基本手当などとの調整により、年金が一部または全額停止となるときがあります。!!( ; ロ)゚ ゚

停止となっていた年金は、その停止理由がなくなると自動的に支払われることとなり、受給者本人からの手続き等は不要です。(選択替えをするときを除く。)

なお、厚生年金保険加入中による停止の場合は、事業所からの資格喪失届により、その後退職時の改定を経て、年金額が増えます。

by nenkin-matsuura | 2018-11-07 00:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 526(標準報酬月額の対象となる報酬)


◇ 標準報酬月額の対象となる報酬


在職老齢年金など、年金額の計算において、標準報酬月額がかかわってきます。(*´□`)ノ

標準報酬月額の対象となる報酬としては‥
基本給のほかに、能率給、奨励給、役付手当、職階手当、特別勤務手当、勤務地手当、物価手当、日直手当、宿直手当、家族手当、休職手当、通勤手当、住宅手当、別居手当、早出残業手当、継続支給する見舞金、年4回以上支給される賞与などがあります。

なお、標準報酬月額は事業主からの届け出(資格取得時、定時決定、随時改定など)により決まります。

by nenkin-matsuura | 2018-11-01 00:16 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第519問(在職老齢年金)

Q 在職老齢年金について、〇か×かで答えてください。 ☆☆


① 遺族厚生年金も在職老齢年金の対象となる 〇 or ×
② 70歳以降は在職老齢年金の対象外である 〇 or ×
③ 経過的加算額は在職老齢年金の対象外である 〇 or ×


d0132289_19313471.jpg


                                  A ① × ② × ③ 〇
point
① 遺族厚生年金は在職老齢年金の対象にはなりません。
② 70歳以降も厚生年金保険の適用事業所に勤務している場合(健康保険に加入している場合)は、在職老齢年金の対象となります。
③ 経過的加算額は在職老齢年金の計算の対象外です。

by nenkin-matsuura | 2018-09-06 00:30 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんnews 2018年7月号(算定基礎届の提出と標準報酬月額)


● 算定基礎届の提出と標準報酬月額


事業主は、7月1日現在で使用している全ての被保険者(70歳以上被用者を含む)への4月・5月・6月に支払った賃金について、「算定基礎届」により年金事務所等へ提出をします。同届により標準報酬月額が決定されます。

標準報酬月額は、9月から翌年の8月までの原則1年間の各月に適用され、保険料の計算や年金額等の計算の基礎となります。

また、標準報酬月額は、在職老齢年金の計算にも使用され、同月額の上下により、年金の停止額が増えたり減ったりすることがあります。

by nenkin-matsuura | 2018-07-31 00:12 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 484(在職老齢年金と配偶者加給年金額)

◇ 在職老齢年金と配偶者加給年金額


在職し厚生年金保険に加入している場合は、標準報酬月額や標準賞与額などにより、年金の一部または全額が停止となることがあります。

一定の要件を満たすと、配偶者加給年金額が加算されますが、在職中により報酬比例部分(基金代行額を含む)が全額支給停止となるときは、配偶者加給年金額も停止となってしまいます。( ✧Д✧)

例えば、
本人66歳、配偶者加給年金額の対象者ありの場合
在職老齢年金の仕組みにより報酬比例部分が全額支給停止の場合は、配偶者加給年金額も停止になります。

なお、在職中の場合でも報酬比例部分が一部でも支給されているときは、配偶者加給年金額が加算されます。

by nenkin-matsuura | 2018-01-11 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

65歳以降の支給停止調整額の推移

■ 65歳以降の支給停止調整額の推移


・平成17年度~21年度
 → 48万円

・平成22年度
 → 47万円

・平成23年度~26年度
 → 46万円

・平成27年度、28年度
 → 47万円

・平成29年度
 → 46万円

在職し厚生年金保険に加入(70歳以降は健康保険に加入)している場合は、その報酬の額によっては在職老齢年金の仕組みにより年金が停止となることがあります。

by nenkin-matsuura | 2017-11-28 00:15 | 年金 あれこれ | Trackback