タグ:国民年金 ( 26 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 439(国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ)

◇ 国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ(はがき)


国民年金の被保険者が60歳になると、「国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ」(はがき)が送られてきます。

当該ハガキには、おもての下部には国民年金の加入月数が表示されていますが、厚生年金保険や共済組合の加入月数は表示されません。(´;Д;`)

また、裏面には、年金の受け取り方や任意加入制度についての記載があります。
任意加入については、60歳から65歳までの最大60か月加入することが可能です。(480月の上限あり)

by nenkin-matsuura | 2017-03-02 04:02 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 404(死亡一時金の請求)

◇ 死亡一時金の請求(死亡者に年金の受給権がなかった場合など)


国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた月数が36月以上ある人が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けることなく亡くなったときは、生計を同じくしていた遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)は死亡一時金を受けることができます(*’A^q)

例えば、
Aさん、70歳、国民年金(第1号被保険者)を50月納付、年金は期間不足のため受給しておらず、生計を同じくする配偶者がいた場合…
その配偶者は死亡一時金を請求することが可能です

なお、上記例の場合は、死亡一時金として12万円を受けることができます

by nenkin-matsuura | 2016-06-30 01:44 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 年金額 編15

<Q1> 私…国民年金は少ししかかけていないのに…厚生年金のほうが少ない…

 <A1> はい、確かに厚生年金保険の方が長くかけられていて…老齢基礎年金のうち国民年金は1万ほどで…残りの5万は定額部分で…厚生年金保険の加入月数によって計算されています

<Q2> 54歳くらいの時に聞いていた時とだいぶ違う…

 <A2> はい…60歳まで厚生年金保険に加入されていた場合の見込み額で…55歳で退職されているため○万円ほど少なくなっています…

<Q3> 年金が下がっているような…

 <A3> はい、年金額は変わっていませんが…国民健康保険料が控除されるようになって、その分受取額が下がっているようです…

by nenkin-matsuura | 2015-02-27 00:19 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんnews 2014年7月号

 自民党は23日の拉致問題対策本部などの合同会議で、新たに拉致被害者が帰国することも想定した被害者向けの生活支援策をまとめた。
 新たに帰国した拉致被害者が65歳を超えていた場合、本来65歳から受けとれたはずの国民年金相当額を一括して支払う制度を新設することなどが柱だ。
 自民党などは、来年の通常国会に、支援策を盛り込んだ議員立法を提出する方針だが、被害者が秋頃に帰国した場合は、秋の臨時国会に提出を前倒しする。


 平成26年度の満額の老齢基礎年金は、772,800円で、ほかに厚生年金保険や共済組合の加入期間があれば老齢厚生年金や退職共済年金も支給されます

by nenkin-matsuura | 2014-07-25 00:09 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第254問

Q 以下の事例の場合における学生のカラ期間の月数について、正しいものを選んでください ? ☆☆☆
※Aさん、昭和24年10月10日生まれ、43年4月から47年3月まで大学生で国民年金には加入していなかった
① 48月
② 36月
③ 30月
d0132289_04173.jpg

                                            A ③ 30月
point 昭和36年4月から平成3年3月までの学生であった期間のうち、20歳以上60歳未満の期間をカラ期間とすることができます
Aさんの場合は、20歳となった44年10月から47年3月までの30月をカラ期間とすることができます
なお、学生であった期間は、定時制・夜間制・通信制の学部を除きます

by nenkin-matsuura | 2013-08-01 00:20 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第235問

Q 平成25年3月31日で退職するAさん、今後の年金の加入について正しいものを以下のうちから選んでください ? ☆☆ 
※Aさん、昭和27年3月28日生まれ、昭和47年3月から現在まで厚生年金保険に加入している

① 3月31日から国民年金に加入しなければならない
② 4月1日から国民年金に加入しなければならない
③ 加入する必要はない(任意加入できない) 
d0132289_021958.jpg

                      A ③ 加入する必要はない(任意加入できない)
point Aさんの場合、60歳を過ぎているので国民年金の強制加入ではなく、また、20歳~60歳までの40年間に空きもないため、国民年金の任意加入もできません
なお、60歳前で退職した場合などは、国民年金に加入する必要があります

by nenkin-matsuura | 2013-03-28 00:38 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんnews 2011年2月号 号外

 政府・民主党は、年金制度を職業に関係なく一元化することを柱とした民主党の改革案に関し、会社員の厚生年金と公務員らの共済年金の統合を先行させる方向で検討を始めた。自営業者らの国民年金も含めたすべての制度の一元化には自営業者の所得把握などの課題があり、自民、公明両党が反対している。政府・民主党には完全一元化を将来課題として棚上げすることで、自民、公明両党を税と社会保障の一体改革の与野党協議に引き込む狙いがある。民主党は09年衆院選マニフェスト(政権公約)で三つの制度を一元化する「所得比例年金」の創設を盛り込んだ。 

給付の面からだと、国民年金は定額制(天井あり)であることに対し、厚生年金保険及び共済年金は、報酬に比例する部分と定額の部分からなる 
まずは、現実的に実現可能で即効性のあるものから、制度の見直しをはかっていきたいところです

by nenkin-matsuura | 2011-02-19 13:05 | ねんきんnews | Trackback  

年金加入記録について その23

d0132289_0305122.jpg国民年金に遅れて加入した場合によくある現象

昭和36年4月1日(35年10月1日)に国民年金制度が始まり、20以上60歳未満の方は、原則、皆加入することとなりました
しかし、加入手続きが遅れた場合は、さかのぼって納めることができるのは2年間なので、2年以上前の期間はどうしても空白期間となってしまいます(特例納付期間を除く)
例えば、昭和23年8月8日生まれの人(過去に20歳以降の学生期間や厚生・共済無し)が、29歳となった52年8月に加入手続きを行うと、 資格取得日は20歳の昭和43年8月7日となりますが、さかのぼって納めることができるのは原則2年なので、それ以前の期間は空白となってしまいます 

注意すべき点は、強制加入の対象者は、手続きが遅れても、さかのぼっての加入となりますが、あくまで納付できるのは2年前までなので、空白期間が生じ、毎月納めてきたつもりでも加入当初は、時効の関係で未納期間となってしまう点です

by nenkin-matsuura | 2008-08-08 00:54 | 年金加入記録 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 30

◇ 国民年金の任意加入と平均寿命

60歳になったら、基本的に国民年金は掛けなくてもよいですが、任意加入といって最大65歳まで国民年金を掛ける制度があります(・_☆)(ちょっとお得な年金情報 被保険者編その④
任意加入をして1年間(12か月)の保険料は14,410円×12月=172,920円
増える年金額は@1,650円×12月=19,800円

掛けた保険料を何年で取り戻すかは、増える年金額で割れば答えが出ます
172,920円÷19,800円=8.7333… ≒ 8.7年
65歳から国民年金をもらいだしたとして73.7歳で、任意加入で掛けた保険料分を取り戻すこととなります

いっぽう、日本人の平均寿命は男性79.19歳、女性85.99歳となりました(^o^)ヾ(^-^ )
任意加入をするかは、悩みどころですが65歳までではなく、まず1年加入してみて、様子を見るのもよいかもしれません 付加年金(月400円)もセットで納めるとさらにお得です

by nenkin-matsuura | 2008-08-04 21:22 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識⑱

国民年金保険料の推移(一覧) 昭和62年~平成20年 編
d0132289_1292827.jpg
・昭和62年4月~ 7,400円
・昭和63年4月~ 7,700円
・平成元年4月~  8,000円
・平成2年4月~  8,400円
・平成3年4月~  9,000円
・平成4年4月~  9,700円
・平成5年4月~  10,500円
・平成6年4月~  11,100円
・平成7年4月~  11,700円
・平成8年4月~  12,300円
・平成9年4月~  12,800円
・平成10年4月~ 13,300円
・平成17年4月~ 13,580円
・平成18年4月~ 13,860円
・平成19年4月~ 14,100円
・平成20年4月~ 14,410円
高齢者再加入 昭和45年7月~昭和45年9月まで 450円
五年年金 昭和45年1月~ 49年1月まで(申出期間昭和45年1月~45年7月) 750円
再開五年年金 
  昭和48年10月~昭和49年3月まで(遡及 昭和45年6月~昭和48年10月) 900円

by nenkin-matsuura | 2008-06-14 19:49 | ねんきん豆知識 | Trackback